新しい副業の意味するものは?複業との違いは?

こんにちは、みいです。副業を始めてみたいなと思っている人も増えてきていますよね。

副業と言えばお金のためにするイメージが強かったと思いますが、近年は副業といっても自身のスキルアップや自己実現のために行う人も多くなってきています。

今回はそんな新しい副業の意味についてまとめてみます。

自分に合った副業を探している人や、何かに挑戦したいと考えているひとにきっと参考になる内容です。

近年の副業の意味

副業の基本知識を整理してみましょう。

副業と複業の違いは?

その違いが分かりにくいといわれている副業と複業ですが、基本となる軸を理解すれば整理がしやすくなります。

副業

副業のキーワードは「本業」です。副業とは本業の他に行うサブ的な仕事を指します。

副業は本業の収入をあてにしながら行うので、絶対的な優先順位は本業の方が高くなります。そのため本業のスケジュールによっては副業の作業量を調整することもあります。

本業の収入をベースに行う活動なので、自分の興味分野やスキルアップ、少しチャレンジングな仕事にも挑戦できます。

複業

複業の副業との最も大きな違いは仕事に優劣を付けないという点です。副業が本業のサブであるのに対して、複業はいくつかの仕事をどれも本業のようにこなすことです。

フリーランスとしていくつかの分野の仕事を兼任している人などが複業にあたります。そのため一般的な会社に毎日通勤している会社員では複業をすることは難しいといえるでしょう。

【スキルアップ】他人より倍のスピードで成長する工夫とは

副業解禁の背景

副業が以前より企業によって認められるようになった背景には政府が働き方改革を見直したことが関係しています。国が副業の必要性を認めることになった要因は次のような変化があったからです。

・少子高齢化により労働人口の不足
・外国人労働者の受け入れ
・終身雇用制度の崩壊

人々が会社に守られながら働いていた時代から、ひとりひとりが自分で稼ぐ力を必要とされる時代になりました。そこで多様な働き方を実現するためにも副業に注目が集まるようになったのです。

新しい副業の意味

以前は「収入」に重きが置かれていた副業ですが、現在では副業に「スキルアップ」や「挑戦」、「自己実現」などを求める人も増えてきました

それは副業の特徴にも関係しています。副業は本業のサブとして行う活動であるため、人々は安定した生活を送りながら本業とは別のフィールドで挑戦する傾向が強くなりました。

働きながら会社でより業績を上げられる様なスキルを獲得したり、次の転職で有利になるような副業をしたり、ゆくゆくは独立するという目標を持って副業をする人もいます。

こう見ると働き手ばかりにメリットがある様に思えますが、近頃企業が副業を認めるようになっているのには個人が能力向上することが優秀な人材の流出を防止し生産性を上げる効果があると感じているからです。

このように社会の変化に伴い、働き手と雇用主にとっての副業の認識が変わってきています。

副業をする前にチェックする事

じゃあ、副業をしてみよう!

と思ったらまず次のポイントを確認してみましょう。

副業が可能な環境かどうか?

いくら副業が認められるという流れになってきても、実際には副業が完全に浸透しているわけではありません。

参考:リクルートキャリア/兼業・副業に対する企業の意識調査(2019)

副業を認めている企業は前年度よりも増えてはいますが、まだ30%程度と半数にも及んでいません。まずは自分の会社で副業が可能かどうかを確認する必要があります。

また副業が認められている会社でも、競合他社での副業や情報漏洩などはあってはならない事なので気を付けましょう。

副業の目的は何か?

会社の規定を確認し、副業ができるとなったら次は副業の目的を確認しましょう。副業をする理由は人それぞれで、活動時間もその目的によって変わってきます

お金の足しにしたい場合

収入を目的に副業をする時には、稼ぎを重視してしまうあまりオーバーワークになりがちです。本業とのバランスを確かめながら無理のない範囲で副業での金額設定をしましょう。

本業のスキルを使いたい場合

最も効率的に副業ができるのがこの本業のスキルを副業でも活かす場合です。本業と同じフィールドで仕事をすることになるため活動エリアには少し気を使った方がよいかもしれません。

新たなスキルを獲得したい場合

新しいスキルを得られるようにするには、すぐに収入が得られる保証はなく副業の為の勉強や準備時間も必要です。まずは生活を見直し勉強や準備時間の確保などから計画を立てるのも良いでしょう。

スキルアップできる副業

ここからは副業で新たな分野に挑戦したり、スキルアップしたいと考えているひとにおすすめの副業をご紹介します。

プログラミング

プログラミングはスキルアップするにはもってこいの副業です。それはプログラミングが現在の仕事内容や分野に関係なく誰でも始めることが出来るものであるからです。

もちろん副業としてしっかりとした収入を得るにはレベルの高いスキルが必要になるため、初心者の場合はプログラミングスクールを利用するのもいいかもしれません。

プログラミングスクールはお金が掛かるから…

と心配になる人も居るかもしれませんが、通うのを決める前に無料で体験ができるスクールもあるのでその点にも注目して自分に合うスクールを見つけてみてください。

プログラミングを覚えて副業をしたい!具体的な仕事の取り方

Webデザイン

Webデザインはフリーランスとしての仕事が見つけやすいジャンルでもあります。主に副業として活躍しているのは本業でもデザイナーとして働いている人が多いです。

Webデザインのスキルを付ければデザイン案を書けるようになるだけでなく、ユーザーが使いやすい、見やすいサイトの基礎的な知識が付くので本業にも活用できる可能性があります。

またWebデザインとはいっても、コーディングやWebに関する基礎知識を広く身に着ける必要があります。スキルアップの為に全くの初心者からスタートする場合にはWebデザインを学べる講座などを受講すればカリキュラムもしっかり組まれている為安心です。

Webデザイナーのこれから【必要なスキルセット】

ライティング

ライティングは初心者でも挑戦できる副業のひとつです。またライティングで文章力を付けることは、本業の様々な場面において役立つでしょう。

例えば説得力のある文章を書けることは、営業やマネジメントの部分でも大切になりますし、人を惹きつける文章はマーケティングや人事などでも活かせるかもしれません。

誰でも挑戦できる理由としてライティングは単価が低い傾向があるので、副業として収入を得るにはSEOや執筆分野の専門知識を付けることが必要です。

翻訳

言語が出来る人であれば一度は考えたことがあるのが、翻訳ではないでしょうか?翻訳を副業にするにはトライアルに合格して翻訳会社の登録をするのが一般的です。

外国語が得意であれば誰でも翻訳が出来るように思われがちですが、実は翻訳をするには相当な専門分野の知識が必要です。そのため、本業での専門知識を活かして副業翻訳をしている人もいるようです。

動画編集

動画共有サイトの人気が高まり、最近需要が高まっているのが動画編集です。動画編集も始める時に何か特別なスキルが必要とされるわけではありませんが、ある程度できるようになるには専門用語も理解しなければいけません。

また使用する編集ソフトによって操作が大きく変わってくるというのも気を付けるポイントです。仕事にもプライベートにも活かせる動画編集を学ぶのはスキルアップにはぴったりでしょう。

まとめ

副業といえばただお金の為というイメージが強かった頃に比べると、現在では自分の可能性を広げたり新たな挑戦をしたりという意味合いが強くなっています。

会社の規則を守って行うのはもちろんですが、自分のステップアップの為に副業を始めるのは今後のスタンダードになるかもしれません。

自分にとっての副業の意味をしっかり理解してから副業を始めるが成功の第一歩です。

この記事が副業の意味を改めて考え直すきっかけになれば嬉しいです。