メモ

メモを入力してみよう!


Lesson1「WordPressって何?」

学習概要

ブログのついたホームページが簡単に作れるWordPressについて、実際の管理画面や投稿などシステムを見ながら学んでいきます。

補足

コメントはありません

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

既に出ている同じ内容の質問やレッスン以外の質問には回答致しません。こちらから既出の質問・回答をワード検索できます。(仮入部部員は利用不可)

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson1「WordPressって何?」の内容※SEO用のため読めません

みなさん、WordPress部へようこそ。 
こちらの部活では、WordPressについて学んでいきたいと思います。 
今回は、WordPressってどういったものなのか? について見ていきたいと思います。 


「WordPress」というのは、ブログの機能が既に入っている「工作キット」のようなものになります。 
「CMS」というのは、投稿したり、編集をしたり、削除したり、一覧で表示したり、といった管理画面のシステムが付いているものになります。 

こういったCMSの中には、MovableType(ムーバブルタイプ)と呼ばれるものだったり、他にも色々な種類があるんですけれども、 
WordPressが最も世界で一番使われているものになります。 

そして、WordPressで作ったサイト・ホームページというのは、SEO効果というものがすごく高いです。 
SEOというのは、GoogleやYahooで検索したときに、結果が上位に表示されてくる可能性が高いということですね。 


実際に、WordPressがどんなものなのかを見ていきたいと思います。 

こちらは、私が運営している、WordPressのテンプレートを販売するサイトになります。 
こちらのホームページも、実はWordPressで作られています。 

メニューの「ブログ」を押すと、ブログに飛びます。 
これがブログ機能ですね。 
ブログの一覧がまず表示されて、それぞれの個別の記事をクリックすると、個別の記事ページへ飛ぶことができます。 

他にも、PHPでメールの送信プログラムを書かなくても、簡単にお問い合わせのフォームを作ることができます。 
他にもブログの投稿だけではなくて、カスタマイズをすれば、商品を登録することができます。 
そして商品ページを作ることも出来ます。 


では、このWordPressでできたサイトの、管理画面を見ていきたいと思います。 

管理画面には、ユーザー名とパスワードを使ってログインをしていきます。 
ログインをすると、このような画面が出てきます。これが管理画面です。 

左側にあるメニューの「投稿」をクリックすると、投稿したコンテンツの一覧が出てきます。 
これで投稿したブログの編集・削除を行うことができます。 

そして、左上の「新規追加」を押すと、ブログの投稿ができるようになります。 
タイトルを入力したり、その下に文章を入れることができます。 
文章には、アメブロなんかと同じように、文章の色を変えたり、文字の大きさを変えたりといったこともできます。 
文章の入力が終わったら、下書きとして保存したり、プレビューで実際の表示を見たり。あとは「公開」を押せば、実際にブログが公開されます。 

他にも、ブログごとにカテゴリーで分けることができます。 


(外観→テーマ をクリック) 
デザインを変えることができるんですね。 
テーマは上の「新規追加」を押すと、無料のWordPressのテンプレートが色々と出てきます。 
これをそれぞれインストールすることで、WordPressサイトのデザインを変えることができます。 

他にも「外観」→「カスタマイズ」をクリックすると、WEBサイトのタイトルであったり、キャッチフレーズ、他にもロゴを変えたりということもできます。 

ほかにも「外観」の「メニュー」という所では、トップのメニューだとかフッター(下の方)のメニュー、こちらのメニューの項目を変えることもできます。 
メニューの順番を変えたりだとか、メニューの名前ですね、表示名を変えたり。クリックしたときのリンク先を変えるということもできます。 

「外観」の「エディター」という所では、実際このWordPressというのはPHPファイルで全て作られていますので、そのファイルの中身を編集することができます。 
この画面だと、いまスタイルシートを表示していますので、スタイルシート、CSSですね、そちらの内容を書き換えることができます。 


他にもWordPressで大きな特徴として、「プラグイン」というものがあります。 
これはWordPressを使いやすくするための機能が、簡単に付けられるものになります。 

ホームページを見てくれた人が何人いたのか分かるような「アクセス解析」というものを入れられたり、 
簡単にお問い合わせフォームを作れるプラグインというものを入れられたり。 
facebookのいいねボタンだったり、Twitterのツイートボタンだったり、そういったソーシャルボタンを簡単に付けられるプラグインというのもあります。 


他にも「固定ページ」という所では、新しいページを作ることができます。 
先ほどの「投稿」という所は、「ブログ」という中に投稿の内容が追加されていくものでしたけども、固定ページというのは、このように一つのページができあがります。 
今回の固定ページの場合は、フッターのメニューから飛べるようにしてあります。 


他にも、固定ページやブログの投稿画面から、メディアを挿入して、写真や動画を追加することができます。 


このように、ブログのような何らかのコンテンツを登録したり、編集したり、削除したりといった管理ができるというのが、「CMS」と呼ばれるものになります。 


はい、いかがだったでしょうか。 
WordPressを使えば、ホームページの知識がなくても、簡単にホームページが作れてしまうということですね。 
ではまた次回お会いしましょう、さようなら。