メモ

メモを入力してみよう!


Lesson 01「HTMLとは?」

学習概要

HTML言語とはいったいなんなのか!?1分ちょっとで分かりやすく解説!!

補足

コメントはありません

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson 01「HTMLとは?」 の内容※SEO用のため読めません

HTML言語は、ホームページを作成するために開発された言語で文章の役割ごとに目印をつけていくことができます。

例えば、ある文章の中でも見出し小見出し、段落や画像、表などといったようにそれぞれ内容が分かれています。

一つの文章を「ここからここまでは見出しですよ。」「ここからここまでは小見出しですよ。」という形で内容を分けてあげる、というのが HTML 言語の基本になります。

それぞれの内容に分けた各部分のことを「要素」と呼びます。

このようにどの要素がどんな役割なのかを明確にすることでコンピューターの方で文章内の構造がわかるようになります。

どの文章がどんな役割をしているのか文章に目印として付ける記号のことを「HTMLタグ」略して「タグ」といいます。このタグを文章につけていくのが HTML言語というものになります。

はい、いかがだったでしょうか。HTML言語というのは文章に目印をつけていくための言語なんですね。