【PHP入門】よくわかるオブジェクトと配列の違い!

PHPで値を管理する上で、欠かせないのが「配列」です。

同じく値を管理するものに、「オブジェクト」というものもあります。

どちらも、PHPを勉強する上で必ず耳にするキーワードです。
しかし、この2つの違いが分かりづらくはないですか?

今回はPHP初心者に向けて、

・オブジェクトと配列の違い

・それぞれのメリット

について解説していきます。

どちらも重要な要素ですので、違いがよく分からないという方は、ぜひ最後まで読んで理解を深めてくださいね。

オブジェクトと配列の違い

書き方

まずは、配列とオブジェクトの書き方を見ていきましょう

配列には「key」と「value」がセットとなっています。

配列の宣言は[ ] で行い、「key」と「value」を「=>(ダブルアロー演算子)」で結びます。

対してオブジェクトは、クラスの中に「プロパティ」を宣言します。

クラスの宣言は{ } で行い、変数を宣言します。
オブジェクトはnew演算子でインスタンス化をして値を持たせます。

値の呼び出し方

続いて、値の呼び出し方を見ていきましょう。

配列では、「key」を指定して「value」を呼び出します。
書き方は $array[‘key’] です。

対してオブジェクトでは、「->(シングルアロー演算子)」を用いてプロパティを指定して呼び出します。

それぞれのメリット

配列では、

・データの追加や削除が容易に行える

というメリットがあります。

対してオブジェクトには、

・プロパティと共に、メソッドを設定できる

というメリットがあります。

オブジェクトのメリットは、規模が大きくなるにつれて重要となります。

例えば、数百の関数の中から目的の関数を探すのは大変です。
しかしオブジェクトであれば、関数はクラスに紐づいているため、対象のクラスから容易にアクセスや修正が行えます。

まとめ

今回は「オブジェクト」と「配列」について、

・オブジェクトと配列の違い
・それぞれのメリット

について解説しました。

どちらもPHPを理解する上で欠かせない要素ですので、しっかりと理解できるようにしておきましょう。