Lesson3「色々な演算子」

この練習は本入部生のみ閲覧できます。

本入部はこちら

学習概要

どのプログラミング言語でも共通となる、変数や演算について学んでいきます。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson3「色々な演算子」の内容※SEO用のため読めません

はいでは今回は演算子について学んでいきたいと思いますというのはする時に使う記号になりますからその記号どんなものがあるかというのを見ていきたいと思いますまず一つ目は今までにあった=ですね代入演算子と呼ばれるものであります右の値を左に入れるというものですね左側にあるバーナムというのは変数を宣言しています変数というのは値を入れておく箱のようなものになりますと書いて変数名を自分の好きなものを否定することでその名前の変数という箱が出来上がります今回の場合は変数 Num という箱に=を使って値を代入している中**なりますそして他には算術演算子と呼ばれるものがあります俺は普通の計算ですね足し算引き算掛け算割り算というものですね直接数値を使ってんどうすることも出来ますしんすを使って演算することもできますプログラミングで特殊なのは五番六番ですねまず5番甘利山というものがありますこれは割り算なんですけれども割った値のあまりこれを計算できるものになりますそして6番のインクリメントデクリメントこれはですね変数に++とやることで変数の中身に対して+1されますこれがインクリメントです同じにマイナスマイナスとやることで変数に対してマイナス1をすることができますこれがデクリメントになります単純にプラス一と書くよりも簡単に書けるってことですねそしてですね他にも比較演算子というものがありますこれは次回以降にやっていくゆ二分帳の中で使い物になります英文というのは条件によって命令を変えたい処理を変えたいという時に使うものになるんですけれどもいい風かっことしてかっこの中にその条件を変えていきますその条件を書くときに使うのが比較演算子です例えば一応見てみると Num ==3となっていますなので変数鍋が3かどうかさんと同じかどうかその条件によってこれを実行するよという名分岐の仕方ができます数学で習うなものと同じで何かと何かを比較するという希望になります最後にですね論理演算子というものがありますこれは酒の比較演算子と同じような場面で使うんですけれども何かと何かを比較するそれだけでなくてその比較を複数並べたい場合に使うなものになります例えば一応見てみると変数 Num が3の場合かつ変数 Num 2が8の場合にこの処理を実行するよという意味になります大分演算子を使うことで色々な条件で処理を切り分けることができるなりますいかがだったでしょうかこういった演算子でですね計算をしたり条件によって処理を分けたりすることでえーぶサービスというのはできてますのでしっかり学んでいきましょう