年収1000万を達成した卒業生に聞いたウェブカツの感想

ウェブカツの卒業生の中には、エンジニアとして転職したり高単価なフリーランス案件を決めている方がいます。

今回は「ウェブカツを利用し見事1000万プレイヤーとなった卒業生」の松岡泰則さんに、ウェブカツについて伺いました。

 

松岡泰則さん

新卒でSIerに入社し、その後経理、経営企画を経て、SES企業にてエンジニアとして働く。現在はフリーランスとしてフロントエンドの開発に従事している。年齢は30代後半。趣味は読書(ビジネス書&漫画)と散歩と競馬です。FFよりドラクエの方が好き。

ウェブカツでのプログラミング学習について

プログラミングを学習しようと思われたきっかけは何でしょうか?

事務局

松岡さん

年収を上げたいと思ったことがきっかけです。

1000万への最初の一歩はウェブカツから

プログラミングは元々好きだったものの稼げるイメージがなかったため、違うキャリアを選択していました。そんな頃ウェブカツのサイトを発見し、プログラミングでも稼げることがわかったので本腰を入れてプログラミング学習を始めました。

ウェブカツを選んだのは、稼げるという点に強みをおいたスクールであったことと、Qiitaで読んだ顧問の稼ぐためのノウハウの続きが知りたかったからです。

松岡さんが読んだ稼ぐためのノウハウはこちら

ウェブカツ運営者が語る!エンジニアで稼ぐために大切な20のコト

ウェブカツの学習カリキュラムはいかがでしたか?

事務局

松岡さん

稼ぐのに必要な内容だけ教えている、実際の現場で使えるノウハウが多々あるなと感じました。

稼ぐために特化したカリキュラム

私は経験者だったので、最初の頃は簡単だなと思いましたが、中級、上級になってくると、実際の現場で使えるノウハウが多々あり、曖昧に理解していた内容も体系的に学び直すことができました。

例えばJS中級のクロージャーのレッスンは、本で読んでも理解できなかった部分だったのですが、講義では内容がスッと理解できて感動しました。

サービスの形を考えることに苦戦

ただインプットはそうでもなかったのですが、そもそも自分でサービスを考えて形にすることに慣れていなかったため、技術以前にどんなサービスを作れば良いかまとまらずに苦労しました。

結果、自分のスキルに見合わない規模のサービスの開発を始めてしまい、想定の2、3倍時間がかかりました。出来栄えも悪かったです。

また仕事の合間に作成する時間を捻出するのも大変でした。

ウェブカツではアウトプットを重要視しているので、自分でサービスを考えて作る、という習慣とスキルの土台ができたのは良かったですね。

卒業試験と卒業後コンテンツについて

卒業試験は大変だったようですね・・・

事務局

松岡さん

苦戦しました!1人で1からサービスを作って公開することの難しさを学べました。

卒業試験は期限ギリギリでした

要件を見た時には60日で完成できそう、と思いましたが実際は期限ギリギリでした・・・

レンタルサーバーにドメインを設定してSSL対応もして各種基盤ソフトをインストールして、という部分は実務ではインフラ部門が担当するので馴染みがなく、苦戦しました

またPHPのインストールでバグったときの依存関係の解消はかなり辛かったですw

そういうときは、課題を細分化して一つずつ解決していきました。

卒業後コンテンツの感想を教えて下さい。

事務局

松岡さん

一人では仮に思いついても実行できない内容なのでとても有益でした!

ウェブカツの真価は卒業後にある

卒業後コンテンツの内容は語れませんが、言われてみるとそれもそうか、と思えるけど実際に稼いだ人から教えてもらわない限り、自分一人では仮に思いついても実行できなかったなという内容ですね。とても有益でした。

現在受講しているウェブカツ生に向けてアドバイスをお願いします。

事務局

松岡さん

卒業後のコンテンツを見て初めてウェブカツのメリットは理解できるので、頑張って卒業試験まで突破してください!

ウェブカツで学んでいると、JS中級を過ぎたあたりから、本を買って独学でも学べるのでは?と現役のITエンジニアであれば思うかもしれません。技術面で言えば、確かに現役のITエンジニアであれば可能でしょう。

ですが、ウェブカツの本質はプログラミングの技術を学ぶ、のではなく、稼ぐ技術を学ぶ、という点です。

カリキュラムを見て分かるように、プログラミングの学習を一通り終えた後に、営業部、起業部、マーケティング部が始まります。つまり、プログラミングスキルという土台の技術がないと当然稼げないけど、営業部やマーケティング部で教わるプログラミング以外のスキルもないと稼げない、ということです。

プログラミングのスキルと稼ぐためのスキルが掛け合わさることで、稼げるようになるというのが、ウェブカツのスタンスだと私は解釈しています。

ですので、プログラミングの技術の習得なら独学でもできそうだ、と思わずに、卒業試験まで突破して見て下さい。卒業後のコンテンツを見て初めて、ウェブカツの本当のメリットが理解できます。

(でも、卒業試験は難しいので、しっかりと準備して挑んで下さい。)

ウェブカツ卒業後の活動について

卒業後はどの様なスケジュールを立てて活動していましたか?

事務局

松岡さん

1ヶ月以内に案件を獲得するスケジュールを立てて行動しました

卒業後はフリーランスエンジニアとして活動しています。2社商談を受けて2社から発注を頂きました。
案件がすぐに決まったため、進路相談を利用するまでもなかったです。

これもウェブカツで学んだプログラミング以外のスキルがあったからですね。

今後は自分でサービスを作って、1の労力で100稼げる人材になりたいと思います。
どんな局面でも自分の力で稼げる人材になりたいです。

ウェブカツに投資するだけの価値はあります!

最後に、ウェブカツの受講を迷っている方に向けてメッセージをお願いします。

事務局

松岡さん

カリキュラムに沿って学んで卒業試験を突破すれば、確実に稼げます!
卒業後の稼げる自分に期待して、時間を投資して下さい!

まとめ

今回は、ウェブカツを卒業後年収1000万円の目標を達成した現役フリーランスエンジニアの松岡さんにお話を伺いました。

ウェブカツの受講を迷っている方だけで無く、受講中の生徒さんにとっても役に立つ内容でしたね。

松岡さんのこれからのご活躍を心より応援しております!