Lesson6「関数」

この練習は本入部生のみ閲覧できます。

本入部はこちら

学習概要

関数について学んでいきます。関数は同じような処理を一塊の処理にして色々な場所から呼び出して使うことができるので、関数を使えるようになると複雑なプログラムも作れるようになります。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson6「関数」 の内容※SEO用のため読めません

今回はですね関数について学んでいきたいと思います関数というのはですね複数の処理ですね命令を一つの塊としてみてですねいろいろな場所からその処理を呼び出すことができるような仕組みになります例えば前回行った if 文これを使って条件によってですね処理を分けたとしますこの場合だと変数 Num の値によって変数なのは何歳ですっていう形で画面操作するような処理ですねこれを条件前に全部書いてありますこのに同じような処理をですね毎回書く能登の面倒でしもちもちに処理を変更したいとなった時に修正が大変なんですねこのような場合には同じような処理を一つの関数としてまとめてしまうことができます同じような処理を一つにまとめてあげてその関数をですね他の場所から呼び出してあげることでコードがすっきりしますしのしのしのメンテナンスが楽になりますこの場合だとですね function と行って関数名を書きます今回の場合トータルという感染していますそしてかっこと書いてその中に息吸うと呼ばれる関数に対して値を渡した時にそれを受け取る器の変数名を指定しますそして関数の中の処理はですね変数リザルトを作ってその中に渡された値かける1.08をして代入していますそしてリターンとすることでこの乾燥呼び出したもとへ値を返すことができます今回の場合だと文字列として変数ナンバーという文字その後に変数 result の中身が文字として入ってきて最後にですという文字が付きますこの一連の文字列を返すというものになりますそしてこの関数を呼び出してるのが右上の3行目ですね英語を通してトータルかっことなってますでトータルという関数を呼び出しますてかっこの中に変数名を指定してますこれは関数に渡したい値ですね今回の場合だと変数 Num なのでその中は100なので薬を渡してますそして母その中で処理が終わって処理の結果が返ってきてその栄光という命令で表示させてるという形になってますね関数というのは例えるとドラクエやったことは分かるかもしれないんですけれども錬金釜のようなイメージですねま家庭的なものアトミックスターのようなイメージですなんだかのアイテムをですねその錬金釜またしてあげるとその駅鴨の中で処理が行われて最終的にその結果新しいアイテム帰ってくるそんなようなイメージですね感想の書き方をもうちょっと詳しく見ていきましょう関数の書き方ですねまずファンクションと書いて関数名を書きます缶詰は何でもいいんですけれども缶詰のルールは閉鎖の時と同じになります大文字小文字が区別されますそしてかっこの中にこの関数で値を受け取りたい引数名をカンマで区切って指定しますこの引数名で値を受け取ってその引数名を変数としてそのまま関数の中で使うことはできますそしてこの関数を呼び出したもとに勝利の結果などをですね返したい場合にはリターン値としてセミコロンで命令してあげることでその値を返すことができますまたですね関数のを書くときの注意点なんですけれども関する名前が同じでもですね引数の個数が違うと別の関数として扱われますのでチューしてくださいはいいかがだったでしょうか関数を使うことで渡す値によって結果を変えることができる感想を使うことでかなりプログラムチックなことができるようになりますので覚えておきましょう