生徒からの質問「どの部をまずおさえればいいですか?」

Q. 会社員として働きながら、プログラミングを別の収入口にと考えている者です。現在カリキュラムを上から順番に進めているのですが、まずはこれを抑えて置くべきというコンテンツがあれば教えていただきたいです。

 

どうも、かずきちです。

答えを先に言ってしまうと【全て】になります。

そこらへんの考え方など理論は起業部で詳しく教えているので

プログラミングスキルを学んだ最後に見てもらえればと思います。

(起業部を先に見たいって人いるんですが、最初に見せてしまうと絶対に分かった気になるだけなので、そういう人は大抵脱落していきます。安易な考え方をしている人はそもそも何をやっても長続きしないので。)

結構最初の頃に勘違いしやすいのが

【収益とは1つの要因では起こらない】

ということです。

会社員でない限り、1つのものを学んだところでお金に変わることはまずもってありません。

複数のスキルが組み合わさって初めて科学反応が起こります。

(ウェブカツ内で言えばPHP・MySQL部だけとかWordPress部だけ。とか。

さっきの「起業部を先に見たい」って話のように「先ってなんだ」ってことです。

「全て学ばなければならない。」ってことです。)

大工が金槌の打ち方を習得しただけで金になるわけもありません。

カンナの掛け方を習得し、木材ごとの材質の違いを習得したりして、やっと【社員としてお給料がもらえるレベル】です。

そこから、お金の仕組み、ビジネスの仕組み、集客知識、営業知識などを学んで初めて

【会社というカゴの外のビジネスという「スポーツではなくストリートファイトな戦場」で1人で金を稼いでこれる人】

になれます。

どれも密接につながっているんです。

どれが欠けても成り立ちません。

ウェブカツ!!で教えている内容も同じです。どれが欠けても金になりません。

(月1、2万だけ稼げればいいのなら別ですが)

ユーザー登録のメールでもお伝えしているようにウェブカツ!!では効率よく学べるように順序を決めていますので、その通りに学んでいってください。

あえて分かりにくくしていたり、使い勝手を悪くしたりして稼ぐためには必ず必要になる「自力(地頭なんて言ったりもしますが)」という力をつけるために乗り越えるべき壁も作っています。

便利があなたのためになる事ではないからです。

その意図が分からなかったり、安易な考えが浅い人は勝手に脱落して行きます。

だからこそ、どんな時代でも少数の人しか稼げないわけです。

お金は「生まれている」のではなく、「回っている」だけです。

回っている以上、自分の手に回ってくるためには周りより優位差をつける必要があります。

優位差の付け方はこれまた起業部でやりますが、まずはその原理原則があることを知ってください。

あとは最後まで学べば収入を得ていくだけのベースが出来上がっていますよ。