Pythonを使ってできることは?開発されたWebアプリをご紹介!

「Pythonを使うことで何ができるかな?」
「Pythonの特徴や開発事例について知りたい」

このように考える方も多いのではないでしょうか?

近年AI開発などで注目されている「Python」ですが、一番強い印象は “機械学習の開発に向いているプログラミング言語” ではないでしょうか。

確かに機械学習の開発に向いているのですが、他にもできることがあります。今回の記事では、Pythonを使ってできることや実際に開発されたアプリケーション事例などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

Pythonの特徴

Pythonの特徴

Python は何よりも、「読みやすさ」と「書きやすさ」が特徴のプログラミング言語です。人工知能の開発やビッグデータの解析、またIoTなどの “インターネット×モノ” の開発で使用されるプログラミング言語となっています。

近年注目されているプログラミング言語ではありますが、登場したのは1991年で今から約30年ほど前のこと。

「読みやすさ」と「書きやすさ」が特徴で、C++ やJava と比較してコンパイル不要なため初心者にとっても学習しやすいプログラミング言語です。

なぜ機械学習などの開発に向いているかというと、高速処理が特徴のC言語に基づき構築された、「SciPy」や「NumPy」などのライブラリのおかげと言えます。Pythonは他にもライブラリが豊富に用意されているため、開発にかかる効率を向上させることが出来るのです。

Pythonを活用してできること

Pythonを活用してできること

  • AI(機械学習・深層学習)
  • Webサイト制作
  • データ分析
  • ゲーム開発
  • 画像処理
  • ブロックチェーン開発
  • 情報収集の自動化
  • Webアプリケーション開発

このように、Pythonを活用してできることは幅広くあります。得意とするAIやデータ分析の他にも幅広い開発に役立てることができるため、積極的に学習していきたいですね。

AI(機械学習・深層学習)

一番有名なのが、このAIの開発です。AIとは人工知能とも言い換えられ、コンピューターが情報収集を繰り返して学習していくことができます。

自ら判断して学習できるAIを開発するためには膨大なデータを集め、人工知能の機械学習をしていく必要があります。他の言語では機械学習に適していない場合があるのですが、前述した通りPythonには、機械学習に適したライブラリがあるため、機械学習を得意としています。

Webサイト制作

Webサイト制作ができるのか意外に思った方も多いとは思いますが、Pythonを活用してWebサイト制作をすることも可能です。

Pythonには豊富なライブラリが用意されているのですが、その中の「Django」などを活用することで可能となります。Webフレームワークの中でも「Django」は特に有名なのですが、フロントエンドからデータベース接続部分まで必要な機能が全て揃っているため、とても効率よく開発を進めることができます。

データ分析

Pythonは機械学習の他にも、データ分析を得意としています。

大量のデータをグラフや表などに集計しながら分析することが可能で、様々な分析を行うことができます。例えば以下のような例を挙げることができます。

  • 欠損データの置き換え
  • 指定データ同士の相互関係出力
  • データをもとにグラフ化

これらはPythonの豊富なライブラリを活用して実施することができ、数値計算を効率的におこなうNumPy、データ解析支援機能のPandas、配列や行列の演算をするSciPyなどを活用することで効率よくデータ分析が行えるようになります。

データ分析専用のソフトも用意されているため、それらを活用することで素早くデータを可視化でき、傾向や特徴の抽出ができるのです。

ゲーム開発

ゲーム開発といえば「Unity」やC++、C#などを思い浮かべる方も多いとは思いますが、Pythonを使うことでレトロなゲーム開発や3Dゲームの開発も行うことができます。

ゲーム開発にはPygameというゲーム開発用ライブラリを活用したり、Cocos2dという2Dゲーム開発用フレームワークなどを活用することで可能となります。

確かにゲーム開発では「Unity」が有名でPythonでのゲーム開発はあまりされていない印象ですが、簡単なブロック崩しなどのゲームは数百行のコードを書くことで開発できる手軽さもあるため、Pythonでのゲーム開発も人気です。

画像処理

画像処理にも様々あり、例えばリサイズやトリミング、フィルターをかけて色調変化させることもできます。また画像同士のパターンを抽出して、類似の画像とマッチングさせる分析を行うことも可能です。

このような画像のマッチングはセキュリティ対策に活用することができ、顔認証システムの開発にも役立てることができるでしょう。Pythonならではの特徴を活かすことで、様々なシステムの開発ができそうですね。

ブロックチェーン開発

ブロックチェーンといえば仮想通貨を思い浮かべるかもしれないですが、他の技術にも活用されています。

なぜPythonでブロックチェーン開発が行われるかというと、これも豊富なライブラリが関係します。例えば主要ライブラリであるhashibというハッシュ関数を備えていることや、HTTPリクエストを操作できる点、数値計算ライブラリが豊富である点などから、Pythonが用いられることが多いと考えられます。

情報収集の自動化

情報収集にはWebサイトの「クローリング」や「スクレイピング」という技術を用いて、様々な情報収集を行うことができます。しかも情報収集は自動化できるため、その都度収集する手間は必要ありません。

クローリング

URLのリストを元にHTML情報をプログラムで取得してくること

スクレイピング

取得したHTMLから任意の情報を抜き出すこと

この技術で有名なものに「Selenium」があり、これを用いることで情報収集やブラウザ操作、フォームにテキストを入力する操作が可能となります。

Webアプリケーション開発

Rubyなどのプログラミング言語でもWebアプリケーションの開発を行うことができますが、Pythonでも可能です。もちろんその幅も広く、簡単なシステムから複雑なWebサービスまで開発をすることができます。

PythonのWebフレームワークでもある「Django」が特に人気で、ワシントンポストやナショナルジオグラフィックなど、有名なニュースサイトの開発でも使われているフレームワークでもあります。

他にもWebフレームワークはあり、開発の規模などに合わせて使用するフレームワークを変えらながら、開発を進めていくことが特徴です。

Pythonを使って開発されたアプリケーション

Pythonを使って開発されたアプリケーション

  • YouTube
  • Dropbox
  • Instagram
  • Pepper
  • Bender

今回は5つご紹介しましたが、他にもPythonを使って開発された有名なアプリケーションがあります。Pythonを活用することで様々なアプリケーションやサービス開発ができるので、これからも需要が伸びるプログラミング言語と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では「Pythonを使ってできること」についてご紹介しました。

AI開発が注目されている今、Pythonは今後も需要が伸びるプログラミング言語です。積極的に学習をして、活躍できるばを広げていきましょう!