スループット

スループットとは?

スループットとは、「単位時間あたりの処理能力」のこと。

「一定時間の間にどれだけの仕事をこなせるか」という、どれだけの仕事をこなせる能力があるのかを表すもの。

コンピュータが単位時間内に処理できる命令の数や、通信回線の単位時間あたりの実効転送量などで使われる言葉。

例えば、通信でいえば、「1秒の間にどれだけのデータを送れるか」といったいわゆる「通信速度」がスループットになる。

用語の使い方

「スループットが上がった」「スループットを上げるにはどうすればいいか」といった具合。