Lesson3「変数・型・配列・連想配列」

この練習は本入部生のみ閲覧できます。

本入部はこちら

学習概要

どのプログラミングでも基本になる変数や、その仲間の配列・連想配列について学んでいきます。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson3「変数・型・配列・連想配列」の内容※SEO用のため読めません

まず変数というものについて学んでいきたいと思いますというのはですねプログラムの中で使いたい文字だとか数値を保存しておける箱のようなものになります明日の書き方なんですけれどもまず一つ目は変数の名前の前にダラーマークをつけて宣言します宣言するというのはこの変数を使うよというのパソコンに伝えるものになりますその変数の名前にはですね英字と数字あとアンダーバーが使えますと小文字は区別されますので気をつけましょうその名前はですね基本的になんでもつけることはできるんですけれども名前の先頭が数字だけは使えませんのでこちらも注意してくださいどのプログラミング言語にも登場してくる変数なんですけれどもその変数にわかったというものがありますかというのは変数の中に何を入れられるかを決めたものになります例えば整数型の変数であれば数字は入れられるんですけれどもも子は入れられない中**になりますこの方にはですね色々な種類があります整数を入れられる整数型小数点付きの数値をいれる浮動小数点型文字を彫る文字列型ちなみに数値としての意思とかさんというものと文字としての13というものは別物ですので注意しましょう覚えるしてないんですがパソコンをまでこういった形というのが決まっているよということだけ意識しておきましょうただそういった変数に入れられるものが決まっている方なんですけれども PSP の場合は他のプログラミング言語とは違うちょっと特殊になっていましてどんなものでも変数に入れるようになっています他のプログラミング言語はですね変数を使う用途制限した時にどの形を使うか間取りを入れるかを決めるような形になるんですけれども PHP の場合は入れたものによって自動的に型が判断されますのでこちら側では特に意識する必要はないですけれども裏側では型が切り替わってるようということだけ覚えておいてください次に変数と同じように列に値を保存しておける配列というものがあります配列は変数を横に並べたようなものでそれを一個の塊配列8して扱うことができますそして中の一つ一つの箱には聞いと呼ばれる番号がつけられます戦闘はゼロからになりますそしてそれぞれの箱に値を入れることができるというのが入れるというものになりますちょうどですね一つの小物入れに間仕切りをつけてそれぞれに小物入れていくようなイメージですねこの配列の名前の付け方は点数と同じになるんですけれども値を入れる時にある絵かっこで囲んでその中にカンマで区切って値を入れていきますこれでパソコンの方では配列を使うんだということがわかりになります配列を作った後にですねさらに間仕切りを追加して箱を追加して値を入れたい場合には角括弧変数の後につけてあげることで配列の最後尾にタコが追加されますイコールの記号はですね右の値を左のものに代入するという印になりますので右の値を左の配列に入れているということになります配列に入れたな髪型取り出したい場合には角括弧の中に先ほどやった気番号ですねを指定してあげることでそこにある箱の中身を取り出すことができます最後にですね配列と同じような仕組みを持った連想配列というものもありますこれ同じように配列のような形で箱が横に並んでいますべきという番号がついていますさらにそこに聞いめいという名前をつけることはできるんですね箱に名前をつけることができます連想配列の作り方はですね入れとくとほぼ同じなんですけれどもあれかっこのかっこの中がちょっと違ってきますかっこの中には決めイコール大なり値という形の組み合わせでカンマで区切って箱に入れてあげるような形になりますをして連想配列の中にですね新しく箱を追加したい場合は角括弧の中に切り目を入れてあげますそうすることで新しくキー名と値の箱が作られるような形になります連想配列の中身を取り出す時にははいれすと同じように番号で指定するかもしくは決め御門学校の中に入れてあげてその箱の中身を取り出していきますおのりですブログ 使いたい値は変数または配列連想配列というものを中に入れてあげて使い回したり編集していくような形になりますでしょうかどんなプログラミング言語でもですねこの変数配列という仕組みは同じになりますので覚えておきましょう