PHPExcelとは?PhpSpreadsheetでエクセルファイルを出力させる方法

「PHPExcelって何のこと?」

このような疑問があるかと思いますが、確かに現在はあまり見慣れない単語です。ひと昔前まではPHPでExcel操作をする場合、「PHPExcel」を使用していました。

PHPExcelはPHPのライブラリなのですが、現在は更新されておらずPhpSpreadsheetの使用が推奨されています。そこで今回はPHPExcelについて少しご紹介した後、「PhpSpreadsheet」の使い方についてご紹介していきたいと思います。

PHPExcelとは何のこと?

PHPExcelとは何のこと?

『PHPExcel』とはPHPでExcelに出力したりファイル加工をこなうためのライブラリのこと。

Excel95、Excel2007等のエクセルファイルを読み書きすることができるピュアPHPのライブラリで、WindowsやExcelが必要ないため、Linux環境だけで完結するのが特徴と言えます。

実現可能なこととして、以下の内容が挙げられます。

Excelファイル操作

Excelファイルを新規生成して、カスタマイズして出力することができる機能です。また、あらかじめ用意されたテンプレートファイルを読み込み、カスタマイズして出力することが可能です。

PDFファイル操作

PHPExcelを使うことで、PDFファイルの操作ができるようになります。カスタマイズした内容を、PDFファイルとして出力が可能です。

CSVファイル操作

CSVファイルの操作も行うことができ、カスタマイズした内容をCSVファイルとして出力します。

普段はあまり「CSVファイル」を使用する機会がないかもしれませんが、CSV(Comma Separated Value)はデータをカンマ(,)で区切った値のことで、アプリケーション間でデータをやり取りする際に使われます。

PHPによるCSVファイルの読み込み手順を解説

HTMLファイル操作

HTMLファイルの操作も行うことができ、カスタマイズした内容をHTMLファイルとして出力させることが可能です。

【業務効率化】エクセル×プログラミングで出来ること3選

PhpSpreadsheetの使い方

PhpSpreadsheetの使い方

それでは「PhpSpreadsheet」の使い方についてご紹介していきます。PHPExcelは開発が終了しているため、Excelファイルの出力を行う場合は「PhpSpreadsheet」を使うようにしましょう。

インストール方法

まずはcomposerでPhpSpreadsheetのインストールを行ないましょう。そのためのコードは以下の通りです。

「composer」が何かわからない、という方に大まかに解説すると、PHPのパッケージ依存管理ツールの名前となります。

composerはコマンドで操作をし、インストールやアップデートなどはコマンドプロンプトやターミナルなどで行います。composerのインストールが終わっていない場合は、まず公式サイトよりインストーラをダウンロードしてみましょう。

インストールができたら、PhpSpreadsheetを使用できるようにします。下記のコードで使用できるようになります。

Excelの書き出し方法

Excelを書き出すためには、例として下記のコードを見てみましょう。

ブラウザからアクセスすると、Excelのダウンロードができるようになります。

セルの指定方法

書き出すセルを指定する場合、セルの数値を入力する必要があります。例えばA列の3行目であれば「A1」、C列の10行目であれば「C10」などです。

しかしプログラムを記述し出力する場合に、英字を使用したくない場面も出てくると思います。そのような場面で使用できる命令文が、次の通り。

列番号を数字で示すことで、指定可能です。

Excelの読み込み

サーバー上にあるExcelファイルやアップロード済みのExcelファイルは、下記のような記述で読み込み可能です。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、「PHPのExcel出力」について、PhpSpreadsheetの使い方をご紹介しました。

PhpSpreadsheetを使用するためには、PHP ライブラリの「Composer」を導入しておく必要があります。今後PHPで開発を進める上でComposerの導入は必須とも言えますので、まだ導入していない方は導入しましょう。