Webデザイナーとはどんな仕事?【収入とこれからの将来性について】

「Webデザイナーって、具体的にどのような仕事内容だろう…」
「Webデザイナーに興味があるけど、求められるスキルについて知りたい」
「Webデザイナーのこれからの将来性について知りたい」

今回はWebデザイナーという仕事に興味がある方に向けて、「仕事内容」や「これらの将来性」などについて解説をしていこうと思います。

未経験からでも十分挑戦できる仕事なので、Webデザイナーについての理解を深めていきましょう!

Webデザイナーの仕事内容とは?

  • バナーデザイン
  • Webサイトのデザイン
  • Webサイトの構築/コーディング

上記の通り、Webデザイナーの働き方は主に3つあります。

当然ながら全ての業務ができると仕事が回ってきやすいのですが、必ず全ての業務ができないといけないわけではありません。

一つ共通して求められることがあり、デザインを行う際に最終的な調整はミリ単位で行われるため、かなりの集中力が求められることは間違いありません。

まずは先程の3つの仕事内容について、実際にどのような仕事内容なのか解説をしていきます。

バナーデザイン

バナーとは、Webサイトの広告などに使用される画像のことです。
インターネット広告が進展していく中で、様々なバナー広告が出されるようになりました。

今でこそさまざまなサイズのバナー広告がありますが、もともとは横長の小さな広告が一般的なのもでした。

日頃からよく目にするWebページに、バナー広告によって効率的に商品やサービスの宣伝ができるようになりました。そしてこれからも、ますますバナー広告を目にする機会が多くなるのではないかと予想できます。

Webサイトのデザイン

Webサイトはデザイナーなくしては作成することができない、と言っても過言ではないでしょう。

クライアントの要望や自社のディレクターなどからの要望を汲み取り、サイトの効果的な構成やデザインを行なっていきます。

ホームページなどの大掛かりのデザインを行うこともあれば、LPなどの比較的デザインしやすいものを制作する場合もあります。またWebサイトのロゴ作成を行う場合もあるでしょう。

特にLPは、デザインによって商品の売り上げに直結するものです。しっかりとバランスの良いデザインを行うことで、ユーザーにとって印象に残る制作物を作ることができます。

Webサイトの構築/コーディング

Webデザイナーが実際にWebサイトの制作を行う場合もあります。これは「HTML」や「CSS」のように、多少のプログラミング知識が必要になるため難易度が高めです。

Webサイトを作成するにあたりHTMLでサイトの枠組みを作り、CSSでレイアウトの変更を行い、JavaScript(jQuery)でサイトに動きをつけるという工程が必要になります。

したがってWebデザイナーがここまでの業務をすることはあまりないですが、状況によっては担当しないといけない場合もあるかと思います。

デザイン力も大切なのですが、プログラミングに関する知識も多少持ち合わせておいた方が付加価値のあるWebデザイナーになれると言えるでしょう。

Webデザイナーの働き方について

  • 社内デザイナー
  • 制作会社
  • 副業/フリーランス

Webデザイナーの働き方は主に3通りあるのですが比較的自由度が高く、在宅での仕事もしやすいことが特徴です。またフリーランスとしても独立しやすいため、興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

社内デザイナー

IT系の企業に限らず、大手のところは社内でWebデザイナーを採用している企業もあります。そのような企業は「エンジニア」「デザイナー」「営業マン」などさまざまな仕事内容の人材が集まっているため、正社員として安定的に収入を得られるケースが多いでしょう。

大手企業ではキャリアアップとして、ディレクター側へと移ることも可能です。堅実にステップアップしていきたい方は目指してみると良いでしょう。

制作会社

制作会社は主に2次請けで、クライアントからの要望通り制作物を納品する場合が多いです。場合にもよるのですがWebデザイナーにもサイト制作など幅広い業務が回って来やすいため、比較的忙しいことが特徴です。

しかしさまざまな業務に携わることができるため成長スピードが早く、自身のスキルの幅を広げやすいことがメリットです。この場合フリーランスとして独立しやすいため、多少辛くても急成長したい方にはおすすめと言えるでしょう。

副業/フリーランス

副業やフリーランスとして仕事を進めていきやすいことも特徴です。特に主婦(主夫)の方など家事や育児などで忙しい方でも、プライベートと仕事を両立させやすいことがメリットと言えます。

自身のペースで仕事を進めやすいため、組織に所属せずに仕事を進めていきたい方、そして休日を活用して仕事をしていきたい方にとって働きやすいお仕事です。

Webデザイナーになるために必要な知識・スキル

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Adobe XD
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

これらのスキルを習得することができると、Webデザイナーとして幅広く活躍することができます。Webデザインをする際は「Illustrator」や「Photoshop」といった、デザインツールを欠かすことができません。

ツールを活用できることはもちろんですが、相性のいい配色など基本的なデザインスキルも身につけておくべきです。

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーについての知識が深まったところで、気になるのは収入面や今後の将来性についてではないでしょうか?

平均年収や今後の将来性について、Webデザイナーとして活躍するためにはどのようなプラスαのスキルが必要か、という面でも解説をしていきたいと思います。

Webデザイナーの収入面について

求人ボックスによると、平均年収は約432万円といったところです。社内デザイナーとして活躍することができれば、当然ですがこの年収を上げていくことも可能と言えます。

逆に駆け出しWebデザイナーであったりフリーランス初期の段階では、あまり高い収入が見込めるとは言えません。

本人の頑張り次第や働き方にもよりますが、先程の平均年収よりも大幅に収入を上げることも可能なお仕事であることは間違いありません。

今後の将来性

インターネット産業が進む中、Webサイトやバナー制作の需要は高まるといって良いでしょう。したがって、Webデザイナーの将来性は高いと言えるのではないでしょうか。

しかし基本的なWebデザインスキルだけでは、他のWebデザイナーとの差を縮めることは難しいでしょう。プラスαで下記のスキルも身につけておくと、より需要のある人材へと成長できると言えます。

  • SEO対策
  • アクセス解析

Webデザイナーはサイト制作に関わるお仕事なので、サイトの検索順位を上げる「SEO対策」やサイトの「アクセス解析」の知識を持っていると重宝されます。

幅広く活躍するためにも、ぜひ身につけおくべき知識と言えます。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、

Webデザイナーとはどんな仕事?

という内容についてご紹介しました。これでWebデザイナーについての知識や求められるスキルについて理解できたかと思います。

Webデザイナーはこれからの将来性のある働き方なので、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。