Lesson2「PHPの書き方」

この練習は本入部生のみ閲覧できます。

本入部はこちら

学習概要

PHPの書き方について学習していきます。PHP学習にはWEBサーバー「Apach」とデータベース「MySQL」が搭載された「MAMP」というソフトを使っていきます。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson2「PHPの書き方」の内容※SEO用のため読めません

実際にですね皆さんの方で PHP を動かしながらコードの書き方を学んでいきたいと思いますですねサーバーで動く者なのでサーバーを用意する必要がありますサーバーと聞くと何か大きな子会は必要かと思われるかもしれないんですけれども実は皆さんのパソコンにはですねすでにサーバーと読むのが入っていますサーバーというのは何かを保管しておいて誰かから欲しいと要求があった時にそれを渡すという仕組みを持ったソフトになりますそのサーバーのソフトにはですね色々な種類がありまして例えば一般の職場でも使われますけれども共有フォルダを使って他の人とファイルを共有する仕組みこれはですねファイルサーバーという仕組みがあるからなんですね私たちのパソコンにはファイルサーバーというソフトが最初から入っていますのでそういった形でフォルダを開いたり中に入れたりということができるなっています今回用意するサーバーですね Web サーバーと呼ばれるホームページのファイルを置くことができいるソフトになりますこの後にサーバーというのはただのソフトでしかないので専用の特に機会がなくてもですね私たちのパソコンにもサーバーというもの入れることはできるんですね今回れて大学 Web サーバーソフトはですね無料で使えて一番有名なアパッチというソフトになりますこれを単体でインストールしてもいいんですけれどももっと便利なソフトで満腹というソフトがあります他にもですね Windows だけで使えるというソフトもありますこのソフトのいいところはですね先ほどのアパッチという Web サーバーソフトと共にデータベースのソフトですね MySQL というこれから学んでいきますけれどもそちらのソフトも一緒にインストールすることができますので今回は満腹というソフトをインストールしてきたいと思いますインターネットでテストを検索していただくとホームページが出てきますそこのトップページにダウンロードボタンがありますのでそこからダウンロードしてくださいダウンロードしたらですねファイルを開いていただいてインストールを行いますインストールはですね画面の表示に従ってそのまま次へと進んでいただければインストールができますインストールが終わったらソフト開いていましょうと開くとこのような画面が出てくるかと思います設定ですね色々な設定ができるんですけれども基本的には何も触らずにそのままの設定で大丈夫ですサーバー起動という所を押していただくとサーバーソフトが動き始めますアプリケーションを開いていただいてその中の満腹というところがありますのでそこの中の htdocs というフォルダがありますその中に実際に PHP のファイルを置いていきます今ですねちょっとフォルダをこちらの方では置いてありますけれども最初は空になっているはずですその中に例えばサンプルというフォルダを作って頂いて PHP のファイルを置いていただくという流れになりますサーバーソフトのインストールが終わったので実際に PSP のファイルを作っていきたいと思いますまずエディターソフトのアトムを開きましょう開いたらですね先にファイルを保存しますコマンドでスキーを一緒に押していただいてファイルを保存します保存するファイルの場所は先ほど伝えした満腹というソフトの中の htdocs というフォルダの中になりますお腹に新しいフォルダ作成してください今回はサンプルというフォルダを作りたいと思います作成したサンプルフォルダの中に PHP のファイルを保存して行きます名前はですねインデックスという名前にしたいと思います拡張子は PC ファイルなので. PHP にしてください保存が終わったらこちらの行動を書いてみてください書き終わったらまたコマンドと S キーで保存をしますファイルを保存したらブラウザで表示していましょう Google Chrome を開いていただいてですね新しいタブに切り替えます URL にですねこちらの内容を書いてみてください書き終わったら enter キーを押すとですね 表示されます URL の意味なんですけれどもローカルホストコロン8888となっていますこれはですね自分のパソコンの中にあるサーバーソフトの中のフォルダを示していますので先ほど見ました満腹というソフトの中の HD Dogs このフォルダの中を示していますそしてその URL の後にサンプルスラッシュ INDEX . PHP となってますこれ生でやったパスと同じですねその htdocs というフォルダの中にあるサンプルというフォルダその中にある INDEX . PHP というファイルこれを下さいとサーバーにお願いをしていますおの URL を指定することでそのファイルをサーバーに依頼することができるんですねそしてサーバーからそのファイルが帰ってきて画面が表示されているという仕組みになっています実際のですねコードの中身を見ていきたいと思いますまずですね一行目から3行目までに PHP の甲が腫れています5行目から今まで見られてきた HTML 外科れたのですねそして P タグの中にこれまた PHP 言語に変えていますでどういうことが書かれているかと言うとですねだら STR というのが変数というものを指定していますこれはいい値を保存する箱のようなものですね箱を作っていますその中にこちらの文章文字列をその箱の中に代入入れているというものになっていますほらだら STR という変数の中に文字を入れていますそして聞いたこちらで栄光を解かれています俺行こうというのはですねその後のものを表示しなさいという命令文になりますエコー小田原 STR となっているので奈良 STR は作業との変数鳥箱でしたその変数箱を表示しなさいという命令になりますなんでその箱の中身はこの文字列ですねなので P タグの中にその文字列が表示されます罹災画面見て見てもお茶の文字列が段落として表されてますねツールを見てみてもですね P タグの中を見てみると P タグの中を見てみるとだけど PHP で入れた変数の中身が表示されてますねこのように PHP のコードはサーバー側で処理がされて終わったものがファイルとしてブラウザの方に帰ってきて表示されていますなので PHP のコードはなくなって文字列だけが表示されているという形になってるんですね小なりクエスチョンマーク PHP 開始タグとクエスチョンマーク大なり終了タグその間に PHP の命令文コードレス音を変えていくような形になりますプログラミングというのはですねパソコンに命令を与えていくものになりますパソコンに対してどこまでがひとつの命令なのかというのを示すためにも一つと命令の最後にはセミコロンをつけてあげる必要がありますまたですね今回は HTML と一緒に PHP も書きましたけれども JavaScript と同じようにですね別の PHP ファイルを作ってそれを読み込ませるということもできます次に PHP のかける場所なんですが JavaScript と違って残りの任すことができます HTML の外に書くことも出来ますし中に書くこともできますまたですね HTML は書かずに PHP だけ書くということもできますまたねすね PHP で書くときの気をつけるべき点なんですが HP の開始タグ終了タグで折った部分を一つのブロックだとしてそれを複数のブロック作った場合ですねパソコンの方では全てひっくるめて一つのブロックとして扱われますので一つ目のブロックで変数箱を作ってですね二つ目のブロックでもその変数を使うことができますブロックは全部繋がっているということですね 夏目は JavaScript と同じになりますはどのプログラミング言語でも同じなんですけれども半角スペースですとかタブ改行というのはま変数の名前をつける妻以外であれば無視されますので中に帰っていただいても大丈夫なんですけれども全角ですねの場合文字列ですとかそういった場合にはシングルクォーテーションダブルクォーテーションで囲まないとエラーになりますエラーと言ってもですね PHP の場合は大きく2種類ありまして画面上は普通に表示されるんですけれども裏側でエラーになっている場合の画面が真っ白になって何も表示されなくなるというエラーがありますはいいかがだったでしょうか PHP のはですね画面が真っ白になったり文字が表示されなかったりという場合にはコードのどこかに間違いがありますので注意しましょう