webデザイナーとエンジニアの違いとは?これから働く人へ徹底解説!

こんにちは!最近セルフジェルネイルを趣味で楽しんでいるchieitoです。

さて本題に入りますが、web業界の職業でよく耳にする「webデザイナー」と「エンジニア」、それぞれどんな仕事をしているかご存知ですか?

いざ説明したり違いは何かと問われると、はっきりと答えられないという人も多いのではないでしょうか。またこれからweb業界で働きたいと思っている人は、それぞれの職種の違いをしっかりと理解しておくことが基本です。

ここでは「webデザイナー」と「エンジニア」の違いを、未経験の方でもわかりやすく解説していきます!ぜひ参考にしてみてくださいね。

サイトを作る仕事、Webデザイナーとエンジニア!

どちらもWebサイトやアプリを制作する仕事ですが、行っている作業内容は違います。まずは、それぞれの仕事内容を理解しましょう!具体的にどのような仕事をしているのか、詳しく説明します。

 Webデザイナーとは?

Webデザイナーとは、サイトのレイアウトや構成など「見える部分」を作る人のことを言います。

  • バナーやロゴ、アイコンの作成
  • サイト全体のレイアウトや構成
  • コーディング

このような仕事がメインです。

しかし、webデザイナーは上記の仕事だけを行うという決まりや明確な仕事範囲が決まっている訳ではありません。中にはデザインからプログラミングまで行うWebデザイナーや、デザインだけを担当するデザイナーコーディングをするコーダーに分かれて作業を行っている企業など様々です。

どの場合でも、基本的には以下のような流れでサイトを作成します。

  1. クライアントとの打ち合わせで要望などをヒアリングし、大まかなレイアウトや全体的なイメージを決定する。
  2. それぞれのページにどのような内容を入れるのか、構成を作る。
  3. 2の構成を基に、IllustratorやPhotoshopなどを使用してデザインを作成する。
  4. HTMLやCSS、JavaScriptなどでコーディングを行う。

このようにして、webデザイナーはサイトの見える部分を作っていくのです。

 エンジニアとは?

エンジニアとは、アプリやサイトなどの開発をする人のことを言います。Webデザイナーが「見える部分」を作成するのに対して、エンジニアはプログラミングなど「見えない部分」を作成します。

Web業界でのエンジニアには、

  • コンピューターシステムの設計・開発・テストなど、提案から完成までの全てを担当する「システムエンジニア」
  • システムエンジニアが作成した設計書を基に、プログラミングを行う「プログラマー」
  • ネットワークに関する設計や運用などを専門的に行う「ネットワークエンジニア」

など、エンジニアといっても様々な種類があります。また具体的な仕事内容としては、

  1. クライアントにヒアリングし、要望に沿ってサービスの基本的な部分を設計する。
  2. 1を基に設計書を作成する。
  3. プログラミングを行い、システムを作っていく。
  4. 出来上がったシステムをテストし、完成したらクライアントに納品する。
  5. クライアントからの要望や修正などがあれば、問題の分析・修正などを行い解決させる。

エンジニアもWebデザイナー同様、はっきりとした仕事範囲や決まりはありません。開発やプログラミングなど作業内容を数名のエンジニアで細かく分けていたり、一連の作業全てを一人のエンジニアが行ったりと働き方は様々です。

Webデザイナーとエンジニア、必要なスキルはコレ!

webデザイナーやエンジニアとして働くには、それぞれの専門的な知識が必要不可欠です。ここでは、それぞれの仕事に必須のスキルをご紹介します。

 Webデザイナーの場合

Webデザイナーとして仕事をするにあたって、取得しておかなければならない資格はありません。しかし、基本的な知識や技術の取得は必須です。

・HTML・CSS・JavaScriptなどのプログラミング言語
・Illustrator・Photoshopなど、デザインソフトの知識
・基本的なデザインや構成の知識

これらの知識や技術を持っていなければ、Webデザイナーとして仕事をすることはできません。実践を取り入れた学習をして、webデザインの知識を自分のものにしましょう!

最近はWebデザインや色彩、デザインソフトの検定試験などもたくさんあります。技術を身につける一貫、クライアントからの信頼度を高めるために、このような検定試験に挑戦してみるのもおすすめです。

 エンジニアの場合

エンジニアもWebデザイナーと同様に、取得しなければならない資格がある訳ではなく、知識や技術を持っていればエンジニアになることができます。

具体的には、

・プログラミング言語(PHPやRubyなど数種類の言語を使えると望ましい)
・ITの全般的な知識(ネットワークやITシステムなど)
・マネジメントスキルやマーケティングスキル

このような知識が求められます。

近年は益々インターネットが発展しているので、Webエンジニアの需要は高まっています。多くの知識を持ち、計画的かつ質の高いWeb開発ができるエンジニアが求められていくでしょう。

Webデザイナーとエンジニア、どっちを選ぶ?

これからWeb業界で働きたい!プログラミングの仕事をしたいけど、デザイナーとエンジニアのどちらを目指すべきかわからない…などなど、悩みや疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、Webデザイナーとエンジニア、それぞれに向いてる人や注意ポイントなどを説明します。

 Webデザイナーに向いている人

前述したように、Webデザイナーは「見える部分」を作る仕事です。

・イラストや写真編集などが好き、得意
・レイアウトに自信がある
・細かい作業が好き、集中して取り組める
・普段から世界のWebサイトやイラストなどを見たり興味がある

このような人はWebデザイナーにぴったりです。常に新しいデザインを作り上げていくには、日頃からデザインの勉強をしたり探求することが求められるでしょう。

またWebデザイナーはエンジニアに比べると、平均年収が約50万から100万円ほど低くなります。しかし、エンジニアよりも残業時間が少なかったり年間の休日が多かったりとメリットもあるのです。どのように働きたいのかを明確にし、自分に合った職場を見つけてくださいね!

 エンジニアに向いている人

エンジニアは新しいものをゼロから作り上げたり、トラブルなどの問題解決をする仕事です。

・とことん探求し、問題の原因を突き止めて解決することができる
・スピーディかつ丁寧な作業を行える
・細かい作業が好き、得意
・コミュニケーション能力が高い

Webデザイナーもエンジニアも、どちらも細かい作業が好きという点は同じですね。

またエンジニアは、新しい技術などに敏感でいなければなりません。「1年前の開発技術はもう古い!」なんてことも珍しくはないのです。常に勉強や探求を続け、日々新しい知識を身につけてWeb開発をすることが求められます。

サイトやアプリなどのシステムを設計・開発するエンジニアは、Webデザイナーに比べると難易度が高く作業量も多い仕事です。なんとなくで出来る仕事ではありませんが、その分エンジニアは平均年収も高く、フリーランスでは1000万円以上稼いでいる人も少なくはありません。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。サイトを作成するには、Webデザイナーとエンジニアのどちらも必要不可欠な存在です。エンジニアがWebサイトの設計開発をし、Webデザイナーがサイトのデザインを行います。お互いの仕事を理解して良好な関係でいることが、質の高いサイトを作成するには欠かせません。

お互いの仕事に関する知識を持っていれば、円滑な作業が出来るだけでなく「Webデザイナーからエンジニア」「エンジニアからWebデザイナー」に転職することも可能です。

どちらも専門的な知識が必要で、しっかりと勉強しなければなりません。Webデザイナーとエンジニア、それぞれの仕事内容や収入、どんな人に向いているのかなどを十分に理解した上で、どちらを目指すか選んでみてください!参考になれば幸いです!