ルール無用

ルールとはなんのためにあるのか?

なぜ、ルールを作るのか?

それは、

勝てないようにするためだ。

 

出来るだけみなを平等にするためだ。

 

オリンピックを見ていても、そうだろう。

水泳では、ずっと潜水することはルールで禁止されている。

それは、潜水で日本人が圧倒的に強いからだ。

だから、勝てない奴らから不満が出て、ルールが作られる。

 

しかし、逆を言えば

ルールを気にしなければ勝てるということでもある。

結果を出している人のほとんどが、

このルールを破る事に長けている。

 

ルールはルールでしかない。

ルールは凡人が凡人のままでいるためのものだ。

こういうことを言うと、犯罪に手を染めろってことか?という愚か者がいる。

 

よく見てみろ。

公共のコンセントで携帯を充電していたり、赤信号無視したり、高速で100Kmオーバーで走っていたり。

私たちは普段から実は犯罪者だ。

そんなことを普段は普通にしているのに、ことビジネスとなると正義感を気にする愚か者がいる。

 

よく考えてみて欲しい。

ルールは誰が作ったものか?

どこぞの誰かもわからん奴が作ったルールになぜあなたは従わなければいけないのだろうか。

 

ルールを気にしている限り、あなたは稼ぐことはできない。