【初心者向け】PHPのエラーを確認する方法!

PHPを学ぶ上で、付きまとうのが「エラー」ですよね。
ですが、初心者にとってエラーの内容を調べるのも大変ですよね。

そこで今回はPHP初心者に向けて、

  • ・エラーを表示させる方法
  • ・エラー箇所を特定する方法

をご紹介します。

PHP初心者がつまづきやすいポイントを分かりやすく解説します。
エラーの解決に詰まった時、ぜひ最後まで読んで理解を深めてくださいね。

エラーを表示させる方法

まず、PHPでエラーを表示させる方法を確認しましょう。

基本的にはphp.iniファイルでエラー表示の設定を行うのですが、phpファイル内で設定することもできます。

ini_set()関数を使うことで、php.iniファイルの設定を変更することができます。
書き方は ini_set(‘設定オプション名’, ‘設定する値’) となります。

display_errors では、エラー表示の有無を設定できます。
1で表示、0で非表示となります。

error_reporting では、エラー出力の範囲を設定できます。
E_ALLでは全てのエラーを、E_ERRORでは致命的なエラーを表示します。

error_log では、エラーログの保存先を指定できます。

これでエラーが発生した場合、ログが記録されるようになります。

エラー箇所を特定する方法

エラーログにメッセージを出力する

error_logs(‘メッセージ’); と記述することで、エラーログにメッセージを出力することができます。
error_logs(‘メッセージ’.$変数); と、変数を共に出力することも可能です。

複数箇所にメッセージを書き込むことで、処理がどこで止まるのか確認できます。

var_dump()で変数の中身を確認する

var_dump(変数名); と記述することで、変数の中身を確認することができます。

変数の中身が想定通りの値かを確認することで、処理の流れを確認できます。

print_r()で配列の中身を確認する

print_r(変数名, true); と記述することで、配列の中身を確認することができます。

変数の中身が配列の場合は、こちらを使いましょう。

コメントアウトする

//」や「/ /」などで怪しいところをコメントアウトして、エラーの発生箇所を特定することができます。

原始的な方法ですが、怪しい箇所を特定し、範囲を狭めながら要因を特定していきます。

まとめ

今回はPHPのエラーについて、

  • ・エラーの表示方法
  • ・エラー箇所を特定する方法

を解説しました。

PHPにおいてエラーはつきものですので、しっかりと理解できるようにしておきましょう。