プログラミングで稼ぐ方法!学生や未経験でも今から稼ぐコツ

プログラミングに興味はあるけど、

・プログラミングって本当に稼げるの?
・どうやって学べば稼げるようになるの?

と気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこでその疑問を解決するために

・プログラミングで稼ぐ方法
・プログラミングで稼ぐためにおすすめの言語
・プログラミングで稼ぐまでの勉強法

の3つをご紹介します。

プログラミングで本当に稼げるのか気になっている方、どうやって稼ぐのか知りたい方ははぜひ参考にしてみてくださいね!

プログラミングで稼ぐ方法4つ

プログラミングを学んだものの一体どうやって稼ぐのでしょうか?そこで、稼ぐための具体的な方法を4つご紹介します!

クラウドソーシングサイトで稼ぐ

未経験でも稼ぎやすい方法として、「ランサーズ」「クラウドワークス」「ココナラ」のようなクラウドソーシングサイトに登録して稼ぐという手段があります。

クラウドソーシングサイトには、依頼する相手を探している企業から、たくさんの仕事が登録されています。

そのため自ら営業する必要はほとんどなく、なんのコネもない未経験の状態からでも稼ぎやすいシステムになっているんです。

プログラミングで副業として稼ぎたい場合、まずはクラウドソーシングサイトに登録してみるといいでしょう。

エンジニアに転職して稼ぐ

副業としてではなく、エンジニアに転職して本業として稼ぐという方法もあります。

エンジニアはスキルさえあれば転職がしやすいため、年齢・性別・学歴は関係ないのです。

企業に就職できるレベルのプログラミングスキルを身につければ、未経験からの転職だって可能ですよ。

一度企業に勤めて実務経験を積むことができれば、フリーランスとしてリモートワークをすることも難しくないでしょう。

自作サービスをリリースして稼ぐ

誰かの役に立つようなWEBサービスのアイディアがあれば、自分の手で作ってリリースするという方法もあります。

WEBサービスに広告をつけて広告収入を得ることもできますし、月額制のサービスにして収入を得ることだってできますね。

そのサービスに合った収益システムを作ることができれば、安定した収入を得ることも夢ではないでしょう。

プログラミングを教えて稼ぐ

自分がプログラミングで学んだことを誰かに教えて稼ぐという方法もあります。

少し前までは自分もプログラミング初心者だったことを考えれば、同じような初心者の人に教えるのも難しくはないはずです。

数ヵ月前の自分に教えるような気持ちで、誰かに教えてみるのもいいかもしれません。

プログラミングを学びたい人はどんどん増加している傾向があるため、これから需要の高くなっていく稼ぎ方と言えるでしょう。

プログラミングで稼ぐためにおすすめの言語3つ

稼ぐための方法がわかったところで、稼ぐためにおすすめのプログラミング言語3つをご紹介します。

HTML・CSSを学ぶ

正確にはHTML・CSSはプログラミング言語ではありませんが、プログラミングの入門として学ぶことが多い言語です。

HTML・CSSを学べば、普段見ているようなWEBサイトも作れるようになります。

WEBサイトが作れるようになれば、クラウドソーシングサイトで募集しているようなWEBサイト制作も請け負えるようになりますよ。

できる仕事や稼げる額は多くありませんが、一番手っ取り早く稼げる言語といえるでしょう。

JavaScriptを学ぶ

JavaScriptを学べば、HTML・CSSで作ったWEBサイトに動きがつけられるようになります。

HTML・CSSと組み合わせることで、よりクオリティの高いWEBサイトが作れるようになるでしょう。

できることの幅が広がるので、その分稼げる金額もアップします。

また、JavaScript単体でWEBアプリも作ることができます。

プログラミング言語としての難易度も低いため、初心者が稼ぐために学ぶ言語としてもおすすめです。

PHPを学ぶ

PHPを学べば、WordPressのカスタマイズができるようになり、さらに一からテーマを自作することも可能になります。

その他に、WEBサイトにお問い合わせフォームをつけたり、ログインシステムを追加することもできます。

WordPressの仕事はクラウドソーシングサイトにも多く登録されているため、副業としても稼ぎやすい言語です。

JavaScriptと同様にプログラミング言語としての難易度も低く、初心者が早く稼げるようになるために学ぶ言語としてもおすすめですね。

求人数も多いため、エンジニアへの転職を目指す場合にも有利です。

プログラミングで稼ぐまでの勉強法3つ

それでは実際にプログラミングで稼げるようになるために、おすすめの勉強法3つをご紹介します。

プログラミング書籍で独学する

まったくの初心者の場合、まずは専門書籍から始めてみるのもおすすめ。

プロの編集と専門家が出している書籍のため、一定のクオリティが保証されています。

内容も体系的にまとめられており、初心者でも理解しやすいです。

書籍は高いものでも1万円を超えることはほぼなく、プログラミングスクールに比べると圧倒的に出費を抑えられます。

オンラインサービスで学ぶ

ネットにはプログラミングを学べるサービスがたくさん存在します。

無料で学べるものや、月額数百円で学べるものもあります。

本での学習が合わなかったり、無料で学びたいという場合、オンラインサービスから始めてみるのもいいでしょう。

ただし、無料のものや安価なものはあまり深くまでプログラミングを学べないという欠点もあります。

プログラミングスクールに通う

他の方法に比べるとお金はかかってしまいますが、一番効率的に学べるのがプログラミングスクールです。

学ぶ内容もあらかじめカリキュラムが組まれているので、初心者でも迷うことなく学習を進められます。

時間を節約して「なるべく短期間で稼げるようになりたい」という場合はプログラミングスクールがおすすめです。

まとめ

以上、プログラミングで稼ぐ方法について

・プログラミングで稼ぐ方法4つ
・プログラミングで稼ぐためにおすすめの言語3つ
・プログラミングで稼ぐまでの勉強法3つ

をご紹介しました。

プログラミングを学べば、あらゆる方法で稼げるんですね。自分に合う方法や言語・勉強法を見つけられたでしょうか?

プログラミングの稼ぎ方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。