フリーランスのやるべきこととは?活動前と活動後で詳しく解説!

「フリーランスになる際にやるべきことは?」
「いざフリーランスになっても、どんなことをすればいいのかわからない」

近年では「フリーランス」という働き方が話題になり、挑戦してみようと考える方も多いのではないでしょうか?

しかし実際に挑戦する際、会社を辞めてからどのような手順を踏んでいけばいいのかわからない方も多いと思います。実はフリーランスになること自体は、とても簡単です。

今回の記事で「フリーランスのやるべきこと」についてご紹介していきますので、やるべきことなどをしっかりと確認しておきましょう。

フリーランスになるための準備は必要?

フリーランスになるための準備は必要?

基本的に、フリーランスとして活動するために必要な準備などはありません。「フリーランスとして活動しています」といえばフリーランスなので、活動自体に必要な準備はいらないのです。

しかしフリーランスとして独立する以上は税金面や仕事の獲得など、会社員時代と比べてわからない点もあるかと思います。

仕事内容によっては手続きを踏まないと営業できないものもあるため、自分にとって最低限何が必要なのか、独立前に事前に調べておくことは大切です。例えばお店を開く際は、きちんと許可をもらわないといけなかったりします。

フリーランスの定義とは

フリーランスとは、特定の企業や組織に所属せずに、自身のスキルを提供して仕事を行う人のことを指します。案件ごとに契約を交わして、納期に沿って仕事を進めていくという働き方です。

会社に所属しないということで、働き方は比較的に自由度が高いと言えるでしょう。

しかし契約内容によっては、機密情報を取り扱ったりする場合もあるため、情報漏洩や契約違反には十分に注意しなければいけません。

フリーランスは確定申告をしなければいけないため、多くの場合は個人事業主と呼ぶケースが多いです。

しかし節税上の理由で法人を設立し一人で仕事をしている方もいます。このような場合もフリーランスに含める場合もあるため、定義は広いと言えるでしょう。

個人事業主の定義とは

個人事業主は開業届を税務署に提出して、企業に雇われることなく個人で事業を営む方のことを指します。しかし会社との契約次第では実際に会社に勤務して仕事をするケースもあるため、必ずしも個人事業主=フリーランスとは言えないでしょう。

法人との取引で、個人事業主との契約はできないというケースもあるかと思います。この場合は一人で法人を設立しているフリーランスであれば、交渉次第で契約は可能でしょう。

しかし個人事業主であれば法人ではないため、契約できない場合があります。

個人事業主の事業の幅は広いため、必ずしも個人事業主として活動する人全てがフリーランスである、とは言えないことを理解しておきましょう。

独立前にやること 4選

独立前にやること 4選

  • 貯金を貯めておく
  • クレジットカードを作っておく
  • 必要であれば引っ越しを済ませる
  • ローン・借入

フリーランスとして独立を考える場合、最低限この4つの内容はやっておきたいと言えます。フリーランスとして独立をすれば、会社員の頃と比べて社会的信用度が下がってしまい、できることの幅も狭くなってしまします。

今回ご紹介する4つのやっておくべきことについて、それぞれ詳しく解説してみますね。

貯金を貯めておく

フリーランスとして独立をしたものの、仕事がなければ収入はありません。収入が安定するまでは、やはりある程度の貯金があった方が安心でしょう。

家賃はもちろん食費や通信費など、生活には何かとお金がかかってしまいます。必ずしも生活費以上のお金を始めのうちから稼げるとは限らないため、目安として1年間分の生活費が溜まっていれば安心できるのではないでしょうか。

独立後、生活費を工面できずにアルバイト漬けになったり、会社員に戻るパターンはよくある話です。そうならないためにも、フリーランスの収入が安定するまでは貯金があることが望ましいです。

クレジットカードを作っておく

一枚もクレジットカードを持っていないのであれば、フリーランスとして独立する前に作っておきましょう。なぜならば、フリーランスになるとクレジットカードが作りづらくなるからです。

プライベート用で既に一枚持っている方は、必要に応じてフリーランス活動に必要な経費の支払い用に、もう一枚作っておくのがおすすめです。

フリーランスも確定申告をする際に、仕事で必要な支払いを経費として支払うことができます。クレジットカードを使えば決済の履歴も確認しやすく、会計ソフトなどと連携させることで確定申告が楽になるでしょう。

クレジットカードは信用がないと作れないため、会社員時代に作っておくべきです。

必要であれば引っ越しを済ませる

クレジットカードと同様に、不動産の契約も会社員時代に済ませておきましょう。

仕事の都合によっては、現在の住居では不便になることもあると思います。いざ引っ越しをしようと思っても、フリーランスだと安定した収入が見込めないため、契約できない場合が多いです。

家を購入したり、または借りたりするためにも、不動産契約は会社員時代に済ませておきましょう。

仕事内容によっては自宅で仕事できる場合も多いですね。その際はあえて引っ越しをする必要はないかと思います。場合によって、引っ越しが必要かどうか考えましょう。

ローン・借入

新しく事業を始める際は、何かと資金が必要になります。フリーランスであっても、例外ではありません。

例えばパソコンなどを購入したり、商品の仕入れなどが必要な場合もあるでしょう。その際の運転資金としても、ローンや借入が必要な場面が出てくるかと思います。

もし独立前にある程度の必要な運転資金が把握できているのであれば、会社員時代にローンや借入を済ませておくべきです。特に銀行からお金を借りる場合は、フリーランスだど審査がより厳しくなってしまいます。

独立後にやること 4選

独立後にやること 4選

独立度にやるべきことは、主に税金関係や保険関係の手続きです。必要な項目を表にまとめたので、参考にしてみてください。

手続き 場所 期限 持ち物
厚生年金から国民年金への切り替え 市区町村役場 退職した日から
14日以内
退職の日付が分かるもの、印鑑、免許証などの身分証明書
会社の健康保険から国民健康保健への切り替え 市区町村役場 退職した日から
14日以内
健康保険資格喪失書、印鑑、免許証などの身分証明書
開業届及び、白色もしくは青色申告の提出 税務署 開業届:1カ月以内
申告書:2カ月以内
 印鑑、免許証などの身分証明書
会計ソフトの導入や事業用口座の開設 オンライン・銀行 早めが好ましい 連絡先、印鑑、免許証などの身分証明書

税金関係や保険の切り替えは、早めに行いましょう。また、仕事用とプライベート用の銀行口座を分けておくことも大切です。

何かとやるべき手続きはありますが、一つひとつ片付けていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、「フリーランスのやるべきこと」についてご紹介しました。実際にやるべきことは理解できたでしょうか?

フリーランスとして独立するにも、税金関係や保険関係の手続きは必須です。ここは面倒くさがらずに、不明点があれば役所の人たちに聞きながら進めていきましょう。

フリーランスは初めのうちは収入が安定しないかもしれないですが、会社員と比べて節税のメリットがあります。必要な準備を理解できたら、フリーランスとして独立してみることをおすすめします。

行動次第で仕事の幅も広がるため、適切なスキルを身につけて独立を目指してみましょう!