転職サイトの選び方で失敗しない方法【サイトごとの特徴解説】

「転職サイトはたくさんあってどれに登録すればいいか迷う」
「転職サイト選びで失敗したくない」

このように転職しようと思っても、どの転職サイトに登録しようか迷う方も多いのではないでしょうか。転職サイトにもそれぞれ特徴があり、扱う求人の強みも変わります。

そこで今回の記事では、「転職サイトの選び方で失敗しない方法」についてご紹介します。

有名な転職サイトだから安心、と思うのではなく、自分の転職目的にあったサイトを選んで登録するようにしましょう!

転職サイトの選び方が大切な理由

転職サイトの選び方が大切な理由

「転職サイトはどこも一緒だから、とりあえず有名なところを選んで登録しておこう」このように考えるのはあまりおすすめできません。

転職サイトにもそれぞれ “強み” があり、例えばIT業界の求人を多く取り扱っていたり、医療関係の求人を多く取り扱っていたりと、それぞれ転職サイトごとに得意が異なります。

また多くの場合は「転職サイト」として自身で求人を探すスタイルから、「転職エージェント」のように担当者がついて求人選びのサポートをしてくれるサービスもあるため、場合によって使い分けることも大切です。

なので転職サイトへの登録を行う場合は、しっかりと自分の目的にあった求人サイトに登録することが大切なのです。

現在の年齢や職業、希望する転職条件に合わせて、自分にぴったりな転職サイトを見つけましょう。

転職サイトがおすすめな方

転職サイトは「求人広告型」として、掲載されている求人の中から自分が気になる求人に応募する形式となっています。

転職活動は基本的に一人で進めるため、履歴書の用意や面接日の調節などを自らで行う必要があります。しかし本当に自分が気になる求人に絞って応募できるため、転職の希望条件などが細かく定まっている場合におすすめです。

転職エージェントがおすすめな方

転職エージェントは「エージェント型」として、担当のキャリアアドバイザーがつく転職サイトとなっています。転職活動は担当者と二人三脚で進めていくため、求人選びや履歴書の添削などをサポートしてもらえます。

大まかな転職条件を伝えれば求人を見つけてくれるため、自身で求人をうまく見つけられる自信がない方におすすめです。

転職サイトを選ぶ際のポイントとは

転職サイトを選ぶ際のポイントとは

転職サイトを選ぶ際は、その転職サイトが本当に自分に合うのか見極めることが大切です。自分に合わない転職サイトに登録をしてそのまま転職活動を進めてしまうと、時間を無駄にしてしまいます。

そのため転職サイトを選ぶ際には、下記のポイントを考えながら選んでいきましょう。

  • 求人の数・質
  • サポートの充実度
  • 得意分野
  • サイトのみやすさ・使いやすさ

転職サイトのおすすめと特徴

それではおすすめの転職サイトと、それぞれの特徴をご紹介していきます。

  • 求人の質・量
  • 更新頻度
  • サポートの質
  • 独自のサービス
  • サイトの使いやすさ

上記を総合的に判断して、ご紹介していきますね。

  • type
  • エン転職
  • キャリトレ
  • ビズリーチ
  • マイナビ転職
  • Green
  • doda
  • リクナビNEXT

今回は上記の8サイトをご紹介したいと思います。

type

「type」は “ひとつ上を目指す人のキャリア転職サイト” ということで、全国的に求人を取り扱っています。

スカウト機能があり、登録情報をもとに企業側からアプローチをもらえる転職サイトです。スカウトを貰えた企業に対しては、当然選考の通過率が高まると言えるでしょう。

全体的にIT・通信・Webエンジニア関連の求人が多く、同サイトで取り扱う求人数の中でも一番求人が充実しています。

履歴書・職務経歴書、志望動機の書き方やサンプル文面などが用意されているため、転職活動に慣れていに方でも安心して利用できるのではないでしょうか。

エン転職

「エン転職」は社内の様子を動画で視聴できたり、社員による口コミ評価などが掲載されているため、実際の会社の雰囲気を掴みやすい転職サイトです。

「学歴不問」「社会人未経験歓迎」といった求人が募集案件の半数を締めているため、専門知識が無い方や未経験者向けの求人が多く揃っています。特に第2新卒など、20〜30代前半のまだ経験が浅い方にぴったりな求人サイトだと言えます。

エン転職だけに掲載されている求人数が約80%を占めているため、他にはない求人を見つけられるチャンスと言えるでしょう。

しかし全体の求人数は約6,000と少ないためメインでの利用ではなく、求人数が多い転職サイトとの併用がおすすめです。

キャリトレ

「キャリトレ」は20代の方におすすめしたい求人サイトです。優良ベンチャーから大手企業まで求人を取り扱っており、求人の質が高いことが特徴。

登録自体も簡単で使いやすく、職務経歴書や細かい希望などを記入する必要がありません。

気になる企業に自分からアプローチをかけられるほか、企業側からのスカウトが届きマッチングしたら企業と直接やりとりが可能となる機能もあります。

求人数も多いため、自分に合う求人を探すことができるでしょう。何よりもサイトが使いやすいため、難しいことは考えずに転職活動にのぞめるのがポイントです。

マイナビ転職

「マイナビ転職」は何よりも、求人数が多いことが特徴です。約13,000件もの求人があり、その中でもマイナビ転職にしか掲載されていない求人が約80%もあります。

主に20代〜30代の方向けの求人サイトで、細かい条件をもとに求人検索ができるため、人気の求人サイトとなっています。

マイナビ転職はサポート体制も整っており、「適正診断」「スカウトサービス」「履歴書添削」などが無料で利用できるのも大きなメリットです。

「転職フェア」などのイベントも開催されているため、転職活動を有意義に進めることができるサイトとなっています。

Green

「Green」は求人数が多く、約15,000件もの求人を取り扱っています。中でも「IT・Web業界」に特化しており、ITやWeb業界への転職を目指す方にはぴったりな転職サイトと言えるでしょう。

スカウト機能があるため、豊富な求人の中から自分で見つけられない方でも安心です。ほぼ全ての企業が写真をたくさん掲載しているため、社内の雰囲気が掴みやすいのも特徴ですね。

転職をカジュアルに。” とあるように、転職活動に対しての重たいイメージを払拭するような転職サイトなので、利用もしやすいのではないでしょうか。

doda

「doda」は約72,000もの求人を取り扱っており、質の高い求人を多く取り扱っています電通バズリサーチ調査では転職者満足度No.1に選ばれるなど、顧客満足度が高いことでも有名な転職サイトです。

幅広い求人に対応していて細かい条件で検索をかけることができるため、転職希望者全員におすすめできる転職サイトと言えるでしょう。

スカウトサービスやエージェントサービスも活用することができるため、転職の成功率をあげたいのであればこれらのサービスをフル活用し、求人を探していきましょう。

リクナビNEXT

「リクナビNEXT」は転職サイトの最大手です。求人数も約48,000件取り扱っており、幅広い業種の求人上情報を取り扱っています。

20代~50代までの幅広い世代を対象としているため、転職を希望する方全員が使いやすい求人サイトと言えるでしょう。

求人が多すぎて見つけきれない、という場合でも、スカウトサービスによって企業からのオファーを受けることも可能です。職歴やスキルなどに興味を持った企業から面接案内が送られるため、活用していきましょう。

また転職活動に役立つサポートも充実しており、「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できるツールの利用など、転職活動をスムーズに進めることができます。

IT/Webエンジニアにオススメの転職サイトまとめ
IT/Webエンジニアにオススメの転職サイトまとめ
「Webエンジニアとして転職したいけど、いい求人はないかな?」 「求人を探したいけど、どの転職サイトがエンジニ ...

まとめ

いかがでしたか?

今回は「転職サイトの選び方で失敗しない方法」について解説し、おすすめの求人サイトをご紹介しました。

転職サイトを選ぶ際には、必ず自分にあった求人サイトに登録するようにしましょう。相性のいい求人サイトを活用することで、転職の成功率もアップします。

今回ご紹介した求人サイトを比較してみて、気になるところをいくつか活用してみましょう!

プログラマーの給料の実態は?平均年収や稼げるスキル・キャリアを明らかにします。
プログラマーの給料の実態は?平均年収や稼げるスキル・キャリアを明らかにします。
プログラマーを目指している人にとって、実際どれくらいの給料を貰えるのかは気になるところです。 結論から言えば、 ...