Webライターの仕事内容とは?収入や必要スキルを解説!

収入はどれくらいもらえるの?

「Webライターについて仕事内容が気になる」
「必要なスキルについて知りたい」
「収入はしっかり得られるの?」

このようにWebライターの仕事に興味があるけど、なかなか具体的な仕事内容や求められる仕事内容などについて、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、Webライターの仕事内容や具体的に身につけておくべきスキル、そして収入面について徹底的に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

Webライターとはどんな仕事内容?

Webライターとはどんな仕事内容?

Webライターとは、Webメディアのライティング業務をする方のことを指します。

基本的に執筆はパソコンを使って行い、クライアントから求められる内容の記事を書く仕事です。執筆する記事の種類にも様々あり、以下のような内容が挙げられます。

  • ブログ記事
  • LPライティング
  • 書籍の執筆

Webライターはクライアントから指定された内容の記事を書くため、もし自分が知らないジャンルの記事を書く場合は、ネット検索や本で調べたり、実際に足を運んで調査したりなど、徹底的にリサーチをして執筆を行います。

場合によっては記事に使用する写真の撮影などもお願いされることがあるため、仕事内容としては幅が広いと言えるでしょう。

執筆するジャンルがより専門的で高度な知識が求められるものほど、難しい分単価も上げやすいです。

身につけておくべきスキルについて

身につけておくべきスキルについて

  • パソコンに関する知識
  • 情報取集をする力
  • タイピングスキル
  • わかりやすく文章をまとめる力
  • SEOに関する知識

Webライターとして働く際には、このようなスキルが求められます。自身の収入や活動できる範囲に関わるため、一つひとつ内容をご紹介していきますね。

パソコンに関する知識

まずは基本となるパソコンに関する知識が必要です。

執筆する記事の納品方法も様々で、「Word」「Googleドキュメント」「WordPress」などがメインとして考えれらるでしょう。このような各ツールでの執筆方法を理解していなければ、クライアントの求める仕事を行うことができません。

またクライアントとの連絡手段として、必ずしもメールや電話でのやりとりをするとは限りません。もっと効率よく連絡を取り合うためにも、「Slack」や「ChatWork」などのチャットツールを使用する場合が多いです。

パソコンを使って業務をするため、基本的なパソコンに関する知識は必ず求められます。

情報取集をする力

特に知らないジャンルの記事を執筆する場合、情報を正しく集める必要があります。また、すでに知っているジャンルの執筆だとしても、その情報が正しいかどうか自分だけで判断することは難しいです。

メディアに文章をして情報を残す以上、正しく情報をまとめなければいけないため、正しい情報元からより多くの情報を集めるスキルは欠かせません。

前述した通り、情報取集はネット検索、書籍、実際に足を運んでの調査など、様々な方法があります。執筆するメディアに合った方法で、情報をきちんと収集できるスキルを身につける必要があるのです。

タイピングスキル

タイピングスキルは、文章を書く上で必須のスキルと言えるでしょう。誤字や脱字などがなく正しく執筆できるライター、というだけで重宝されます。

誤字や脱字などが多いと、文章を最終的にチェックするディレクターやクライアントの手間が増えてしまうため、的確にタイピングできるスキルを身につけることは大切です。

わかりやすく文章をまとめる力

Webライターになる上で、わかりやすく文章を書くことが求められます。同じ文章を書く作家などと違い、Webライターにとって独特な言い回しは求められません。

なぜかというと、Webライターの仕事は情報をわかりやすく伝えることであって、作家のように物語を書くわけではないからです。

例えば漢字もむずかしいものを使うのではなく、文章とのバランスを考えながら使用することが大切なのです。インターネット上で公開された文章はたくさんの人が読むため、大人でも子供でも読みやすい文章を書く必要があります。

SEOに関する知識

Webメディアの執筆では、「SEO」に関する知識が求められます。SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことです。

Webメディアが読まれるかどうかは、検索結果に表示される順位によって大きく左右されます。そのため例えば、検索結果が1位の記事と10位の記事とではクリック率にかなりの差が出てしまうのです。

記事の閲覧数によっては会社の売り上げなどにも大きく関わるため、SEO対策ができるWebライターは収入面でも有利になります。クライアントの多くがこのSEO対策のために記事を発注している場合が多いため、SEOの知識を身につけることは必須と言ってもいいでしょう。

収入はどれくらいもらえるの?

収入はどれくらいもらえるの?

Webライターの収入は、雇用形態によってかなりばらつきがあります。下記はWebライターの平均年収なのですが、平均で言えば高い傾向にあります。

Webライターの雇用形態には、大きく分けて以下のように当てはめることができます。

  • 正社員
  • 派遣社員
  • アルバイト・パート
  • 副業/フリーランス

当然ながら、それぞれ勤める企業や経験年数によって差はあるでしょう。

よく「Webrライターは収入が低い」と言われがちですが、確かに月の収入が5万円にも満たないライターもいるでしょう。これは副業などで取り組んでいる場合に多く、副業やフリーランスのWebライターは文字単価によって収入に差が出るからです。

文字単価の仕組み

クラウドソーシングサービスでは、よくWebライターの募集がされています。しかし文字単価もバラバラで、1文字0.5円以下の案件もあれば1文字1円以上の案件もあります。

このようにWebライターの収入は、多くの場合1文字=◯円 という条件によって決まっています。(場合によっては1記事=◯円 という場合もあります)

この文字単価の制度によって、例えば3,000文字の記事を書くにしても収入は以下のように異なります。

  • 「1文字=1円」で執筆:報酬は3,000円
  • 「1文字=0.5円」で執筆:報酬は1,500円

執筆スピードが同じであれば、当然文字単価が高いライターの方が収入は大きくなるのです。

まだWebライターに挑戦したばかりの人は当然ながら単価は低く、収入は安定しないでしょう。基本的に文字単価で案件を獲得する場合、1文字=1円以上 で執筆できると望ましいです。

文字単価を上げるには

文字単価を上げる、つまり収入を上げるためには、やはりコツコツと実績を積むことが望ましいです。経験年数が上がれば、単価も上げやすくなります。

そして何よりも、単価を上げるためにはSEO知識などを身につけて実績をつけることです。自身でブログ運営などをして検索上位をとれば、案件獲得の際にかなり強い実績となるでしょう。

他にもプラスα で、下記のような知識・スキルがあると文字単価を上げやすくなります。

  • WordPressの知識
  • 画像・写真の編集スキル
  • 記事のテーマに関する専門的な知識

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、「Webライターの仕事内容」についてご紹介しました。Webライターは副業としても取り組みやすいため、主婦やサラリーマンの方が収入アップのために取り組むのにおすすめです。

もう少し専門的なスキルを取得することで、より自身の収入を上げることも可能です。自身のスキルアップのため、積極的に活動してきましょう!