メモ

メモを入力してみよう!


インフラ部 Lesson28 | AWS基盤インフラ構築(ネットワーク設計・作成) その1

※動画閲覧の推奨環境はフルHDディスプレイとなります。ご利用の回線速度によって画質が荒くなるため、コードが見にくい場合は、動画内の「設定」から画質を「HD」固定に変更し、虫メガネツールなどで拡大してご覧ください。

学習概要

コメントはありません

補足

■訂正・追記
・1:53~1:55
誤:サーバ1台、ホスト1台置くだけでもIPアドレス5個必要になる・・・・
正:サーバ1台置くだけでもサーバ1台分のIPアドレス、AWSで確保するIPアドレス3つ、ネットワークアドレス・ブロードキャストアドレスを含めて6つのIPアドレスが必要になります。

・17:08~17:10
AWSではNATサーバと同じ、NAT機能を持ったNATGatewayがあります。NATGatewayを設定することにより、PrivateIPアドレスしか
設定されていないサーバでもインターネットへ接続可能です。これは無料枠対象外になりますので、作成された時点で料金が発生します。

・18:32〜18:35
誤:AmazonLinuxを使っているサーバであればS3を介してインストールする・・・・
正:AmazonLinux/Linux2のyumリポジトリ(ソフトウェアを配布しているサイト)はAWS S3のバケットにあるため、VPCエンドポイントを設定することにより、インターネットを介さずにソフトウェアのインストールやアップデートをすることが可能です。VPCエンドポイントの設定が必要です。

この練習でわからない所を質問する※部活外の質問はできません

既に出ている同じ内容の質問やレッスン以外の質問には回答致しません。こちらから既出の質問・回答をワード検索できます。(仮入部部員は利用不可)

ログインが必要です

この練習への質問一覧

ログインが必要です