【PHP初心者向け】 配列に要素を追加する方法 array_unshift・array_push

こんにちは。

夏になったら冬、冬になったら夏が待ち遠しくなる、あまのじゃくな裕です。

ややこしい配列操作苦手意識を持っている方も多いと思います。

配列の先頭や末尾に要素を追加したいときってありますよね?

そこで今回はPHP初心者に向けて、

  1. 配列の先頭に一つ以上の要素を追加する array_unshift
  2. 配列の末尾に一つ以上の要素を追加する array_push

について解説します。

ぜひ、読んでみて理解を深めてみて下さいね。

array_unshiftで先頭に一つ以上の要素を追加する

まずarray_unshiftの使い方を見てみましょう。

<?php

$fruit_basket = array(“orange”, “banana”);

print_r($fruit_basket);

array_unshift($fruit_basket,  apple”, “grape”);

print_r($fruit_basket);

?>

結果は下記になります。

Array

(

 [0] => orange

 [1] => banana

)

Array

(

 [0] => apple

 [1] => grape

 [2] => orange

 [3] => banana

)

array_unshift() によって $fruit_basket先頭applegrape追加されました

書き方は下記になります。

array_unshift( 配列名 , ‘追加したい要素1’, ‘追加したい要素2’,… );

追加する要素は1以上です。

なので上記例文のように2つではなく、1つでも3個以上でも大丈夫です。

なお、数値添字は配列に追加された要素を先頭にして新たに [0] から振り直されます。

array_pushで末尾に一つ以上の要素を追加する

次にarray_pushの使い方を見てみましょう。

<?php

$fruit_basket = array(“orange”, “banana”);

print_r($fruit_basket);

array_push($fruit_basket,  apple”, “grape”);

print_r($fruit_basket);

?>

結果は下記になります。

Array

(

 [0] => orange

 [1] => banana

)

Array

(

 [0] => orange

 [1] => banana

 [2] => apple

 [3] => grape

)

array_push() によって $fruit_basket末尾applegrape の順で追加されました

書き方は下記になります。

array_push( 配列名 , ‘追加したい要素1’, ‘追加したい要素2’,… );

追加する要素は1以上です

なので上記例文のように2つではなく、1つでも3個以上でも大丈夫です。

なお、もし配列に一つの要素を加えるために array_push を使用するなら、

関数を呼ぶオーバーヘッドがないので$array[ ] = を使用する方が良いとされています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は配列に要素を追加するための「array_unshift」と「array_push」について、

  1. array_unshiftで先頭に一つ以上の要素を追加する方法
  2. array_pushで末尾に一つ以上の要素を追加する方法

を解説しました。

これで配列の先頭と末尾に要素を追加できるようになりました。

しっかりと理解して使い分けができるようにしておきましょう。