【初心者必見】WordPressでよく起こるエラーやトラブルの対処法

【初心者必見】WordPressでよく起こるエラーやトラブルの対処法

こんにちは!
生後半年の娘の成長が早すぎてうれしい反面、ちょっぴりさびしさを感じているかみひこーきです。

さて、本題に入りたいと思います。WordPressでブログやサイトを開設し、カスタマイズしていくと、必ずエラーやうまくいかないことがありますよね?

今回は

よく起こるWordPressのエラーとトラブルの対処法

を解説します。

エラーに悩んでいる、これからWordPressサイトを開設したい方はぜひご覧ください。

エラーが発生した時の心構え

エラーが発生した時の心構え

プログラミングにはエラーやトラブルがつきもの。エラーやトラブルにあってしまった場合、どう対応するかが大切になってきます。以下で、エラーが発生した時の心構えをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

冷静になろう

エラーが発生したらまずは冷静になりましょう。慌ててしまうと、WordPressフォルダを無意識に書き換えてしまったり、サーバーの設定を変えてしまったりしてしまいます。最悪、修復ができなくなってしまうことも。必ず一度冷静になって、原因を探りましょう。

エラーが発生すると、イライラしたり、精神的にあまりよくありません。原因を探す前に、深呼吸を3~5回ほどしましょう。どうしても落ち着かない場合は、気分転換に席をいったん外してみるのもいいかもしれません。

「なぜ発生したのか」原因を考えよう

「なぜ発生したのか」原因を考えよう

冷静になることができたら、エラーの原因を考えます。まずは自分がWordPressサイトにどのような変更をしたのか確認しましょう。エラー発生前の操作が原因で、WordPressに不具合が発生しているかも。

「新しくプラグインを導入した」「テーマを変更して、カスタマイズした」といった行動が、原因になっていることも珍しくありません。もし、エラー発生時になにも変更をしていなければ、Webサーバーやデータベースが落ちている可能性も。

エラーメッセージを確認しよう

エラーメッセージを確認しよう

エラーメッセージを確認しましょう。エラーメッセージを見ると原因を突き止められるので、すばやく解決できます。しかし、エラーが出ても、まれにメッセージが表示されないことも。すべてがエラーメッセージから解決できるわけではない、と覚えておきましょう。

よく発生するエラー8選をご紹介【対処法も】

よく発生するエラー8選をご紹介【対処法も】

ここでは、WordPressでよく発生するエラーと対処法をご紹介します。発生しても、冷静に対応していきましょう。

サーバーのエラー

サーバーのエラー

よく発生するエラーとして、サーバーのエラーがあります。主な原因として、WordPressフォルダにある隠しファイル「.htaccess」の記述ミスによりファイルが壊れてしまい、サーバーの内部エラーが発生してしまっていることが多いです。エラーが発生する直前に.htaccessファイルを変更しているか確認しましょう。

WordPressにログインができない

WordPressにログインができない

正しいユーザー、パスワードを入力しているにも関わらず、WordPressの管理画面にログインできないことがあります。原因として、cookie(クッキー)が影響している可能性も。

cookieとはユーザーの履歴や入力内容などのデータを保存しておく仕組みで、まれに Cookie が影響して、WordPressにログインできなくなります。使っているブラウザのCookieから、WordPressのドメイン名を削除して再度ログインしてみましょう。

画面が真っ白くなってしまった

画面が真っ白になることは、WordPressで発生しやすいエラーのひとつ。画面が真っ白になる原因は、主に2つあります。1つ目は「PHPの構文エラー」2つ目は「キャッシュ系プラグイン」です。

1つ目の「PHPの構文エラー」の場合、普段からWordPressテーマを変更していると発生する可能性が高まります。PHPの構文が間違っていると、エラーが発生し、画面が真っ白に。入力したアルファベットが1文字まちがっていたり、半角・全角によってもエラーが発生するので、注意しましょう。

PHPファイルを編集しない人は、キャッシュ系プラグインを確認しましょう。代表的なキャッシュ系プラグインには「WP Super Cache」があげられます。プラグインを停止したり、削除したりすると解決します。

Webサイトを変更できない

Webサイトを変更できない

WordPressでサイトの設定を変更したのに、Webサイトの設定状態に変化がない、変更が反映されないというトラブルが発生します。そんな時は、使用しているブラウザのキャッシュを削除してみましょう。変更前のキャッシュのままで、変更が反映されていないことが多くあります。更新ボタンを押してみたり、再度サイトを開きなおしたりして、様子をみましょう。

画像のアップロードができない

画像のアップロードができない

画像がうまくアップロードできないことが多くあります。原因として、主に2つあります。1つ目は画像の拡張子が対応していない場合。2つ目は画像ファイルが大きすぎる場合です。

画像の拡張子が対応していない場合の解決方法は、画像形式を変換してみたり、自動変換するプラグインを使用してみることです。画像ファイルが大きすぎる場合は、ファイルを圧縮したり、「php.ini」を編集して上限をあげましょう。

データベースのエラー

データベースのエラー

データベースのエラーで、もっとも多いのが接続が確立されていないエラーです。接続が確立されていないと、エラーメッセージが表示されます。WordPress内になるMySQLデータベースを再起動することでエラーが解決することが多いので、試してみましょう。

WordPressのデータはMySQLデータベースにかなり依存しています。データベースにエラーが発生していると、読み取りができなかったり、記録ができなくなってしまいます。データベースが落ちてしまっていたり、データベースが起動していない場合があるので、しっかりと確認しましょう。

自動アップデートに失敗した場合のエラー

自動アップデートに失敗した場合のエラー

WordPressは自動でアップデートする機能が備わっています。しかしまれに、自動アップデートが失敗することも。自動アップデートがうまくいかない原因は、サーバー上のファイルのアクセス権(システムの管理や使用する権限)が正しく設定されていないからです。アクセス権の設定を再度確認し、アップデートができるように設定してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、よく起こるWordPressのエラーとトラブルの対処法をご紹介しました。

プログラミングをしていると、必ずエラーやトラブルが発生します。プログラミングの上達には、エラーを多く経験し、どう解消していくかがカギになってきます。あきらめずに、根気強くエラーを解消していきましょう。

この記事が、WordPressサイトの運営に役立てば幸いです。