【PHP入門】よくわかるDateTimeクラス

最近、なめらかプリン作りにハマっているライカです。

PHPで日付を出したいけど、DateTimeクラスってなんだろうと思っている方も多いはず。

今回はPHP初心者に向けて、

DateTimeクラスの使い方

について解説していきたいと思います

PHP初心者がつまづきやすいポイントを分かりやすく解説します。
DateTimeクラスがいまいちよく分からない方は、ぜひ最後まで読んで理解を深めてくださいね。

DateTimeクラスとは

PHPには日付を取得するためにdate関数がよく使われますが、それ以外にもDateTimeクラスがあります。

date関数もDateTimeクラスも日時を操作することができますが、DateTimeクラスはオブジェクト指向に基づいて定義されています。

date関数では

という表記になりますが、DateTimeクラスでは以下の様になります。

DateTimeクラスからDateTimeオブジェクトを作成し、取得した現在日時をformatで指定したフォーマットにあてはめます。

フォーマットを変えることにより色んな表現の仕方ができます。

指定した日時の取得

また、任意の日時を表示させるためにはこのように表記します。

DateTimeの後ろに任意の日時が入っているため実行結果は

となります。

インスタンス作成時には、日時を英文形式で指定して渡すことができます。

しかし、別の形式で書かれた日時を取得したい場合もあります。

例えば

2020年08月08日 15時00分25秒

を取得したい場合は、

と表記することにより【2020/08/08/ 15:00:25】と表示することができます。

タイムゾーンを取得する

タイムゾーンを取得するには、「getTimezone()」メソッドを使用します。

また、「setTimezone()」メソッドを使ってタイムゾーンを設定することもできます。

日時の計算をする

日時の計算をするには、「modify()」メソッドを使用します。

サポートされている日時の形式については、https://www.php.net/manual/ja/datetime.formats.php で確認してください。

日時の差を計算する

2つの日時の差を計算したい場合は、「diff()」メソッドを使用します。

まとめ

今回はDateTimeクラスの使い方について

  • ・日時の取得方法
  • ・日時の計算
  • ・日時の差の計算

を解説しました。

PHPにおいて日時の取得や操作は必要不可欠なものですので、しっかりと理解できるようにしておきましょう。