【WEBサービス部6】BD設計

キャバ嬢エンジニアの莉恵です^^

WEBサービス部のレッスンが一通り終わったので、今度は自分で一つサービスを作ってみようとしているところです!

私はキャバクラの派遣サービスのデモサイトを作っています。

使いにくいサイトが本当に多いので、将来絶対そのサービスをやりたいと思っていて、その予行練習的な感じですwww

実際には使えませんが、動かせるところまでやろうと思います!

 

前回の記事がこちら

今日はこの続きで、DB(データベース作成)の作成について書きます。

 

使用しているツール

ウェブカツで習っている通り、「phpMyAdmin」という無料のソフトウェアをダウンロードして使っています!

iTunesみたいな感じでパソコンに入れればすぐ使えます。

 

 

名称を紹介

私も習い始めの頃は、データベースに関連する物の名前が覚えられず混乱していたんですが、なんとなくイメージが掴めるようになりました。

私が覚えているイメージのまま書きます!

 

DB(データベース)

先ほどの画像で説明すると、左のずらっと並んでる奴の「kyabahaken」と書いてあるものがDBと呼ばれるものです。
本棚のようなイメージです。

テーブル

「kyabahaken」の下に分岐して生えている「anken」とか「ankenrireki」とか書かれてるやつがテーブルと呼ばれるもので、紫色に変色している箇所は今右側で表示されているテーブルをさしています。(右側で表示されているのはtenpo_NGというテーブル)

テーブルは顧客台帳って感じですね。名前とか生年月日とか住所とかの情報が詰まってるファイルを本棚にしまうイメージです。

カラム

顧客台帳には普通、テンプレートがありますよね、例えば歯医者の顧客台帳だったら、氏名と年齢と住所とあとは前回の診察内容が載っていたりしますよね。

どの顧客も項目は同じですよね。Aさんのページには生年月日の欄があるけどBさんには無い、なんてことは普通ありませんww

そのような「項目名」のことを「カラム」と読んでいます。(普通に日本語で項目名とかでいいのに、、、)

レコード

カラムが縦のラインだとしたら、レコードは横のラインのことを言います。

例えば、あるテーブルに設定されたカラムが氏名、年齢、住所、電話番号の4つだった場合、レコードというのは

早乙女乱馬 17 東京都練馬区◯◯町1-1-1 090-111-111

みたいな、の横1行をレコードと言います。
(らんま二分の一が大好きでして、、天道道場は練馬区らしいですね)

とりあえず、この4つの名称が分かっていれば躓いてもググることができます!w

私が作ってみたテーブルはこんな感じ

とりあえず、キャバクラの派遣サービスでは主に「ユーザー(女の子)」と「店舗(キャバクラ)」と「案件」の3つか変わってくると思うので、それらを軸にテーブルを7つ作りました。

下の画像はそのうちの、ユーザー(女の子)の情報が入る予定のテーブルです。

ウェブカツのレッスンで作ったフリマサービスの時と違うのは、今回は派遣サービスなので年齢制限があったりもするので、生年月日のカラムや最寄駅のカラムも入れました(送り先として必ず必要な情報なので。)

あとこれはテーブルを作る際のお決まりと習ったんですが、各テーブルの最後のカラム3つは

delete_flg (会員と非会員をフラグ分けできる)
create_date(レコード作成日)
update_date(レコード更新日)
の3つを入れるようにしています。

テーブル一覧

私が今回作ってみたテーブルを公開しますヽ(・∀・)ノ

多分、これじゃカラム数が足りないかもしれないんですが、足りるのか足りないのかすら自分で理解できてないので、まあ足りなかったら後から足せばいいや〜と思っていますwww

カラムの隣に書いてあるのは型ですね、数字なのか文字列なのか、みたいな。

 

進捗はこんな感じですね〜!

今は画面のHTMLとCSSを作っていて、もうすぐ全画面終わりそうです。

phpが本番、、、!

 

WEBサービスを1つまるまる動画で作れて学べるウェブカツはここですよ!

過去に本ではHTMLの時点で詰んでた私もなんとかここまでできるようになったw

プログラミング学習スクールのウェブカツ!!

ウェブカツ!!とは本気で一千万円を稼ぎたい人のためのオンラインプログラミング学習スクールです。

「本格的な実務レベル」を学びたい未経験者、スキルアップを目指す現役エンジニアなど毎月約400名が入部し、在学生は次々にエンジニア就職を果たしています。

「どうせ宣伝でしょ?」と思われる方、ぜひツイッターで「#ウェブカツ」と検索してみてください。
ウェブカツの教材がいかに分かりやすく実践的であるかどうかが生徒達のツイートで分かります。

ウェブカツ!!が気になった方はまずは無料の仮入部からどうぞ。

無料の仮入部はこちら