Lesson7「ローカル変数とグローバル変数」

この練習は本入部生のみ閲覧できます。

本入部はこちら

学習概要

変数のスコープ(使える範囲)とローカル変数、グローバル変数の違いについて学んでいきます。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson7「ローカル変数とグローバル変数」 の内容※SEO用のため読めません

今回はローカル変数とグローバル変数というものについて学んでいきたいと思います今までに学んできた変数というものにはですね実は使える範囲 SCOPE というものが決まっています例えば PHP で書かれたこのようなことがあったとします当たるーという名前の関数の中には Result という変数を作ってその中に引数で渡された値にかける1.08をしてそれをリターンで呼び出し元へ返していますそしてその下にはトータルという関数を呼び出しているコードがありますそしてさらにその下には関数で作られた result という変数これを表示させようとしています実はこの一番最後のコードというのはエラーになりますかと言うと関数の中で作られた変数というのは関数の中だけでシャツ買うことができないんですねなので関数の外でつの変数を使おうとしてもエラーになってしまうということですこの関数の中で作られた変数のことをローカル変数と言います反対に関数の外で作られた変数のことはグローバル変数といますこのグローバル変数は関数の中でも使うことができるのでどっからでも使うことができるとことですねただ今回のこーどのように関数の中でこの辺数を表示させようとしても何も表示されませんでも関数の外でこのグローバル変数を使った時にはきちんとを使うことができますこれはなぜかと言うと関数の中で使われる変数というのは全てローカル変数として処理されてしまうからねなのでこの場合関数の中では新しいローカル変数 Num が作られてしまいますじゃあ関する中でグローバル変数を使いたい場合どうすればいいかと言うと使いたい変数名の前にグローバルというものをつけますそうすることでグローバル変数の方のナムを使いたいんだよということをパソコンに伝えてあげるわけですねそうすることで関数の中でもグローバル変数を使うことができるになりな子のように変数の中にもローカル変数と呼ばれものとグローバル変数と呼ばれるものがありますので注意しましょうはいいかがだったでしょうか返答を作る場所によってですね使える範囲というのが決まってきますので作る場所に注意するようにしましょうではまた次回お会いしましょうさよなら