メモ

メモを入力してみよう!


Lesson 1「javascriptって何?」

練習を見る

学習概要

WEBサービスの使い勝手を大きく左右するjavascript言語について実際にWEBサービスで使われている箇所も交えながら1分ちょっとでサクッと解説!

補足

今後使うことになるので、隠しファイル・隠しディレクトリを表示できるようにしておいて下さい。→
詳しくはコチラ

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson 1「javascriptって何?」 の内容※SEO用のため読めません

今回から JavaScript について学んでいきたいと思います。

JavaScript は、ブラウザの中で動くプログラミング言語になります。

実際に見ていただいた方が分かりやすいと思うのでこちらをご覧ください。

部活の学習動画右下にあるボタンですね押すとボタンが切り替わります。別のボタンに切り替えるんですね。こういったのも JavaScript でできるようになっています。

他にもですねウェブカツのトップページにある部活動の紹介ですね。

この設立予定の部活を見るというところを押すとさらに内容が表示されます。こういった動きを加えることが JavaScript で出来ます。またですねスマートフォンから見れるページになるんですけれども右上のボタンですね。よくスマートフォンについてることを言ったのでメニューを表示させるしまうこういった動きも JavaScript で急な形になっていますまたですねボタンを押したときに上にこうメッセージをふわっと表示させるこういったのも JavaScript でできていますそして削除ボタンを押したとき HTML で変えた様子を消してしまうこういった動きも JavaScript ですこの夜ですね htmlcss のコードを動的に書き換えられるというのは JavaScript の特徴になります今まで学んできた HTML では文章の構造を作ってきましたそして CSS ではその見た目を作っていきましたそして最後に JavaScript これで動きをつけていくという形になりますはいいかがだったでしょうかレブサービスの使い勝手はですねこの JS によって大きく左右されてきますので必ず使えるようにしておきましょう。