Lesson4「色々な構文」

この練習は本入部生のみ閲覧できます。

本入部はこちら

学習概要

どのプログラミング言語でも共通となる、条件分岐や繰り返し処理の構文について学んでいきます。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson4「色々な構文」の内容※SEO用のため読めません

はい今回はですね構文と呼ばれるものを学んでいきたいと思います。

構文というのはですね条件によって処理を変えたりだとか繰り返し同じ処理ができるような文の書き方になります。

一つ目は条件によって処理を変えたいという時条件分岐と呼ばれる文の書き方がありますその一つが SWITCH 文と呼ばれるものです。

どういうものかと言うともし何々の場合にこういう処理をするよまたはこういう場合にこういう処理をするよまたはという形で快適守れないます。

書き方はスイッチかっことしてかっこの中に判定に使いたい条件率変えたいんすだとか値を設定しますその後に中括弧で囲って中に係数と書いて値を設定しますそして転んで区切って実行したい命令を書いて最後にブレークセミコロンで終わらせますひとくくりを同じようにしたにかえていくとその場合はその場合はという形で条件分けることができます1番目の霊を見てみるとスイッチかっこナムとなっているので変数なこれを条件に使っていますケース1となっているのでこの変数7が1の場合その後の処理があります次にケースにがあるので変数 Num が2の場合という形で条件を分けることができますもう一つですね先ほどと同じように条件分岐をさせる文の書き方で IF 文と呼ばれるものがあります酒のスイッチ部よりですねこちらの IF 文の方が実際使えるケースが多いんですけれども例えば一つ目を見てもらうと皮膚科異なって中学校で囲われてますねかっこの中に条件を指定しますね中学校の中に実際にその場合の処理を変えて行くという形になりますこの場合だと変数 Num が3の場合にその中の処理をしますよというものになります2番目はですね条件を二つに分けたい場合ですね同じに行く格好としてそんなか条件を書きますこの場合だと変数 Num が3の場合にこの処理をしますよね中学校の後にですねるすまた中隔がありますこれはえるすというのはそれ以外という場合ですなので数七が3の場合これをしますよそれ以外の場合この処理をしますよという形になりますそして三つ目はですねさらに条件を複数に分けたい場合です同じように二中学校として変数七羽さんの場合とありますその後に ELse if 括弧中括弧とすることでそうじゃなくてもしこの場合という意味になりますたので変数 Num が3の場合にこの処理をしますそうじゃなくて変数何が5の場合にはこの処理をしますと分けることはできるんですねさやみる電マ耐えるストしてそれ以外の場合はと付け加えることもできます次に書類を繰り返したい場合に使う while 文というものがありますこれはですねこの条件の間にこの処理をずっと続けますよという書き方ができるんですね貸方ですね見る格好としてかっこの中に条件式を書きますそして中学校の中に実際にその条件にあった時の処理を変えていくという形になります一之江を見てみると変数アニマル0を入れてますそして while 確固として過去を中に条件が入っていますね変数愛が比較演算子を使って1000円未満の場合に中学校の中の処理を繰り返しますよというものがありますアラート愛となってるので変数愛ですねアラートウィンドウに表示しますよそして愛++となっているのでこれインクリメントですね数は愛にプラス一してますどうなるかと言うとですね変数は愛を作ってその中に0を入れていますそして while 文でまず条件を確かめます変数愛が1000未満かどうか条件に当たるのでその中の処理を実行しますアラート Y 7でアラートウィンドウに変数愛の中身を表示しますそして愛++て愛にプラス一しますそしてまた繰り返します変数 今かどうか本当は変数愛は1ですので1000未満なのでまたその中の処理が実行されてアラートで1が表示されててまたインクリメントで今度人になってという形で0から999までがアラートウィンドウで表示されなかった子になります同じような繰り返しの書き方でですねこはぶんというものがありますこれも while 文と同じようにですねある条件の愛だこの処理をしますよという意味合いの書き方にあります書き方ですねを開くことしてかっこの中に条件を変えて行くんですけれどもセミコロンで区切ってあげますかっこの中はですね三つに分かれていますまず一つ目なんですけれどもばあ=1となってますねこれはこの繰り返しセブンのですね一番最初一回だけ実行したいものを書くんですけれどもこのままだとばあ=1なので変数 I を作ってそん中に手を入れているっていう形になります魚のホイルもですね最初に変数 i に0を代入してましたけれどもそれをここに帰ってるのものですねそして二つ目はですねこの繰り返し前の最初に繰り返し処理を行っていいかどうかの条件を変えてきますそして最後にはですねそのループ毎の一番最後に実行したい処理を変えていきますこの場合だとインクリメントしてるのでループの一番最後に変数 Y を弄りあげるよという意味ですね先ほどの while 文と同じようにですねこの場合だと最初変数に1が入っていて1が表示されてという形になるので1から999まで表示されるな形になります while 文と比べて不安の方がちょっとコンパクトにかけるっていうのが特徴になりますいかがだったでしょうかまずは条件によって処理を変えたい場合には if 文繰り返し処理を行いたい場合にはフォア文という形で覚えておきましょうではまた次回お会いしましょう