Lesson5「関数」

この練習には本入部生のみ参加できます。

本入部はこちら

学習概要

どのプログラミングでも共通となる関数という仕組みについて学習していきます。関数が使えるようになると複雑なプログラムも作れるようになります。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson5「関数」の内容※SEO用のため読めません

はいでは今回は関数について学んでいきたいと思います。


関数というのはですね複数の命令を一つにまとめてそれを色々な場所から呼び出せるという仕組みのものになります。


例えばこんなことがあったとします。


このコードはですね自分を使って何もの値によって処理を変えているような形ですね。


を言った場合関数を使えばこのような形で書くことができます先物 if 文の中の処理を一つにまとめてしまうんですねそしてその書類をそれぞれの IF 文の中から呼び出すという名ことができますこの関数の書き方なんですが function とまず書いて関数名を決めます関数目で使える文字はですね半角の英字後は数字ですねそれとアンダーバーを使うことができますやを文字と小文字はですね区別されますので気をつけてくださいそして書くことを書いてその中に引数名というものをカンマで区切って入れていきますこの引数名というのはですね変数と同じもので値を入れておく箱を作っておくということです粉で作っておくかというとこの関数を呼び出した時に値を渡すことができますこの関数に値を渡すことができるんですねなので値が渡された場合にその値を保存しておく箱を作って送るということですそして関数の中中学校を変えてその中に実際の命令処理を書いていきますもしその関数でですね関数を呼び出したもとへ値を返したい場合何か処理をした後の結果を返したい場合とかですねにはリターンとしてその値を指定して最後命令文の最後ですねセミコロンをつけてあげれば関数を呼び出したもとへ値を返すことができます感想を書くときなんですが関数名同じにしてもですね引数の個数が違った場合受け取る値の箱ですねが違った場合には歩数が違った場合には別の関数として扱われますので注意して下さいこれを踏まえて先ほどの行動をまた見てみるとですね function と一番下の右下ですねかれえていてトータルという関数名がついていますかっこに引数がついていますが引数という名前の箱を2くっていますそしてその中に処理がされていますねばーとしてリザルトでリザルトと変数名を作っていますその中にコールで代入ですね何を代入しているかと言うと息吸うという変数ですコラたいですね受け取った値かける1.0チャンダマ消費税分をかけてような形ですリターンとして文字として変数 Num はてプラスでですね俺変数を文字として扱うような形になりますあの後に変数の値ですねを文字として入れて最後ですで閉じて一連の文字列ができていると言うな形ですこの文字列をこの関数を呼び出した元に返しているということですねそしてその関数の呼び出し元例えば右上の if 文の中ですねアラートとなっているのでアラートウィンドウを出しますという命令をしてますその中に何を出すかというところでトータルという関数を呼び出していますその関数に渡している値がありますそれが変数七渡しています今回の場合変数700を入れてますので100が関数に渡されるということですねそして帰ってきた結果をアラートというウィンドウに表示させるという仕組みになっていますこの関数というのはですねドラクエをやったら分かるかもしれないんですけども錬金釜のようなイメージですね家庭的なものとミキサーだとかをイメージしてもらえればいいかと思うんですけれども何か複数のアイテムをですねその錬金釜関数渡してあげてそしてその錬金釜中で色々な処理がされてその結果に新しいものが返ってくるそんなようなイメージのものが関数というものですねミキサーでも同じですね何かバナナとか果物を入れると新しいジュースが出来上がるといったイメージのものになりますか関数を使うことで渡す値によって結果を変えることができる関数は使えるようになると辛い複雑な処理もできるになりますので覚えておきましょうではまた次回お会いしましょうさよなら