HTMLの中にPHPを埋め込む方法を解説!

「PHPファイルの中にHTMLの記述ってできないのかな?」
「PHPとHTMLの関連性について詳しく知りたいな」

プログラミング学習をする際に、このような悩みを抱えたことはないですか?

実は「PHP」と「HTML」は関連性が高く、同じファイル内に記述する事ができます。

今回は2つの言語の関連性についてまとめ、実際にPHPの中にHTMLを記述する方法について解説をしてみました。

ぜひ参考にしていただけると嬉しく思います!

HTMLの中にPHPを埋め込む方法とは?

PHPはHTMLの中に記述する事ができるプログラミング言語です。

HTMLだけでは構築できないようなWebサイトを作成する事ができるようになるため、しっかりと覚えておいてくださいね。

もう一度述べますが、PHPはHTML内にコードを埋め込んで使うことができます。そのため、PHPスクリプトからアクセスしたデータベースの値をWebページ表示したり、ユーザーがフォームに入力した文字列をデータベースにインサートするなどの操作が簡単になるというわけですね。

早速ですが、どのようにPHPを埋め込むのか、その方法を解説していきます。
具体的には、以下のように記述します。

上記のコードをPHPファイルで保存し、プログラムを実行すると下記のように表示されます。

PHPの実行

しっかりとブラウザに表示されている事が分かりますね。
では、PHPで実行している内容について詳しく解説をします。

まずこの部分では、HTML中のh1に、PHPの「echo」を使って文字列を出力しています。

そして上記では、bodyで表示させたい文字列を変数$textに格納し、pタグの部分で文字列を出力させています。

HTMLの中にPHPを記述する方法は理解できたでしょうか?

ここで1つ注意点なのですが、PHPファイルをそのままブラウザ表示させようとしてもうまく表示されません。
先程お見せした実行結果は、MAMPと呼ばれる、PHPの開発には欠かせない環境の中で実行した結果です。

»【PHP初心者向け】MAMPインストール手順を簡単解説!

PHPの開発にはローカル環境を整える必要がありますので、この機会に一緒に覚えておきましょう。

PHPとHTMLの関連性とは?

冒頭でも述べましたが、「PHP」と「HTML」の関連性は非常に高いです。

というのも、PHPはWebサービスの開発に適したプログラミング言語です。
HTMLもWebサイトの制作に必須の言語ですので、両者は深く関係しているというわけですね。

HTML自体では静的なWebページしか作れないですが、PHPを埋め込む事で動的なWebページを作る事ができるようになります。

「PHP」と「HTML」の特徴をしっかりと理解し、開発にぜひ活かしてみてくださいね!

»PHPとhtmlの違いを理解しよう!プログラミングするなら知っておきたいこと

以下でHTMLとPHPの違いについて解説しています。

HTML

HTML(HyperText Markup Language)はマークアップ言語の1つで、Webページのフォントの設定や画像の表示などを装飾するのに不可欠な要素となります。

PHP

PHPはHypertext Preprocessorの略で、サーバーサイドプログラミング言語とも呼ばれています。その名前のとおり、サーバーでPHPプログラムを実行しクライアント側で結果を受け取ります。

PHPのスクリプトはHTML内のコードに埋め込んで、例えば「お問い合わせフォーム」などから入力された値を演算したり、データベースに格納したり、またアクセスした値をWebページに表示させることも可能です。

PHPの埋め込み方法を理解しよう

先ほどは、PHPの「echo」を使って文字を出力させました。
PHPは「echo」の他にも出力方法がありますので、そちらも解説していきますね。

具体的には、さきほどの「echo」も含めて以下の2通りの方法があります。

  • echo
  • print

echo

まず先ほどの「echo」についてですが、echoは引数に指定した文字列を出力します。カンマ区切りで複数の文字列を指定した場合は、それらの文字列が続けて出力されるのが特徴です。

上記のように、カンマ区切りで複数の文字列を出力する事ができます。

書き方の例を下記にまとめてみました。

このように、実際にコードを出力すると以下の通りとなります。

改行するにはHTMLの「<br>タグ」を使用します。

print

「print」もechoと同様に、引数に指定した文字列を出力します。しかし「echo」のように文字列を複数指定することはできません。

「echo」とは違い、複数の文字列を指定できない点に注意しましょう。

書き方の例を下記にまとめました。

このように、実際にコードを出力すると以下の通りとなります。

指定できる引数はひとつのみですが、文字列を直接指定することも変数を指定することも可能ですね。
改行するにはHTMLの「<br>タグ」を使用します。

また、printもechoと同様に引数に変数を含む文字列を渡すこともできます。その場合は、2つ注意があり、”変数の前後に半角スペースを入れる””文字列をダブルクォーテーション(””)で囲む必要がある” ことに注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

PHPとHTMLは関連性が高いため、一緒に記述する事が可能です。
組み合わせる事でWebページなどの制作の幅が広がりますので、しっかりと覚えておきましょう。

HTMLにPHPを埋め込む場合、当然ですがHTMLだけでなくPHPの特徴もしっかりと理解しておく必要があります。
プログラミングは小さなミスでもエラーにつながりますので、両者の特徴をしっかりと理解しておいてくださいね。

この記事がプログラミング学習の参考になったのであれば、とても嬉しいです。