Lesson15「実践!ログインシステムを作ってみよう!part2」

この練習には本入部生のみ参加できます。

本入部はこちら

学習概要

前回に引き続き、ログインシステム機能の後半!
ログインしているかどうかでマイページを表示させたり、ログイン画面へ遷移させる仕組みを解説していきます!

補足

ログインが必要です

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です

Lesson15「実践!ログインシステムを作ってみよう!part2」 の内容※SEO用のため読めません

前回のログインシステムの後半になりますまだログインページの行動見て行きましたので今回からマイページの行動を見ていきたいと思いますまず最初の PHP ブロックなんですが最初の授業は前回も説明しましたけれども今までと同じエラーを表示する技術ですねそしてその下マイページではセッションに値が入ってるかどうか確認をしたいのでセッションを使いますのでセッションスタートというメソッドを使ってセッションを使う準備をします実際セッションを使ってるかどうかを確認してるのはこちらですね実際にセッションの中の大きいログインに値が入ってるかどうかというの if 文で確認しています前回キーを作ってセッションに保存しましたけれどもそれと同じように保存したキーを指定してあげればその中のセッションの値を取り出すことができます前回ログインした場合にはこのセッションログインに振るを入れてましたなのでログインしていた場合にはその中の処理がされますこの場合だとマイページへという内容これが表示されますそしてエルスという形でセッションログインに値が入っていなかった場合6にしていなかった場合ですねその場合にはこの中の処理をします今回の場合だと P タグを使ってログインしていないと見れませんという文字を画面に表示させますよりひとつの PHP ブロックで全てのコードを書くんではなくて B ブロックを分けて書いてその中に普通に愛してメールを書くこともできますマイページに関しての行動はとてもシンプルですねこれで終わりになりますちなみに今回はセッションに値が入っているかどうかでマイページの表示する内容分けていましたけれども HTML を表示する前にこちらのに書くことでセッションに値が入ってるかどうかセッションログインに値が入ってるかどうかで条件によってログインページへ戻すということができますをすることでログインしていなかった場合にはマイページしたい表示することができずにログインページへ戻るという形になります一般的な Web サービスではマイページのようなログインが必要なページには基本的にログインしていないと入れずにログイン画面へ遷移させるようなものが多いですもう変えた場合には HTML を出力する前にセッションの中の値を見てマイページを表示するかもしくはログインページへ戻るかという形で切り分けができますのでこのマイページの中の BODY タグの中で表示を切り替える必要がなくなりますコレガログイン機能の大枠の仕組みになりますりさに先ほどログインしてましたのですでにセッション ID というものを発行されてブラウザの中に保存されているはずです保存されたセッション ID というものを見てみましょう開発のリソースのクッキーズの中にこちらのようにセッション ID が入っていますとに保存されたセッション ID をクリアしていましょうもうするとブラウザ内に何も保存されていませんこの状態でマイページをまた開いていますそうすると今度はマイページ開けずにログインページへ移動されますこれはブラウザにセッション ID が保存されていないのでサーバーの方でログインしていないとみなされてたけど追加した行動でログインページに戻されているという形になっていますここからもう一度ログインをしていましょうと今度はきちんとマイページが表示されましたそしてセッション ID が保存されたクッキーの中に保存されてるはずですので見てみるとこのように ID が保存されていますバリューと書いてあるところに文字の羅列がありますがこれがセッション ID になりますがこのセッション ID をもとにするという値がサーバー側では保存されていますログイン機能のシステムは全て完成になります