プログラミングを学ぶメリットとは?効率よく学習する方法は?

プログラミングを学ぶことには、多くのメリットがあります。スキルを身につけたいけど、敷居が高そうだから尻込みしている人は、この機会にプログラミング学習を始めてみましょう。

今回の記事では、プログラミングを学ぶメリット・デメリットについて紹介し、効率の良い学習方法についても解説しています。ぜひ、ご覧ください。

プログラミングを学ぶメリットとは?

プログラミングを学ぶメリットは数多くありますが、主なメリットは次の通りです。

  • 需要が多いため就職しやすい
  • スキルが身につく
  • 高収入を期待できる
  • フリーランスという働き方を選択できる
  • 自動化で業務を効率化できる
  • 論理的に考えることができる

主に仕事や収入が安定するメリットがあると言えますね。
それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

需要が多いため就職しやすい

IT業界は人材不足の業界です。需要が多いため、スキルさえあれば就職はしやすいと言えます。

また、小学校では2020年度、中学校では2021年度からプログラミング教育が必修化されました。これは、今後のIT人材を育成することが目的です。つまり、国が動くほどIT業界の人材不足は深刻であるともいえます。

今後もプログラマーの需要はますます高まっていくでしょう。

スキルが身につく

現代社会において、プログラミングは立派なスキルの1つです。プログラミングスキルは、世界中で共通しているので、会社が変わっても1からスキルを磨く必要はありません。

さらに、IT企業の求人は、即戦力を求めています。採用面接では、志望動機や人格などのパーソナルな部分よりも、過去の業務経験や保有スキルといった実績が重要視される傾向にあります。

つまり、プログラマーは、経験を積めば積むほど価値が上がっていく職業です。もはやプログラマーも職人に含まれるといって良いでしょう。

高収入を期待できる

IT業界といえば、低賃金・長時間労働のブラック企業のイメージがあるかもしれませんが、実際はそんなことありません。

全職種の平均年収が約410万円に対し、エンジニアの平均年収は約540万円です。全体平均に比べ、約130万円も高い年収を得られるエンジニアは、高給取りといって良いでしょう。

もちろん、企業や職種によって収入はさまざまです。しかし、一定以上のスキルが必要で人材不足のIT業界ならば、高収入を期待できるのは間違いないでしょう。

フリーランスという働き方を選択できる

プログラマーは、スキルさえ身に付けばフリーランスという働き方も選択できる職業です。

一般的な会社員であれば、企業によって必要なスキルは異なります。転職すると、これまでの経験が水の泡になることもあります。しかし、プログラミングスキルは世界共通のスキルです。過去の経験が無駄になることはありません。

また、最近ではクラウドソーシングサービスなどを利用すれば、比較的簡単に仕事を受注することができます。企業エンジニアよりもフリーランスエンジニアの方が平均年収は高いので、企業で経験を積んでフリーランスとして独立することも珍しくはありません。

本当になれるの?フリーランスITエンジニアで活躍する先輩が教える秘訣!

自動化で業務を効率化できる

プログラミングを学ぶことで、これまでルーティンで行っていた業務を自動化できるようになります。毎日行っている入力作業を自動化することができれば、業務の効率化に繋がります。

スキルが身に付くと、無駄な作業は効率化したくなるのがプログラマーです。特に事務作業を手入力で行っている場合、自動化することで大幅な改善に期待できます。機械入力にすることで、ミスを減らす効果もあります。

論理的に考えることができる

プログラミングを学ぶと、物事を論理的に考える思考が身に付きます。目的を達成するために、どのような流れで解決まで導くのかを判断できるようになります。

これは、プログラミングを学ぶことで自然と身につく考え方です。そして、この力は社会人にとっても必要なスキルです。

プログラミングを学ぶデメリットとは?

プログラミングを学ぶメリットは理解してもらえたと思いますが、デメリットはあるのでしょうか?
主なデメリットは次の通りです。

  • スキルが身につくまで時間と経験が必要
  • 初期費用がかかる
  • 挫折してしまう可能性がある
  • 技術革新が早い

簡単には習得できないことが、プログラミングを学ぶデメリットだと言えますね。
それでは、詳しく見ていきましょう。

スキルが身につくまで時間と経験が必要

プログラミングスキルは、簡単に習得できるものではありません。身につくまでには、ある程度の時間と経験が必要です。

プログラミングスキルを身につけるための代表的な方法は、プログラミングスクールを利用することです。スクールによって期間はさまざまですが、短い所でも1~3ヵ月の学習期間は必要です。

また、プログラミングスクールで学ぶことができるのは、ほとんどがIT転職のための基本スキルのみなので、転職後に業務経験を積むことで、初めて自身のスキルにすることができます。

初期費用がかかる

プログラミングを学ぶには、初期費用が必要になります。本で独学すれば安くすむかもしれませんが、本1冊でスキルを身につけるのは難しいでしょう。プログラミングスクールに通うのが一般的ですが、受講料がかかります。受講料は、安いスクールでも20~30万円必要で、高いスクールでは100万円以上必要です。

他にも、学習するためのパソコン類の準備も必要ですし、開発環境を整えるのであれば、ツールの購入が必要な場合もあります。

挫折してしまう可能性がある

プログラミングには、ある程度の「慣れ」が必要です。何の知識もない人が、初めてソースコードを見たときには、英数字と記号の羅列にしか見えないでしょう。そのため、プログラミングの学習を始めても、すぐに挫折してしまう人が多くいます。

また、プログラミング言語によって難易度は違います。初心者の人は、簡単な言語から学び始めると挫折することなく、プログラミングスキルを身につけることができるでしょう。

技術革新が早い

IT業界は、技術革新の早い業界です。今トレンドの技術でも数年後には、過去の技術になっているかもしれません。

例えば、Apple製品用の開発言語として需要の高まっていたプログラミング言語「Objective-C」は、2014年にApple社がApple製品用の開発言語として「Swift」を発表したことにより、衰退の一途をたどっています。

また、「Python」は以前から存在したプログラミング言語です。しかし、最近の人工知能開発ブームに伴って、データ解析の得意な「Python」の需要が急速に高まりました。

エンジニアは、技術革新に取り残されないように、最新技術にアンテナを張る必要があります。最悪の場合、自分の所属する企業ごと取り残されて、路頭に迷うことになるかもしれません。

効率よくプログラミングを学ぶ方法

効率良くプログラミングを学ぶには、プログラミングスクールの利用がおすすめです。

本で学ぶ人も多いですが、本を読んだだけでスキルが身につくほど甘い世界ではありませんし、相談できる相手がいないため挫折する人も多いです。最終的にスキルが身につかないのであれば、書籍代も時間も無駄になってしまいます。

プログラミングスクールは受講料こそ必要ですが、IT転職に必要なスキルを身につけることができます。IT業界は、他業種に比べて高収入な業界です。受講料は、先行投資だと思うと良いでしょう。

また、プログラミングスクールでは、分からないところがあれば、現役のエンジニアや専門家に聞くことができます。気軽に質問できる環境が整っているからこそ、挫折せずに最後までやり遂げることができます。

なお、スクールと言っても通う必要はなく、多くのスクールがオンライン受講に対応しています。スクールによってカリキュラムに違いもあるので、自分の希望に合ったスクール選びが重要です。

【初心者の方へ】プログラミングスクールをすすめる理由

まとめ

プログラミングを学ぶことは、仕事の面で多くのメリットがありますが、簡単にスキルを習得できないというデメリットもあります。

プログラミングスキルを習得するには、時間も経験も費用も掛かります。しかし、スキルさえ身につけば、生活に困るという状況にはなりづらいでしょう。

プログラミング学習は挫折する人も多いので、プログラミングスクールを利用するのがおすすめです。受講料は必要ですが、高収入を得るための先行投資と割り切りましょう。

プログラミングを学習する目的【言語別でできること】