【PHP入門】よくわかるfor文の使い方!

プログラミングを書く上で、繰り返しの処理をしたいことがありますよね。
そこで使えるのが、「for文」です。

ただ、慣れないうちは使い方が分かりにくいですよね。

そこで今回はPHP初心者に向けて、

・for文の使い方

・break、continueの使い方

をご紹介します。

PHP初心者がつまづきやすいポイントを分かりやすく解説します。
for文っていまいちよく分からない方は、ぜひ最後まで読んで理解を深めてくださいね。

for文の使い方

for文の書き方は以下の通りです。

まずは簡単な例で流れをみてみましょう

このfor文を実行すると、次のように表示されます。

では、処理の流れをみてみましょう。

  1. 初期化($i = 1)で変数$i を 「1」 に初期化する
  2. 条件式($i<=10)で変数$i が 「10以下」 である場合処理を続ける
    $i = 1 で 「10以下」なので、処理を続ける
  3. 処理の実行(echo $i.'<br>’)で変数$i を出力、今回は「1」を出力
  4. 更新式($i++)で変数$i をインクリメント(+1)する
  5. 変数$i が「2」になり、条件式から繰り返す
  6. 条件式に当てはまらなくなった場合、for文から抜け出す。

break、continueの使い方

繰り返しの途中で処理を中断したい場合、「break文」を使います。

break文が実行されると、現在の処理を終了してfor文を抜ける処理となります。

同じく繰り返しの途中で処理を中断するものに、「continue文」があります。

continue文はbreak文と違い、現在の処理を終了してfor文を続ける処理となります。
具体例をみてみましょう。

break文の方は、$i=2の時にfor文が終了されています。

対してcontinue文の方は、$i=2の時の処理をスキップして、以降の処理を続行します。

まとめ

今回は「for文」について、

・for文の書き方
・break、continueの使い方

を解説しました。

phpの繰り返し処理にfor文は必要不可欠なものですので、しっかりと理解できるようにしておきましょう。