フロントエンドエンジニアとは?プログラミング未経験でも目指す方法

フロントエンドやバックエンドという言葉はWeb制作の現場でよく使われる言葉です。エンジニア職の求人にも度々「フロントエンドエンジニア」や「バックエンドエンジニア」という職種が登場しますが、プログラミング初心者にとってはあまり馴染みのない言葉なのではないでしょうか?フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアは言葉では似ていますが、仕事内容や求められるスキルは全く異なります。この記事では、フロントエンドエンジニアについて詳しく説明していきます。

【この記事を読んで得られること】

  • フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いが分かる
  • フロントエンドエンジニアの平均年収や将来性が分かる
  • フロントエンド言語の勉強方法が分かる

フロントエンドとは

フロントエンドとは、WebサービスやWebアプリケーションなどの、直接ユーザーの目に触れる部分のことを指します。例えば、サイト上のボタンをクリックするなどの見た目を司る部分のことです。フロントエンドの開発で用いられる主なプログラミング言語は、HTMLやCSS、JavaScriptなどがあります。

バックエンドとは

バックエンドとは、データの処理や保存を行う役割を持つ、直接ユーザーの目に触れない部分を指します。例えば、ユーザーが入力したデータの処理や保存、検索結果の出力などを行います。バックエンドの開発で用いられる主なプログラミング言語は、PHP 、Java、Python、Rubyなどがあります。

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、HTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンド言語を使用して、フロントエンドの開発を担当するエンジニアです。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアはWebデザイナーのデザインを元に、HTML、CSS、JavaScriptを駆使してWebサイトを設計・構築していくのが主な仕事内容です。デザイン通りに適切にWebサイトの制作を行うHTMLとCSSのコーディングスキルはもちろん、JavaScriptを一から記述し、動きのあるWebサイトを作るスキルが必要とされています。

 また、これまではPCからWebサイトにアクセスするユーザーが大半でしたが、近年ではスマートフォンなどからアクセスするユーザーが大半を占めるようになりました。このような背景から、フロントエンドエンジニアはWeb制作する際に、スマートフォンからアクセスするユーザーが理解しやすいようなUI設計のスキル(ユーザーがWebサイトやアプリを快適利用できるような設計)が求められるようになりました。

フロントエンドエンジニアの年収

フロントエンドエンジニアの年収相場は500万円程度です。ただし、年齢やスキルによって年収は大きく異なります。中には1000万円の年収を提示する企業も存在するなど、本人の才能や努力次第で年収を上げることは可能と言えるでしょう。

フロントエンドエンジニアが年収を上げるには

フロントエンドエンジニアが年収を上げるにはスキルアップが重要です。最新のスキルを持つ人材は、多くの企業で価値の高い人材として扱われます。ただフロントエンドのプログラミング言語を扱えるだけではなく、さらに知識を深め、複雑なライブラリやフレームワークを使いこなせるようになるなど、周りのエンジニアとの差別化をうまく図ることができれば、市場価値を高めることができます。

また、企画や設計に携わった経験など、上流工程の案件をこなせるようになり、より好条件の企業に転職をすることができれば、フロントエンドエンジニアとして年収を確実に挙げることができるでしょう。

フロントエンドエンジニアの将来性・今後の需要について

フロントエンドエンジニアの将来性は明るいと言えます。その理由は以下の2点です。

  • 最も使用率の高いプログラミング言語がJavaScript
  • WebサイトやWebアプリの需要が今後も続く

この2点について詳しく説明します。

最も使用率の高いプログラミング言語がJavaScript

Web制作において、ほとんどのWebサイトで使われているJavaScriptは、プログラミング言語の中で最も使われている言語です。JavaScriptは主にフロントエンド開発でよく使われる言語ですので、使用率が高いというとは、Javascriptを扱うフロントエンドエンジニアの需要も高いことを表しています。

WebサイトやWebアプリの需要が今後も続く

WebサイトやWebアプリの数は現在も増え続いています。新たにWebサービスを開発する際にはもちろん、古くなったWebサイトやWebアプリのデザインを変更する際にもフロントエンドエンジニアの需要が発生します。AIによりコーディングが自動的にされるようにならない限りは、フロントエンドエンジニアの仕事は無くならないでしょう。

プログラミング未経験からフロントエンドエンジニアを目指すには

フロントエンドエンジニアの将来性が明るいことが分かり、プログラミング未経験者でもフロントエンドエンジニアを目指したいと思った方も多いのではないでしょうか?ここでは、未経験からでもフロントエンドエンジニアを目指す方法を紹介します。

フロントエンドエンジニアに向いている人とは

Web業界はトレンドの移り変わりが早い業界です。そのため、常日頃から新しい技術を身につける勤勉さや好奇心が強い人は、フロントエンドエンジニアに向いている言えるでしょう。また、チーム単位で作業をる機会が多いため、コミュニケーション能力は必須となります。

未経験からフロントエンドエンジニアを目指すには

実務未経験者でもフロントエンドエンジニアを目指すことは可能です。なぜなら、最近ではWebアプリケーションの普及により、フロントエンドエンジニアの人材の需要が増していいるからです。そのため、Web業界の企業の中には多くのエンジニアを確保するため、会社に研修制度をもけ、未経験者から採用する企業も存在するのです。しかし、HTMLやCSS、JavaScriptなどのスキルは最低限持っている必要があります。これらのスキルは独学でも習得することができますが、近年ではWebアプリケーション開発に特化したプログラミングスクールもあるため、挫折を防ぐためにもスクールの活用が有効でしょう。

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアには柔軟なキャリアパスがあり、そのままエンジニアとしての専門性を高める以外にもいくつか存在します。デザイン性を突き詰めたければ、Webデザイナーとして活躍することができます。プロジェクトの計画立案や顧客折衝、チームのマネジメントなど、Web開発に対する幅広い知識を生かしたプロジェクト全体の進行管理を行いたい場合はWebディレクターというキャリアパスもあります。このように、個人の能力や才能を生かした柔軟なキャリアパスを選べるのもフロントエンドエンジニアの魅力です。

まとめ

今回は、フロントエンドエンジニアについて説明をしてきました。プログラミング未経験からフロントエンドエンジニアを目指すには、HTMLやCSS、JavaScriptなど、求められるスキルが多いので大変ですが、フロントエンドエンジニアは、本人のスキルレベル次第では大きな報酬を狙える仕事です。さらに、能力や才能に応じて柔軟なキャリアチェンジもできます。そんな魅力的な職業と言えるフロントエンドエンジニアをぜひ目指してみませんか?