プログラミング学習の始め方 | 収入を増やしたい編

 

  • ・お金が欲しい。
  • ・稼ぎたい。
  • ・そのためにプログラミングを学びたい

 

そんな目的でプログラミングを学ぼうとされているのであれ、戦略をしっかりと定めてから進むべきです。

 

今回は

「プログラムを書ける」だけでは仕事にならない
「実務経験が長い=収入が高い」ではない
オススメのプログラミング言語
オススメのプログラミング学習方法

といったテーマでお話をしていきます。

 

「プログラムを書ける」だけでは仕事にならない

プログラミングを仕事とするのであれば、基本的な仕組みや書き方を学ぶことは当然必要です。

 

今は無料サービスなどが多数ありますね。

最初の第一歩として、そういったサービスで基本的なことを学ぶステップは有効です。

ですが、無料サービスの全部のコースを制覇したり、何周も繰り返しされる方がいますが、ほとんど意味がありません。

れだけ時間をかけても「現場」で求められているスキルは身につかないからです。

 

では、「現場」で求められるスキルとはなんでしょうか。

 

現場で求められていること

では、現場で求められていることとはなんでしょうか。

ここでは3つに分類してみていきます。

 

プログラミング力

当然、技術力は必要です。

  • 自走できる力
  • より短時間で求められているものを作る力
  • 求められている機能を実装できる力

こういった力が現場では必要です。

 

チーム開発

現場で複数人での開発には「環境構築」や「バージョン管理」といったことが必要になります。

※このあたりをご説明すると長くなるので、また別の機会にご紹介します。

環境構築ができないと、そもそもプログラミングをする環境が作れませんし、バージョン管理ができないと各自がプログラミングしたデータをチーム間でひとつに統合することができません。

 

このあたりは独学で勉強するには限界があります。

ある程度基本を習得する必要はありますが、あとは現場で経験を積むしかないです。

これは、経験者が優遇される理由のひとつでもあります。

 

ビジネス力

お金(給与)をもらう=ビジネスです。

どんなに技術力があってもこの観点がないとダメです。

ひとくくりに「ビジネス力」といっても多岐にわたりますが、「遅刻・欠勤をしない」といった基本中の基本のことから、顧客折衝力・マネジメント力といったものも必要となります。

 

「実務経験が長い=収入が高い」ではない

傾向としては、実務経験が長い人の方が、より収入が高くなる傾向があります。

ですが、実際には経験年数がそんなになくても、10年20年のベテランより高収入の人はいます。

その違いはどこからでてくるのでしょうか?

 

収入額を決めるのは誰?

エンジニアになったとして、あなたの収入を決めるのは誰でしょうか。

  • 組織で働くのであれば組織の上長
  • 個人で案件を獲得するのであればクライアント(顧客)

ですよね。

つまり、収入をあげるためには「あなたの収入を決める人」から高い評価をしてもらう必要があります。

であれば、まずはそういった人から「何を求められているか」を把握する必要がありますよね。

 

「収入額を決める人」に評価されるには?

あなたが会社の社長であったら、どういった人に高い報酬を払いたいと思うか?

結局、「利益をあげてくれる人」に対して、見合った報酬を払いたいと思いませんか?

 

会社とは「営利」を求める必要があります。

お金の流れは大きく分けると「収支を増やす」「コストを削る」「投資する」のいずれかです。

 

あなたの「収入額を決める人」は上記のどこに力をいれようとしているのか

いつまでにどれくらいの目標を設定しているのか

また、現在どんな問題があり、それに対する課題は何か

 

そこを正確に把握し貢献さえすれば、当然「この人は役に立つなぁ」と評価されます。

(もちろん貢献し結果をだしたのであれば、それを上手にアピールすることも必要です)

ただの「人材」から「人財」にランクアップできるということです。

そして「人財」だと認めてもらえれば、収入アップの交渉も可能となりますよね。

 

実務経験が長いけれども、そんなに収入が増えていないのは、上記の観点が抜けているからです。

「技術力さえあれば評価されるはず。」と思い込んでいる。

そして「なぜ俺の評価がこんなに低いんだ」と不満に思っている。

 

実際は、売上に貢献できていないか、あるいは貢献しているけれどもアピールができていないか。

そのどちらかがほとんどなのです。

 

プログラミングはそのための手段のひとつでしかない、ということをまず理解していただきたいです。

 

また、需要は高いが供給が少ない技術を身につけていることも、自分自身の価値をあげることにもなります。

 

「人財」になるためには

では、どうすればそういった「人財」になれるのか。

 

そのために必要な「考え方・やり方」といったものがあります。

 

もし、あなたが現状(の収入)に満足できていないのであれば、

ただ単にその「考え方・やり方」を知らないだけかもしれません。

もしくは、知ったとしても、「非常識」だと感じて「胡散臭い」「怪しい」と拒絶してしまうかもしれません。

 

もちろん「考え方・やり方」は知っているだけでは意味がありません実践して磨くことなく身につくことはないからです。

 

そこで何も変えずに今までのやり方でいくのか。

あるいは「知らなかったこと」「非常識」を取り入れて行動に移し、力をつけのか。

 

そこが、大きな人生の分かれ道となります。

 

オススメのプログラミング言語

「稼ぐ」ことを目的とするのであれば、上記のように「人財」となる必要がありますが、それと同時に「どの言語を選択するか」も同じく重要です。

ここでは以下の言語学習の習得をオススメします。

  • ・HTML・CSS
  • ・JavaScript
  • ・PHP

 

PHPについては、よくネット上で議論の対象となり、この点について迷われている方も多いでしょう。

 

バックエンド言語としては、PHPの他に

  • Ruby
  • Python
  • Java

などがあり、「どの言語が優れているか議論」は昔からよくあるからです。

しかし冒頭でお伝えしたとおり、あくまでもプログラミングは手段です。

「どの言語が優れているか議論」は、あまり重要ではありません。

 

あなたの目的は「稼ぎたい」のはずです。

であれば、「PHP」一択ですね。

 

ここでPHPをオススメする理由ですが

  • まだまだ需要が高い
  • 個人での受託業務が取りやすい(多様性が高い)
  • WordPressを使う際に必要

という点です。

 

Rubyも人気の言語ですが、現在プログラミングスクールは多数あり、Rubyを学習している人が今はものすごく多くなっています。

つまり、「かなり競争が激しくなっている」ということですね。

 

一生企業内で安定してエンジニアをしたい?

そうであれば、Javaの方が安定性があるかもしれません。

ですが、Javaは大規模で堅牢なシステム開発で使われる傾向がありますので、大きな組織の中で働くことが多いです。

その中で急に抜擢をされて年収を大きく増やすことも、また個人での受託といった選択も難しいでしょう。

 

「稼ぐ」ことを目的とするのであれば、サラリーマンの考え方のままでは絶対に無理です。

「自分は商売をしている」というマインドが必要ですし、そのために必要な考え方・やり方を知り、実践する必要があります。

 

オススメのプログラミング学習方法

学習方法としては大きく分けて以下の3つでしょうか。

  1. 独学
  2. 教えてもらう
  3. 学習サービスを利用する

 

「早く稼ぐ力をつける」ことを目的としているのであれば、「3」一択です。

本記事でお伝えしたように、

  • 「実践的なことが学べるカリキュラムとなっている」
  • 「ただなんとなく作れるようになる」ではなく「仕組みが理解できる」
  • 「稼ぐための考え方・やり方が学べる」

この3点を満たしているところを探してみてください。

 

エンジニアになることが最終目的としているスクールが多数ですが、そこで学べるのはあくまでも技術のみでしょう。

間違っても「転職保証」を謳っているようなところは避けるべきです。

(その仕組みがどう成り立つのかを考えればわかりますよね)

「1週間でプログラミングをマスターできる」という宣伝文句も眉唾ものです。

一睡もせずに1週間ぶっ続けでできたとしても168時間。とうてい現実的な数字とは思えません。

 

「2」もありですが、教えてくれる人は「実際に稼いでいる人」にしましょう。

稼げない人から教えてもらうと、「稼げない考え方」がうつってしまうからです。

 

「1」を選択する場合は下記リンクを参照ください。

プログラミングを独学で始める!勉強法や注意点をまとめました【初心者向け】

ただしどうしても「3」に比べると時間はかかるというデメリットはあります。

 

まとめ

今回は「稼ぐ」を目的として学習を進めるために

「プログラムを書ける」だけでは仕事にならない
「実務経験が長い=収入が高い」ではない
オススメのプログラミング言語
オススメのプログラミング学習方法

についてお話をいたしました。

あなたのこれからのチャレンジの参考にしてみてください。