【PHP入門】よくわかるdate関数!

最近庭の雑草が元気すぎて、草むしりが追いつかないライカです。

今回は

「日付を表示させるためにはdate関数を使うけどいまいち使い方がわからない」

というPHP初心者に向けて、

  • ・フォーマットの種類
  • ・昨日や明日の表記の仕方

PHP初心者がつまづきやすいポイントを分かりやすく解説します。
date関数の使い方がいまいちよく分からない方は、ぜひ最後まで読んで理解を深めてくださいね。

date関数の書き方

まずは基本的な書き方を確認しましょう。

第一引数:フォーマット(形)の文字列を指定
第二引数:基準となる日時のタイムスタンプ

第二引数を省略した場合は、現在日時が第一引数で指定した形式で出力されます。

date関数はフォーマットをしなければ使えません。

フォーマットの種類は?

フォーマットとはdate関数で必要なものになります。

フォーマットにも色んな種類があります。

よく使われるフォーマットは以下を参考にしてください。

format文字 意味
 年  Y 西暦(4桁)  2020
 y 西暦(2桁)  20
 L うるう年  うるう年→1 普通の年→0
 月  m 月(2桁)  08
 n 月(0なし) 8
 M 英語(略)  Aug
 F 英語  August
 日 d 日(2桁)  08
 j 日(0なし)  8
 t その月の日数  31
 z その年の経過日  221
 曜日 D 英語(略)  Sat
 l 英語  Saturday
w 曜日  日曜日→0~土曜日6
 時間 H 24時間単位  03
G 24時間(0なし)  3
h 12時間単位  03
g 12時間(0なし)  3
a 午前・午後(小文字)  pm
A 午前・午後(大文字)  AM
 i  分(2桁)  05
s  秒(2桁)  05

昨日や明日の表現

フォーマットの表記はわかったかと思います。

次に昨日や明日の表現について解説していきます。

明日の日付を表示させたい場合、使う関数はstrtotime関数です。

このように表記すると、今日が8月18日の場合、結果は以下のようになります。

2020-08-19

明日、つまり1日後の日付が表示されていますね。

strtotime(‘-1 day’)と表記すれば1日前の日付が表示されます。

まとめ

今回はPHPでdate関数の使い方について

  • ・date関数の書き方
  • ・フォーマットの種類
  • ・日時操作の方法

を解説しました。

PHPにおいて日時の取得や操作は必要不可欠なものですので、しっかりと理解できるようにしておきましょう。