【初心者向け】JavaScriptの基礎知識や勉強法をご紹介!

プログラミングを始めたばかりの初心者だと

  • ・JavaScriptって何?Javaの仲間?
  • ・JavaScriptって初心者でもわかる?
  • ・どうやって学べばいいの?

と悩むことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • ・JavaScriptとは何か
  • ・JavaScriptが初心者におすすめな理由
  • ・JavaScriptの基礎知識や勉強法

をご紹介します。

JavaScriptについて知りたい初心者の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

JavaScriptとは?

JavaScriptの大きな特徴として、クライアントサイドで動作するプログラミング言語であるということが挙げられます。

つまり、「ユーザーのWEBブラウザ上で動かすことができる」ということですね。

一方、PHP・Rubyなどはサーバーサイドで動作する言語のため、サーバーとのやりとりが必要になります。

Javaとの違いは?

よく似た名前の言語に「Java」がありますが、これは全く別のプログラミング言語です。

ただ「名前が似ているだけ」です。

用途も書き方も、全て違うということだけ覚えておきましょう。

jQueryって何?

jQueryは、JavaScriptのコードをより簡単に記述できるよう設計された「JavaScriptのライブラリ」です。

つまり、jQueryはJavaScriptであり、jQueryで実現できることはJavaScriptでも実現ができるということになります。

JavaScriptでできること

HTMLだけでは動きのあるWEBページは作れませんが、JavaScriptを使うことで

  • ・ポップアップウィンドウ
  • ・画像のスライドショー
  • ・プルダウンメニュー

など、リッチな動きを表現することができます。

それだけでなく、

  • ・WEBアプリ開発
  • ・スマホアプリ開発
  • ・ゲーム開発

などもJavaScriptで可能です。

JavaScriptを学ぶだけで、かなり幅広いプログラミングができるようになります。

JavaScriptが初心者におすすめな理由

JavaScriptは、プログラミング初心者でも取り組みやすい言語です。

その理由として

  • 環境構築が必要ない
  • プログラミングをしているという実感が得やすい

という点が挙げられます。その理由についてそれぞれ解説しますね。

環境構築が必要ない

JavaScriptは環境構築という、プログラミングを始める前の準備が必要ありません。

HTMLやCSSと同様に、必要なものはたったの2つだけ。

  • ・メモ帳などのテキストエディタ
  • ・Chromeやedgeなどのブラウザ

この2つさえあれば、コードを書いて動作を確認することができます。

環境構築は、プログラミング初心者が挫折しやすいポイントの1つです。その作業が必要ないというだけで、初心者におすすめできると言えるでしょう。

プログラミングをしているという実感が得やすい

環境構築が必要ないことにもつながってきますが、JavaScriptは書いたコードの動作をブラウザですぐに確認できます。

サーバーやデータベースを用意する必要もないため、「メモ帳で書いたコードをすぐにChromeで開いて確認する」ということもできるんですね。

結果がすぐに目に見えるため、初心者でも「今、プログラミングをしているんだ!」と実感が得やすいのです。

自分が何をしているかわからないまま、ただひたすらコードを書くのは辛くなります。

ですがJavaScriptであれば、すぐにコードの結果を確認できるため、初心者でもモチベーションを維持しやすいのです。

JavaScriptの基本的な書き方

コードの書き方

インラインで記述する

JavaScriptは以下のように、HTMLファイルの中に直接書くことができます。

外部ファイルで読み込む

外部ファイルで読み込む場合は、以下のように記述します。

src=””の中に指定したファイルが読み込まれます。

コードを書く場所

CSSはheadタグの中に書く決まっていましたが、JavaScriptの場合、head要素の中・body要素の中などHTMLファイル内のどこに書いても大丈夫です。

ですが、bodyタグの閉じタグの直前に書くのが推奨されています。

なぜなら、JavaScriptを読み込んでいる間は他の表示処理が止まってしまうからです。そのためJavaScriptに複雑な処理があると、WEBサイトの読み込みが遅くなってしまいます。

また、JavaScriptにHTMLの要素を操作する処理が書いてある場合、JavaScriptをHTMLより先に読み込んでしまうとうまく動作しません。

以上のことから、JavaScriptはbodyタグの閉じタグの直前に書くのがおすすめです。

コメントの記述方法

JavaScriptのコメントは、1行の場合と複数行の場合で異なります。

1行の場合:行頭に「//」をつける

コメントにしたい場所が1行の場合、行頭に「//」をつけます。

複数行の場合:コメント範囲を「/* */」で囲む

コメントにしたい箇所が複数行の場合は、「/* */」で囲みます。

その他、JavaScriptの基本ついて以下の記事でご紹介しています。合わせてご覧ください。

JavaScriptの正規表現とは?一から分かりやすく説明します 簡単にできる! JavaScriptでスライドショーを作る方法 コンソールを使ってjavascriptのデバッグをする方法 【初心者向け】

JavaScriptの勉強法

続いて、初心者におすすめのJavaScript勉強法をご紹介します。

入門書や解説サイトで勉強する

まずは安価な入門書や、ネットにたくさんある解説サイトで勉強してみるのがおすすめです。

特にJavaScript初心者におすすめの本はこちら。

スラスラ読める JavaScript ふりがなプログラミング

「ふりがなプログラミングシリーズ」のうちの一冊。

「プログラムの読み方すべてにふりがなをふる」という斬新な手法で、プログラミングに馴染みがない初心者でも抵抗なくと理解できる内容になっています。

基礎を理解したらプログラミングスクールを検討してみる

入門書や解説サイトで基礎を学習したら、次はプログラミングスクールを検討してみるのもおすすめです。

というのも、入門書はわかりやすいものがたくさん存在するのですが、それ以降の中級者向けとなると急に難しい内容のものばかりになるからです。

突然難しくなった内容についていけず、挫折してしまうという人もたくさんいます。

1人で悩み続け、どんどん時間が過ぎてしまうのはもったいないですよね。

そんな時は、

  • ・プログラミングスクールに通う
  • ・誰かにお金を払って教えてもらう

など、周囲に助けを求めるのも大切です。

ウェブカツ!!では無料体験を実施しています。興味のある方はぜひ一度公式サイトをご覧ください。

まとめ

以上、JavaScriptについて

  • ・JavaScriptとは何か
  • ・JavaScriptが初心者におすすめな理由2つ
  • ・JavaScriptの基礎知識3つ&おすすめの勉強法2つ

をご紹介しました。

JavaScriptについて知りたい方や、JavaScriptを学ぼうか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。