【入門】【初心者】URLやポート番号ってなに?

ポート番号

URLのドメイン部分の後ろには「ポート番号」と呼ばれるものが付きます。

http://localhost:8888/sample/index.php
            ———–
    |_ドメイン部
http://localhost:8888/sample/index.php
                           ——
        |_ポート番号

ポート番号はドメイン部分の後ろに「:(コロン)」で区切り、そのあとに数字で指定します。

ブラウザソフトがWEBサーバー(MAMPを使っている場合、WEBサーバーはApacheと呼ばれる無料製品のサーバーになります)へアクセスしにいく際には、必ずポート番号を指定する必要があります。

ポート番号は、「船着場(ポート)」の意味からきていて、積荷(通信)の種類によって、船着場(ポート)を決めておくことで、変な積荷(通信)が届かないように制御をしています。

ウェルノウンポート

ただし、「https://webukatu.com 」のように大抵のURLに番号はついておりません。

それは、HTTP通信(ブラウザでHPを見る時に使う通信方法)の場合は80番、FTP通信(サーバーへファイルをアップロードする際に使う通信方法)の場合は21番というように世界的にデフォルトのポートが通信方法によって決まっています。

この通信方法によって決まっているポート番号のことを「ウェルノウンポート」といいます。

なので、いちいちポート番号を指定する必要がないんです。

逆に自分のサイトを一般の人からは見られたくないのであれば、このポート番号をウェルノウンポート以外の番号に変更することで、その番号を知らない人以外からは見られないようにする。ということもできるようになります。

MAMPでのポート番号の指定の仕方

MAMPの「Preferences」を開いて、Portのタブを選択すると「Apache Port」が出てきます。
そこに出ている数字が「ポート番号」です。

ポート番号を変更したい場合は、ここで変更 できます。

windowsの場合は、デフォルトが80番、Macは8888番になっています。

(ポートに関して詳しくはネットワーク・サーバー部でも解説しています。)

Windowsでlocalhostへアクセスする場合

windowsでローカルホストへアクセスする場合、

http://localhost:8888/sample/index.phpなどとなっているURLを

http://localhost:80/sample/index.php

とポート番号を変えてアクセスするようにしましょう。