Lesson9「データベースを使ってみよう!」

この練習は本入部生のみ閲覧できます。

本入部はこちら

学習概要

データベースを実際に操作してみましょう。phpMyAdminというソフトを使ってデータベースにテーブルを作ったりデータを入れたり編集・削除、検索を行っていきます。

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson9「データベースを使ってみよう!」の内容※SEO用のため読めません

今回はデータベースを実際に使ってみたいと思います PHP 部の最初の方でインストールしたまんぷを開きましょう開いたらですねサーバーを起動というところをクリックしてくださいクリックするとブラウザが立ち上がってこんな画面が表示されるかと思いますそれをクリックしたことであっパッチと呼ばれる Web サーバーと MySQL と呼ばれるデータベースサーバーが起動されて動いていますそしたらですねデータベースを簡単に操作できる PHP My admin というソフトを開いていましょう上のツールから PHP まとめを開くとこのようなログインの画面が出てきますデフォルトの状態ではユーザーパスワードというのがルートどちらもルートになってますのでそのままでログインをしてくださいそうするとデータベースを操作できる管理画面が出てきますこちらの方では既にデータベースをいくつか作っているので左側にいくつかあるんですけれども今回また新しくデータベースを作っていきたいと思いますやメニューをクリックするとデータベースの作成画面が出てきますそこでデータベースの名前を入れてあげます今回はサンプルとして文字コードというのを指定してあげます基本的にはですね UTF 8 General CI というものにしてください門司区風呂というのは色々種類があるんですが基本的に覚えなくても大丈夫ですデータベースの名前と文字コードを設定したら作成というボタンを押しますそうすると左側にサンプルというデータベースが作成されましたサンプルというところをクリックするとですねこちらの画面が表示されますテーブルというのを作成してないので何も入ってませんよという形で表示されてますのでこれからテーブルというのを作っていきたいと思いますテーブルの名前は今回はユーザー情報を格納するテーブルにしたいと思うので融通という名前にしてください押してからの数ですね項目数なんですがこちらの数は7にして実行をしてくださいそうするとそれぞれのカラムを指定する画面が出てきますここでそれぞれの項目名だったり種類だったりというのを指定していきますまず項目名一つ目は ID としましょうデータ型はイントロままで大丈夫ですデータ型というのはこの項目に入れられる情報の種類を示していますインと刀ので数値しかいられませんよっていう形になりますそしてインデックスをプライマリーとして Auto increment と AI というところをクリックしますチェックを入れておきます基本的にはテーブルには必ず ID というものがあってその ID というのはプライマリーというのとオートインクリメントというものをつけておきましょうプライマリーに指定した項目はこの項目は識別番号ですよーということになります Auto increment を指定すると自動的に番号が繰り上がって登録されていきますそして二つ目の項目はクレジットカードとしてデータ型をデートタイムとしますみっつ目は Update IT at としてデータ型をタイムスタンプとします create 後は作成日のために項目として入れていますそしてデートタイムというのは日付形式で情報が保存できるということですねアップデート IT AT というのは更新日のことをいますデータ型をタイムスタンプとすると更新したときに自動的に日付を入れてくれますそして次にデリートフラグというものをつけましょうデータが飛ぶ凛とすることで TRUE または false どちらかしか情報としていることができないというものになりますこのデリートフラグというのは後々説明しますけれども実際に情報を削除するときに物理的に削除してしまうんではなくてこのデリートフラグを1にすることで削除されましたという印になります次にユーザーネームを作りましょうデータ型はばあキャラとしますこれは文字列を入れる方ですねとした値は255としておきます255というのは保存できる最大の文字数になりますそして次にパスワードというカラムを作りましょうデータ型同じくバーキャラにして255にします次に E メールというからも作りましょう あなたはこちらもバーケラにして255にします入力あったら保存しましょうそうするとこのような画面が表示されてきますテーブル名ユーザーズというものが出来てますね左側のメニューのようなところにもユーザーずっと読むのができています上のタブの表示というところもしくはユーザーずっとテーブル名をクリックしてくださいそうすると腰やの画面はそのユーザー角テーブルの中に入っている情報を表示しています小倉から何も入ってないので表示されてないですねこれから情報を保存していきたいと思います上のメニューの挿入というところをクリックすると情報を保存する入力する画面が出てきますが実際に入力をしていきたいと思いますまず ID カラムなんですがこれは特に入力をしなくても大丈夫です自動的に番号が割り振られていきますのでとしてくれないとあっと作成日なんですがこれは適当に入れていただいて構いませんそしてアップデートのカラムはこちらは更新した時に勝手に入ります押してデリートフラグも勝手に最初0が入るのでそのままで大丈夫ですそしてユーザーネームに適当な名前を入れておきましょうパスワードも適当で構いません E メールも適当に挿れちゃいましょう入れ終わったら右下の実行というボタンを押しますそうするとデータが保存されました上のタブにある表示をクリックしてみると保存された情報が表示されますの一行がレコードと呼ばれるものですねそしてレコードの編集をクリックするとそのレコード内のカラムの値を変更することはできますそしてコピーでレコードを複製することができますまたですね削除を押すとレコード自体を削除することはできますまたですね今回はちょっとレコードを三つに増やしておきたいと思いますこのように三つに増やしておきましたそしたら次はですねタブの検索という所を押してくださいそうするとここでレコード情報の検索を行うことができますそれぞれのカラムに対して値を入れることでその値がイコールかどうか同じかどうかはそれより小さいか大きいかどうかといったような色々な形で検索をかけることができますこの like というのは部分一致ですね指定した値がその中に含まれているかどうかという形で検索ができます今回は E メールで検索をかけてみたいと思いますウェブカツの e-mail を持っているユーザー情報だけを検索してしますこれですね実行してくださいそうすると上部活のメールアドレスだけ持っている二つのユーザー俺が検索に引っかかってきましたいった形で検索をかけることはできるんですね次に上のタブメニューの構造というところを開いてみてくださいそうすると今まで登録したカラムの一覧が出てきます後にさらに項目からのですね追加したいなと思った場合この下の方ですねここでカラムをさらに追加することはできます何個のカラムを追加するのかテーブルの先頭に追加するのか最後に追加するのかそれとも指定したカラムの後ろに追加するのかというのをやめることができます E メールのカラムの後に追加したいと思います追加するカラムはプロフィールのプロフとしましょうデータ型は文字列を入れられるテキストという形式にします高田馬場からよりですねより多くの文字を入れることができる形式になりますして実行しましょうそうすると絡むが追加されましたまた構造を見てみると E メールの下にプロフと言うから目が追加されてますね ところをクリックして今度は保存されてる情報の方を見てみると脅された情報の方にも絡むが新しくプロ風というものが追加されていますこの PHP は新しいバージョンなので直接データの方に入力をして編集をするということも可能です古いバージョンのものはできなかったりするので注意してください今度はまた新しいテーブルを追加してみたいと思います左のリストの方からですねニューをクリックしてテーブルを追加する画面を表示しますインターネットでよくある掲示板この掲示板の情報を保存したいのでボードというテーブル名にしたいと思いますそして今までと同じように ID で Primary Auto increment としてクリエイティブとあとデータ型がデートタイムですねそしてアップデート AT としてうちらもデータ型はタイムスタンプという形にしますそして delete フラグというカラムを作りますデータ型はぶりんですねこれからのがちょっと足りないのでカラムを新しく追加したいと思いますテーブル名の横にありますのでそこに何個のカラムを追加するて実行としますソロカラムが新しく追加されましたねその後にまた帰って行きます次の空まユーザー ID としてデータ型ワインとですねそして最後はコメントというカラムを作ってデータ型テキスト型にします最後に実行するボタン保存するボタンを押しますそうすると新しいテーブルが作成されました左側出てきてますねデータベースをクリックしてもそれぞれのテーブルが表示されますこの中には何も入ってませんね構造です酒を作ったカラムの項目名の一覧が出てきてますね次にですね SQL というものを見ていきたいと思います SQL というの SQL 言語プログラミング言語の一つになるんですけれども上のメニュータブのですね SQL というところをクリックするとその SQL 言語を直接入力して書くことができますこんなような言語になってるんですがこれまた次回から学んでいきますけれどもこういった形でここから直接 SQL 言語を使ってデータベースを検索したりでテーブルを作ったり削除したりといった編集作業が行うことはできますりさ2 Web サービスを作る上ではこう言った SQL 言語が書けなければいけないのでまた次回から学んでいきたいと思います今回は簡単にですねちょっと SQL 言語で行動変えてみたいと思います今買えた SQL は部活のメールアドレスを持っているユーザーを検索する SQL です実行押すとこのように避けると同じようにですね部活という E メールを持つユーザーが検索されました先ほどの検索の時もですね実は同じように同じように E メールを部活の E メールを持つユーザーで検索をしたいと思いますこれで実行すとですねウェブカツのメールアドレスを持つユーザーが検索されましたね上を見てみると同じようにこれ SQL が書かれています避けると若干違うんですがほら like という形で部分一致の検索方法なんですけれどもこういった形で実話です PHP メールドメインというのは自動的に操作した内容の SQL 文という命令文を作ってくれますそれをデータベースサーバーに送信することで実際に検索結果なりを表示させているというものになるんですね SQL というものを書かなくても簡単にデータベースを操作できるというのが PHP My アドミンのソフトになります はいいかがだったでしょうか次回は実際に Web サービスで使うときには欠かせない SQL 言語について学んでいきたいと思いますまた次回お会いしましょうさようなら