JavaScriptの今後はどうなる?将来性や需要について考える

皆さんこんにちは。

現在Webシステム開発で広く使われているプログラム言語の1つJavaScript。実際に仕事で使っているという方も、これからプログラミングを学ぶのにJavaScriptを選ぼうと考えている方も多いのではないでしょうか。

ただ今はこれだけ必要とされているプログラミング言語だとしても、今後もこの需要が続くのか不安だと感じることもあるかもしれません。エンジニアとして今後も活躍していく上で自分の扱うプログラミング言語の将来性は気になって当然ですよね。

そこでここではJavaScriptの今後について考えていくことにしましょう。

JavaScriptは現在のシステム開発でほぼ必須のプログラミング言語

 

これからプログラミングを学ぶ方におすすめの言語として取り上げられることが多いJavaScript。実際現在のシステム開発、とりわけWebサイトの作成になくてはならない存在です。JavaScriptでできることをまとめておきましょう。

・Webサイトのフロントエンドの作成

・Webサイトのサーバーサイドの処理

・Webアプリの開発

・スマホアプリの開発

色々な場面で活用できるプログラミング言語であることがわかりますね。JavaScriptを使えるプログラマーやエンジニアの求人も多く、そもそもWebサイトを作りたいならほぼ必須となっている言語です。これからプログラミングを学ぶのにまずJavaScriptを選ぶのは理にかなっていますね。

Webサイトの作成におけるJavaScript

JavaScriptが一番使われるのがWebサイドのフロントエンド、つまりサイトを開いたときにわたし達が目にする部分の作成です。サイトに動的な変化をつけることができるプログラミング言語で、JavaScriptを使うと例えばこんなことができます。

・文字を画面に描くように表示させる

・ポップアップウィンドウを表示させる

・画面をスクロールすると注意や広告を表示する

最近は開いたときに静止画のサイトは稀で何らかのアニメーションや効果で動きのあるサイトが主流ですよね。そしてその動きはJavaScriptによってプログラミングされています。ユーザーが見やすいUI/UXデザインを構築する上でも重要な言語なんですよ。

 

さらにJavaScriptはサーバーサイドでも使われることも多くなってきています。サーバーサイドで使うJavaScripで一番有名なのがNode.jsですが、フロントエンドとサーバーサイドを同じ言語で構築できると開発の効率が上がりますね。

アプリの開発におけるJavaScript

JavaScriptはWebサイトだけでなくWebアプリやスマホアプリの開発にも利用されます。動画視聴サービスやSNSなどわたしたちは日常的にWebアプリを使っていますが、その構築にもJavaScriptが使われます。

WebアプリだけでなくスマホアプリもJavaScriptで開発できます。もともとAndroid版とiPhone版のアプリは違う言語を使って製作されていましたのですが、JavaScriptがReact Nativeというフレームワークを生み出したことで、ハイブリッドアプリという形でAndroidとiPhone両方で使えるアプリが作れるようになりました

JavaScriptの需要は今後も見込めると考えられる理由

現在非常に高い需要があるJavaScriptですが、今後は一体どうなっていくのでしょうか。もし今は使われていても今後すぐに新しい言語にとってかわられる可能性があるなら、JavaScriptのエンジニアは他のプログラミング言語を習得したりといった対策が必要になりますね。

ただ多くのエンジニアがJavaScriptは今後もしばらく高い需要を維持するだろうと予想しています。その理由をまとめました。

・Webサイトのフロントエンドの作成でJavaScriptと競合する言語がない

・沢山の種類のフレームワークがある

・多くのWebアプリに使われている

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

Webサイトのフロントエンドの作成でJavaScriptと競合する言語がない

JavaScriptはWebサイトに動的な仕掛けができるプログラミング言語と紹介しました。そして今のところJavaScriptと同じ働きをするプログラミング言語が他にありません。そのため日本だけではなく世界中でWebサイトのフロントエンド構築に使われています

 

サイトに動的な動きをつけるのはデザイン面だけではなくサイトの見やすさや使いやすさにも直結します。そして今Webサイト制作でスタンダードになりつつあるのが、そのサイトを見る人の視点に立ってサイトを作るUI/UXデザインですね。

UI/UXデザインを実現するために必用な言語でさらに他に競合する言語もないとなると、今後もWebサイト開発の現場でJavaScriptは使い続けられると予想できます。

沢山の種類のフレームワークがある

世界中のWebサイトやWebシステム開発で使われているだけあり、JavaScriptには沢山の種類のフレームワークがあります。サイトやシステム開発でフレームワークを使うメリットは沢山ありますね。

・短時間で開発できる

・コストを抑えられる

・ミスを減らすことができる

サイトを効率よく構築する枠組みが沢山揃っているということで、JavaScriptは今後も重宝されるという見方ができます。

多くのWebアプリに使われている

現在広く利用されている沢山のWebアプリにJavaScriptが使用されています。

・フォームについている“登録”や“送信”のボタン

・チャット機能

・スプレッドシート

こういった機能もJavaScriptで構築することができます。そしてJavaScriptでつくられたWebアプリが今後すぐ使われなくなるとは考えにくいです。仮にWebアプリ開発でJavaScriptに変わる言語が出てきたとしても、今JavaScriptで動いているサービスのアップデートなどでは引き続きJavaScriptが使われ続けると考えられます。

JavaScriptの今後を不安視する声もある

JavaScriptの今後をポジティブに考えるエンジニアが多いものの、100%安泰というわけではありません。中には今後を不安視する意見もあります。それはできることが多くいたる所で利用されているJavaScriptにもいくつかのマイナスポイントがあるからです。

・処理速度が遅め

・ブラウザによって違う動きになることがある

・仕様変更が多くエンジニアはそれに対応するのが大変

もし今後JavaScriptのこういったデメリットをカバーするようなプログラミング言語が登場した場合、それがJavaScriptにとってかわる可能性も出てきます。今のところそんな言語が出てくる気配はありませんが、今これだけ使われているJavaScriptであっても今後使われなくなる可能性も0ではありませんよ。

今後もJavaScriptを使うエンジニアとして活躍するために習得したいこと

JavaScriptは今後も使われるだろうと聞いて安心した方も多いかもしれません。ただ今後JavaScriptを扱うエンジニアとして一段上を目指すなら、JavaScriptに付随するスキルも一緒に磨いていきたいですね。ここではJavaScriptエンジニアの方がこれから身につけておいた方がいいスキルを紹介します。

・UI/UXデザインを意識した設計

・Node.jsでのサーバーサイド開発

・JavaScriptのフレームワーク

UI/UXデザインを意識した設計

JavaScriptを扱うプログラマーからエンジニアにステップアップするにはシステム全体を設計する力を求められます。これからはただ魅力的なサイトをデザインすればいいのではなく、UI/UXデザインや設計がより重宝されるでしょう。

UI/UXデザインを考えながらJavaScriptを設計するスキルがあると現場で活躍するチャンスが広がります。

Node.jsでのサーバーサイド開発

JavaScriptをフロントエンド開発でしか使っていないという方がいれば、JavaScriptを使ったサーバーサイドの構築方法も身につけるようにしましょう。今はまだサーバーサイドの開発はRubyやPHPが使われることの方が多いですが、今後JavaScriptの需要が上がっていくのではと考えられています。

サーバーサイドをJavaScriptで構築するにはサーバーサイド用の派生言語を学ぶ必要があります。代表格がNode.jsなのでまずはこの言語から始めるのをおすすめします。

JavaScriptのフレームワーク

JavaScriptで効率よく開発を進めるためにもフレームワークの使い方も身につけておきたいです。沢山ありますが特によく使われるものは一通り使えるようにしたいですね。

・AngularJS

・React

・Vue.js

から始めてみてください。

まとめ

いかがでしたか?今回は現在あらゆるWebシステム開発の現場で使われているJavaScriptの今後について予想しました。

今後も必要とされるプログラミング言語と考える人が多いものの、プログラミング言語の世界は激しく移り変わっていくのが常です。JavaScriptにプラスアルファした技術を学ぶのも大切になりますよ。

この記事が、JavaScriptの今後を心配するエンジニアの方やこれからJavaScriptを学ぼうかどうか迷っている方の助けになれば幸いです。