Lesson2「javascriptの書き方」

この練習には本入部生のみ参加できます。

本入部はこちら

学習概要

javascriptの書き方について無料のテキストエディタソフト「Atom」を使って、実際に書きながら学んでいきます。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson2「javascriptの書き方」の内容※SEO用のため読めません

今回から JavaScript を書いていきたいと思います。

今回から使っていくプロジェクトのフォルダを作っていきましょう。

デスクトップに新規フォルダ作成をしていただいてフォルダ名今回はですね JS というフォルダにしたいと思います俺の作成したらテキスト入れたの後の開きましょう頭を開いたらまずファイルを保存しますコマンドと S キーで保存ができますのでファイルの保存先はで制作と作成した J ソウル7画家にしてくださいファイル名はですね今回はインデックスという名前にして拡張子は HTML 形式ですね. HTML という形にしてくださいこれで保存をお願いします保存が終わったらこちらの行動変えてみてください書き終わったら保存しましょう保存したらファイルをブラウザで開いていますそうするとこのような形で javascript の ALERT の画面が出てきますこれで完成になります実際に行動に中身を見ていきましょうとも中身を見てみるとですね今までやってきたような HTML 言語で行動されてますねその中にですね BODY タグの中を見ていただくとスクリプトというタグがありますこれがですね JavaScript のコードを書く場所になりますこのスクリプトタグの中に JavaScript のコード分かれていますでどんなものが枯れてるかと言うとアラートかっことなってますアラートかっことすることでその格好の中を竹田アラートウィンドウに表示させることはできるんですねかっこの中を見てみると文字が入っていますこれが JS ですという文字これをアラートという命令でウィンドウに表示させてるって形ですねもう一度ファイルを開いてみると俺が JS ですというアラートの画面が出てきますこれがレースの行動になりますこの JavaScript なんですが書き方が三つ3通りあります一つ目はですね今やったようにスクリプトというタグを使ってその中に行動を変えて行くな私ですねで二つ目はですねだけど愛してるのタグもありましたけれどもそのタグの中に書くというやり方ですデートした P タグの中に on Click と書いて=としてその中にダブルクォーテーション二つコーテーションの中にコード JavaScript のコードを変えていくという形式になりますえみっつ目は JavaScript 自体はですね HTML と一緒に行くことはできるんですけれども JavaScript だけ書いたファイルを作ることもできますそのファイルをですね HTML ファイルに読み込んで JavaScript を作動させる動作させるとやり方ができますを言った三つの書き方できるんですけれども基本的には1の形式で書いていただいて量が多くなりそうであればいいしてみると一緒だとうこちゃごちゃになってしまうので3の形式で別のファイルにしてソロ読み込ませるという形で変えていきましょう次ですね JavaScript かける場所というのは3通りありますまず一つ目は HTML の HEAD たくないですねその中に Script タグを使って変えて行く方法ですそして二つ目は先ほどと同じように BODY タグその中に変えて行く方法を見つめ酒とやりましたタグ自体の中に変えて行くようです on Click を使って書く方法にありますこれはちょっとおすすめできないんですけれども基本的には一果に熱からの形で考えてくださいこの JavaScript なんですが気をつけるべき点というのがありますまず一つ目はですね記述するときの位置ですね愛してるとの位置関係に注意をしてくださいとどういうことかと言うとですね JavaScript というのは JavaScript の中で実際に演出を書き換えたりということができます指定するタグなどに対して JavaScript で書き換えたい場合にまずブラウザ馬鹿ですねその他を読み込む前に JavaScript を読み込んでしまうとどこの要素って言われてしまうのでちゃんと動きませんなので 要素を指定したい場合にはその要素の下以降に JavaScript を書くようにしてください二つ目はですねどんなプログラミング言語でもこれ同じになるんですけれども半角スペースだとかタブ改行というのはこれから行っていく変数という名前をつける最中でなければ無視されますのでその途中でいくら書いていただいても問題ないんですけれども全角の場合ですね全角の場合はシングルクォーテーションもしかダブルクォーテーションで囲まないとエラーになります動かなくなりますのでそこだけちょっと注意をしてください翼ですね半角スペースじゃなくて全角のスペースが混じったりすると目では見えないんですけれども実際に動かないということが起きてきますので授業してくださいみっつ目はですね HTML でもやったパスについてないますだけどもやりましたけれども JS ファイルを外部ファイルとして一つのファイルを作ってそれを htmlファイルに読み込ませるということができますその場合なんですけれども例えば JS で CSS ファイルなどのファイルをですね読み込む場合 JS ファイルからを起点にして CSS ファイルを指定するのではなくてその JS ファイルを読み込む HTML ファイルそこを規定に指定 CSS 読み込みたいファイルを指定しますのでレースを使ってファイルを読み込むときのパスの指定方法は注意をしてくださいはいいかがだったでしょうか jsia して今帰るに直接書くことができるって事ですね書くときの書き方と書く場所に注意をしましょう