Lesson 10「SQLを使ってみよう!」

この練習は本入部生のみ閲覧できます。

本入部はこちら

学習概要

データベースを直接操作することの出来るSQL言語を学んでいきます。簡単に覚えられる言語なので気負いせず頑張りましょう!

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson 10「SQLを使ってみよう!」の内容※SEO用のため読めません

今回は SQL 言語について学んでいきたいと思いますがやりましたが SQL 言語というのはデータベースを直接操作することのできる言語になりますそして PHP 言語とですね一緒に書くことができるんですねまた新しい言語を覚えないといけないということでちょっと嫌になってしまうかもしれないんですが SQL 言語は簡単に覚えられますので頑張って学んでいきましょうまずデータベース自体を作るには SQL 文に書きます create database として作りたいデータベースの名前を入れてあげます SQL 言語も今までのプログラミング言語と同じでそれぞれの単語の間には半角スペースを入れてあげてくださいこの create database という命令自体は小文字でも文字でもどちらでも大丈夫です実際に PHP マートみんで確認してみたいと思います前回と同じようにソフトを開いたら SQL という tab のメニューの方ですねをクリックしてくださいそこで SQL を書くことできますのでこちらのような SQL を変えて実行をしますそうすると新しいデータベースサンプル2というデータベースが出来上がりましたこのように SQL というメニューのところをこの画面で実際に SQL を打ち込んで確かめることができますでは SQL の続きを見ていきましょう次はテーブルの作成ですね英文作成には create Table ってテーブル名を指定してあげますそしてかっこの中にはカラム目のフィールド名と思うんですがそちらとデータ型をカンマ区切りで指定してあげますねを見てみるとかっこの中は ID と言うからの館データ型がいんと形ですね通知して入りませんよそれプライマリーキーとありますこれはレコードを判別するための ID ですよということを示していますそしてオートインクリメントというのは AI と PHP My Admiral やつですねいちにさんしごと自動的に番号が繰り上がっていくものですねそしてその下睡テキストといってテキストが違って not Null とありますこれはこの空のに振るを保存できませんよというものになります null というのは値が何も入っていませんよと示すプログラミング言語特有の記号になりますから文字とは違うので注意して下さいから文字というのは文字であっても子だからですよという意味になりますこの辺りは後々また説明していきます次にテーブル自体を削除するにはドロップテーブルとすることでテーブル名を指定するとテーブル自体を削除することができます他にもレコードを挿入したい場合は insert テーブル名を指定してセットとしてそれぞれフィールドメイトレコードを指定してあげますイールドカラムですねその中に文字列を入れた場合にはシングルコーテーションで囲ってあげてください同じ挿入の描き方でこういっただき方もできますどちらを使っても大丈夫です途中途中でカンマ区切りを入れるのを忘れないようにして下さいそしてレコードの値を変更するにはアップデートというものを使えます今回の例だと ID が1のものに対してメールを Web かつ波奈声変更してます次にレコードを検索したい場合には前回はありましたけれどもセレクトというものを使えますレイを見ると名前が Web かつはなこのものを検索してますね先ほどはセレクトの後に*を入れてましたこの*というのは検索したものレコードの全てを取得しますようというものになりますそうではなくて検索して中のレコードの子のカラムが欲しいと指定したい場合には SELECT の後にカンマで区切ってから名を指定しますレコードを削除したい場合には delete from とユーモア使います最後にデータベースを削除したい場合には DROP database を使いますこれが基本的な SQL というものなの描き方になりますはいいかがでしょうか意外に簡単ですよね実際に PHP 言語と一緒に SQL を変えていきたいと思いますまた次回お会いしましょう