【PHP入門】for文とwhile文の使い分け方

phpで繰り返し処理を行いたい場合、「for文」や「while文」を使うことができます。

しかし、慣れないうちはこの2つの使い分けが分かりにくいですよね。

そこで今回はPHP初心者に向けて、

  • ・for文とwhile文の違い
  • ・使い分けの方法

をご紹介します。

PHP初心者がつまづきやすいポイントを分かりやすく解説します。
for文やwhile文っていまいちよく分からない方は、ぜひ最後まで読んで理解を深めてくださいね。

for文とwhile文の違い

まずは構文の違いから見てみましょう。

処理の内容としては、両方ともに違いはありません。

for文の方は「初期値」「条件式」「更新式」の3つが必要なのに対し、while文は「条件式」の1つのみです。

はじめのうちはfor文の方が書きにくいと思うかもしれません。

しかし、コードを読む際には処理の条件が1箇所にまとまっている「for文」の方が、可読性が高いコードとなります。

使い分けの方法

for文とwhile文の使い分けで一番分かりやすいのは、

・繰り返す回数が決まっているかどうか

になります。

例えば「10回計算を繰り返す」処理であればfor文の方が向いています。

対して、「特定の数字が出るまで計算する」であればwhile文の方が向いています。

このように、

  • ・繰り返す回数が決まっている → for文
  • ・繰り返す回数が決まっていない → while文

と使い分けるようにしましょう。

まとめ

今回は「for文」と「while文」の使い分けについて、

  • ・for文とwhile文の違い
  • ・使い分けの方法

を解説しました。

phpの繰り返し処理にfor文とwhile文は必要不可欠なものですので、しっかりと理解し使い分けができるようにしておきましょう。