Lesson8「データベースってなに?」

この練習は本入部生のみ閲覧できます。

本入部はこちら

学習概要

情報をずっと保存しておけるデータベースの仕組みについて学んでいきます。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson8「データベースってなに?」の内容※SEO用のため読めません

今回はデータベースというものについて学んでいきたいと思いますデータベースというのはクライアント他のパソコンからの要求に対して情報の保存だとか編集削除を効率的に行うことを目的としたソフトのことをいいますその専用のソフトを入れたパソコンのことをデータベースサーバーと呼んでいます情報を保管しておくための専用のパソコンということですねデータベースには情報の保管の仕方仕組みによってですね色々な種類がありますただ今最も使われているのは関係データベースというものになります関係データベースというのはデータ情報ですねぎょうと列の表形式で保存する仕組みのものになります例えばネットショップのようにインターネット上で何かを購入した場合にその購入の履歴情報ですね保存したいとしますその場合購入明細というこういう表を作ってですね情報を保存していきます今まで私たちが神ベース茹で保存していた仕組みと全く同じですねこの表には別名と呼ばれる項目名があってそれぞれの項目ごとの列があって購入した一言の業というものがありますこの行トレスできた表には病名がついていますパソコンでよく使うエクセルのようなイメージですね実際にはデータベースの方では別のことを絡むと呼んで行のことはあれコード表自体のことはテーブルと呼んで表明のことはテーブル名と呼びますとの関係データベースのしくみのメリットなんですがテーブル労働省ですねつなげてそのつなげた状態で情報を抽出は検索ですねかけたりすることができるというのは大きなメリットになりますそう言ったように情報を検索したりという形で管理するソフトのことをリリースなる database management system と言います rdbms と書くんですが情報を保存するソフトとそれを管理するソフトがあるとこですねどちらも含めてデータベースと呼ばれることが多いですこのテーブル同士をつなげるというのはどういうことかと言うと例えば作業のと同じように購入明細というテーブル表があったとしますその作ったテーブルに情報をどんどん購入した人たちを保存していくわけですねただそう言ったように保存をして行くと毎回同じ情報を保存しますこの場合だと名前だとか連絡先というのは毎回同じですよね毎回同じ情報を保存するというのはちょっと効率が悪いのでどうするかというとテーブルを分けてあげます今回の場合だと顧客情報というテーブルを作ってその中に名前だとか連絡先という顧客の情報を保存していきますそしてその顧客情報にはそれぞれ顧客 ID という形で ID を振ってあげますそしてもう一つ購入明細というテーブルを作ってそちらの方に顧客が購入した商品だとか購入金額を保存していきますこの購入明細テーブルには顧客 ID を振ってあげます購入した顧客の ID ですねそうすることで顧客情報テーブルの顧客 ID と購入明細底部の顧客 ID これを関連付けられるのでテーブル同士を関連付けることができますテーブル同士を関連付けておくことで実際に検索をするときに顧客情報テーブルと購入明細テーブルをくっつけてですね情報を引き出すことができます検索することができますこのようにテーブル情報同士を結合してくっつけて検索ができるというのがデータベースの特徴になりますはいいかがだったでしょうかデータベースというのはテーブルカラムレコードで成り立っている情報をずっと保存しておけるソフトということですねではまた次回お会いしましょうさよなら