【初心者向け】おすすめプログラミング言語5つと選び方をご紹介!

プログラミングを学んでみたいけど、どの言語にすればいいかわからない
いろんな種類のプログラミング言語があるけど何が違うかわからない

こんな風に考える初心者の方は多いのではないでしょうか。

プログラミング以外にも言えることですが、初めての分野の学習をする場合、何から始めていいのかわかりませんよね。

そこで今回は、

・そもそもプログラミング言語とは何か
・プログラミング言語を選ぶポイント
・初心者におすすめのプログラミング言語
・プログラミングの学び方

をご紹介します。

プログラミング言語選びに悩んでいる初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミング言語とは何か

プログラミングとは、コンピュータにしてほしい仕事をコンピュータにわかる言語で伝えることです。

本来コンピュータは、機械語と呼ばれる「0」と「1」の数字の羅列しか理解することができません。ですが、人間が数字の羅列で命令文を作るのは難しいですよね。

そこで人間が命令しやすいように考えられたのが、JavaScriptやPHPなどいわゆるプログラミング言語と呼ばれるものです。

また、プログラミング言語にはRuby・Python・Javaなど多くの種類が存在します。

それぞれ何が違うのかというと、

・命令するために使う言葉
・命令できる内容
・機械語へ翻訳するソフト

が変わってきます。

そして命令できる内容が違うということは、用途によってプログラミング言語を使い分ける必要があります。

例えば、

・Webサイトを作る
・ロボットやシステムを動かす
・ゲームを作る
・スマートフォンアプリを作る

などです。「一つのプログラミング言語で何でもできる!」というわけではないのです。

プログラミング言語を選ぶポイント

プログラミング言語によってできることが違うため、「プログラミングで何がしたいのか」という目的によって言語を選ぶ必要があります。

例えば、

・WebサイトやWebアプリを作りたい
・スマートフォンアプリを作りたい
・フロントエンジニアに転職したい
・副業で稼ぎたい

など、自分がプログラミングを学ぶ目的が何なのか一度考えて見ましょう。

初心者におすすめのプログラミング言語5選

プログラミング言語によってできることが違うことはご紹介しましたが、実はそれに加えて習得するまでの難易度もそれぞれ異なります。

いくら目的に合っていたとしても、いきなり難しい言語を選ぶと挫折の原因となってしまいます。

そこで、今まで全くプログラミングに触れてこなかった方でも挫折しづらい初心者におすすめの易しい言語をご紹介します。

HTML・CSS

普段見ているWebページはHTML・CSSでその見た目が作られています。動きのない静的なページであれば、HTML・CSSを学ぶだけで同じようなものが作れるようになります。

ただし、実のところHTML・CSSは厳密にはプログラミング言語ではありません。ですが、

・学習難易度が低い
・テキストエディタがあればすぐに始められる(メモ帳でもOK)

ため、初心者が最初に「コードを書いて動かす」ことを体験するのにおすすめの言語です。

また最近では、簡単なアニメーションであれば後述のJavaScriptを使用しなくてもHTML・CSSだけでも実装できるようになりました。

HTML・CSSでできること

・Webサイトの構築

JavasCript

JavaScriptを使えば、HTML・CSSで作ったWebページに動きをつけることができます。Webページを作るには欠かせない言語の一つのため、Webサイト制作をしたいと考えているなら必修と言えるでしょう。

また、プログラミングには「環境構築」という「プログラミングを始める前の準備」が必要な言語が多いですが、JavaScriptはその必要がありませんChromeやSafariなどのブラウザ上で動作するため、コンピュータのOS(WindowsやMacなど)にも依存しません。

HTML・CSSと同様に、テキストエディタさえあればすぐにでも始められるため、どんな環境の初心者でも始めやすい言語です。書いたコードをすぐに動かせるため「プログラミングをしている」という実感が得られやすく、モチベーションも維持しやすいです。

Webサイトに動きをつける以外にも、JavaScript単体でWebアプリやスマホアプリを作れるようになります。

JavaScriptでできること

・スライダーやポップアップなどWebページに動きをつける

・Webアプリ

・ゲーム

・スマホアプリ

PHP

Facebookやぐるなびなど、PHPで作られている有名なWebサービスは数多く存在します。ブログ作成によく使われるWordPressも実はPHPで作られています。他にも、Webサイトの中にお問い合わせフォームやログイン機能を作成することも可能です。

求人数も豊富で利用者も多く、人気の高いプログラミング言語の一つと言えます。ネットで検索すると、日本語で解説されている情報も豊富です。

コードの記述もわかりやすく、プログラミング初心者にもとっつきやすく挫折しづらい言語と言えるでしょう。

「Webサービスを作りたい!」と考えている方は、PHPを習得するのがおすすめです。ただしWebサイトを作る場合、HTML・CSSの知識が前提として必要になります。初心者の場合、まずはHTML・CSSから始めましょう。

PHPでできること

・ECサイト

・SNS

・ブログ

・お問い合わせフォーム

・ログインシステム

Ruby

クックパッドやhulu、Twitterなど数多くの有名なWebサービスはRubyで作られています。

Rubyは「Enjoy for Programing!」をモットーとして開発された、日本生まれの言語です。そのため、公式の日本語リファレンスが豊富であり、初心者にも理解しやすくなっています。

言語の仕様も、とにかく読みやすくて書きやすくなっており初心者にもおすすめ。慣れるとコードをとても短く早く書くことができるようになります。

初心者が「とりあえずプログラミングに触れてみる」というのであればRubyから始めるのがいいでしょう。

ただし処理速度が少し遅く、大規模なシステムには向いていません。大企業への就職や大規模開発には向いていないという点がありますが、学習や中小規模のシステム開発にはおすすめです。

また、Rubyは機械学習にも対応しています。ただし機械学習においては現状Pythonの方が優秀といえるので、今後の展開に期待といったところでしょう。

Rubyでできること

・SNS

・ブログ

・ECサイト

・スマホアプリ

・機械学習

・APIの作成

・スクレイピング

Python

YoutubeやInstagramなど、誰もが知っている人気のWebサービスにPythonは使われています。また、Pepperなどのロボット関連のAI(人工知能)のプログラミングにも利用されており、様々な分野で使われる汎用性の高い言語です。

読みやすく書きやすいシンプルな文法のため、プログラミング初心者でも学習難易度の低い言語です。ただし日本語で説明されているページが少なく、そういった意味では学習難易度が高いとも言えます。

AIやビッグデータ周辺に使われるため、これから伸びる産業に合わせてプログラミング言語を学びたいというのであればおすすめの言語です。

確実に需要が高まっていく言語ではあるのですが、日本ではまだ馴染みが薄く他の言語に比べると求人数も多くありません。

今すぐに転職したい場合やマネタイズしやすいサービスを作りたいという目的があれば、他の言語にした方がいいでしょう。

Pythonでできること

・Webサービス

・WEBアプリ

・データ解析、分析ツール

・AI、機械学習

・デスクトップアプリ

・IoTのシステム開発

プログラミングの学習方法

学びたいプログラミング言語が決まったら、次に「どうやってプログラミングを学べばいいのか」をご紹介します。プログラミング初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミング学習書で学んでみる

全くの初心者の場合、まずは簡単な入門書から始めてみるのもおすすめです。プログラミングとはどういうものなのか、本の内容に沿って実際に手を動かしながら体験しましょう。

1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座
Webサイト制作に必要なHTML・CSSの知識が、ゼロから体系的に学べる内容になっています。手を動かしながら学べるので、これからWebサイトを作り始める初心者の最初の一冊としておすすめです。

スラスラ読める JavaScript ふりがなプログラミング
「ふりがなプログラミングシリーズ」のうちの一冊です。「プログラムの読み方すべてにふりがなをふる」という手法で、プログラミングに馴染みがない初心者でもすんなりと理解できる内容になっています。

また、オライリー社の「はじめての〜」シリーズは、ゼロから学べる上に網羅的に書かれているため、おすすめの技術書です。

独学が難しければプログラミングスクールへ通ってみる

学ぶ言語を決めたはいいけど習得に時間がかかってしまう
プログラミング言語の選び方はわかったけど、やっぱり迷ってしまう

という場合もあるかもしれません。

本やネットの情報で独学しようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。時間=お金です。目に見えるお金は減っていなくても、時間をかければかけるだけ、その分お金を失っているのと同じ意味になってしまいます。

そんな時はプログラミングスクールに通って短期間で手っ取り早く習得してしまいましょう。お金はかかってしまいますが、その分効率よく短い期間で学ぶことができます。

目的にもよりますが、もしあなたが「エンジニアに転職して稼げるようになりたい」と考えているのなら、稼ぐための手順が効率的に学べるウェブカツ!!への仮入部(無料)はいかがでしょうか。

ウェブカツ!!では、今回おすすめしたプログラミング言語のうち

・HTML・CSS
・JavaScript
・PHP
・Ruby

を学ぶことができます。

今回ご紹介した言語のうちPythonはありませんが、短期間で稼げるようになることを目的とした場合Pythonは適していません。

また、学ぶ順番も決められているため、初心者がプログラミング言語選びに迷うこともありません。

もしあなたがエンジニアに転職して稼げるようになりたいと考えているなら、一度チェックしてみてください。

まとめ

以上、プログラミング初心者の方へ

・プログラミング言語と何か
・プログラミング言語を選ぶ時に気をつけること
・初心者におすすめのプログラミング言語5つ
・プログラミングの学び方2つ

をご紹介しました。

プログラミング言語と一口に言っても、それぞれできることや難易度が違うことがお分かりいただけたかと思います。

これから学ぶプログラミング言語選びに悩んでいる初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。