WordPressインストール方法のやさしい説明書【初心者必見】

こんにちは、ミストバングというヘアスタイルを見つけて可愛いと思った次の日に、美容室を予約してミストバングにしてもらったみもざです。

さて、本題に入りたいと思います。

ホームページ製作やブログ作成までできる人気のあるWordPressを始める方も多いはず、、、。

一方で、WordPressをどうインストールしたらいいのか、分からない人も多いと思います。

そこで今回は、

WordPressのインストールの仕方について

説明していきます。

WordPressを始めたい方、WordPressのインストール方法が分からない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

インストールする前に、WordPressとは何かについて知っておくと、さらに理解しやすいと思いますので、WordPressのことがまだ曖昧な方は、ぜひ下記のWordPressについて書かれたとても分かりやすい記事を先に読んで理解を深めてくださいね。

【WordPressとは?】初心者にもわかりやすく機能や特徴をご紹介

WordPressのインストール環境の種類

WordPressのインストール方法は、ローカル環境へのインストール方法と、サーバーをレンタルしてのインストール方法の2種類あります。

まずは、ローカル環境についてと、レンタルサーバーについてお話をしていきたいと思います。

ローカル環境とは

使っている自分自身のパソコンに、実際のサイト環境に似た環境(=仮想環境)を構築することをローカル環境といいます。

ローカル環境は、自分のパソコンの中にファイルがあるので、自分だけしか見ることのできないWordPressのサイトを作成することができます。

いつでも自分の好きなように変更できて、仮にエラーが起こっても自分だけエラーを見ることができるので、試しに作りたいとか練習をしたいという時に、ローカル環境を使うといいです。

レンタルサーバーとは

簡単にいうとレンタルサーバーとは、サーバーをレンタルすることをいいます。

では、サーバーとは一体なんでしょう?

サーバーとは、パソコンやスマホなどのクライアントの要求に対して、情報をクライアントに提供してあげたり、ファイルを保管してあげたりするコンピューターのことをいいます。

例えば、ホームページを見たかったら、クライアントがサーバーに対して、ホームページのデータが欲しいとサーバーに要求します。そしたら、サーバーは、ホームページのデータを探してそのデータをクライアントに渡します。その過程を得て、私たちは、ホームページを見ることができます。

自分でサーバーを構築することもできますが、サーバー用のコンピュータを買わないといけないことなどお金と労力が必要なので、サーバーを管理している会社から、サーバーを借りることが一般的です。

レンタルサーバーは、ローカル環境とは違い、自分の作ったWordPressをWEB上にあげることで、世界中のみんなが自分のWordPressを見れることができるのが特徴です。

WordPressをローカル環境へインストール方法

今回は、ローカル環境へWordPressをインストールする方法について一緒にやっていきましょう。

仮想環境を構築する方法

仮想環境を構築する方法は、いくつかあります。

・VirtualBoxとVagrantをインストールして仮想環境を構築する方法

・MAMP(=Apache・MySQL・PHP をローカル環境で動かすことができる)を使って仮想環境を構築する方法

・Local by Flywheelを使って仮想環境を構築する方法

今回は、最後に記述したLocal by Flywheelを使ったローカル環境へのインストール方法を紹介します。

Local by Flywheelとは

Local by Flywheelとは、WordPressだけのための環境構築ができるソフトウェアです。

なので、Local by FlywheelをWordPress以外の目的で使用することは不可能です。

Local by Flywheelにアクセスしてみよう

https://localwp.com/

まずは、上記のリンクをクリックして、Local by Flywheelのサイトに飛びましょう。

Local by Flywheelをダウンロードしてみよう

Localにアクセスできたら、上記の画面が表示されるので、赤枠内の「OR DOWNLOAD FOR FREE」をクリックします。

クリックしたら、下記の画面が表示されるので、そこから今自分が使用しているものを選択します。

Macを使用してるのであればMacを選択し、Windowsを使用しているのであればWindowsを選択します。

名前(任意)、メール(必須)、電話番号(任意)を入力してダウンロードを開始します。

Local by Flywheelを開いてみよう

ダウンロードし終え、Local by Flywheelを開くと、下記の画面が出てくるので、LocalをApplicationsにドラッグしてください。

すると、Applicationsのフォルダの中にLocalが表示されるので、Localを開きます。

Localを開いたら、最初に利用規約の画面が出てくるので、チェックボックスにチェックを入れて、「I AGREE」をクリックし次へ進みます。

そしたら、下記の画面が出てきます。

上記の画面は、×ボタンをクリックして閉じてもらえば大丈夫です。

Local by Flywheelでサイトを作ってみよう

まずは、下記の画面の赤枠で囲んだ、「+CREATE A NEW SITE」をクリックし、新しいサイトを作成します。

次に、下記の画面が表示されるので、自分で決めたサイト名を入力します。今回はtestにしました。

入力出来たら、「CONTINUE」をクリックします。

次に、環境設定の画面が表示されるので、特に指定することがなければ、「Preferred」を選択し次へ進みます。

もし、PHPのバージョン・Web Serverの種類・Databaseを指定したければ、「Custom」を選択し、それぞれ指定したいものを選択し、次へ進みます。

その次に、下記の画面が表示されるので、ユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力します。ユーザー名は一度設定したら変更できないので慎重に考えて入力してくださいね。

入力し終えたら、「ADD SITE」をクリックします。

サイト作成終了後、下記の画面になるので、「VIEW SITE」をクリックして、サイトを見てみたりしてくださいね。

以上、Local by Flywheelを使用してローカル環境へのWordpressインストール方法でした。

Local by Flywheelは、手順通り進んでいけば初学者でも簡単にローカル環境の構築ができてしまいます◎

レンタルサーバーでWordPressをインストール方法

次にレンタルサーバーへのインストール方法を見てみましょう。

レンタルサーバーでWordPressをインストールする流れを理解しよう

レンタルサーバーでWordPressをインストールする簡単な流れとして、まずは、サーバーを管理している会社にサーバーを借りるところから始めます。どこのレンタルサーバーがオススメなのかは、次のセクションで見ていきます。

無事に、サーバーをレンタル出来たら、サーバーを借りた会社のマニュアルに沿ってWordPressをインストールします。

おすすめのレンタルサーバーを紹介

初めてサーバーをレンタルする時は、お金も発生してきたり、会社によって処理のスピードも違ってくるので、どこのサーバーを借りればどうか迷いますよね。

そこで、少しでも参考になればいいなと思い、おすすめのレンタルサーバーを紹介します。

ConoHa WING

ConoHa WING

ConoHa WINGの特徴として、サーバーの処理速度が国内最速で、処理速度が早いと、アクセスが多いサイトを作成する時に役立ったり、サイトを高速に表示させることが出来ます。

また、初期費用も無料なので、初期費用を抑えたい方にもオススメです。

WordPressのインストール方法|ConoHa WING

XSERVER(エックスサーバー)

XSERVER

XSERVERは、国内で一番使われており、歴史も長く情報量が多いので、分からないことがあっても解決しやすいし、WordPressも簡単にインストールできるのが特徴です。

XSERVERは、特に初めてレンタルサーバーを利用する方にオススメです。

WordPressのインストール方法|XSERVER

まとめ

いかかでしたか?今回は、WordPressを始めたい方、インストール方法が分からない方に向けて、

WordPressのインストール方法

を説明しました。

ローカル環境でWordPressを使うか、レンタルサーバーでWordPressを使うかではインストール方法も変わってきます。

自分の使用目的に合った環境を選択し、WordPressライフを楽しんでくださいね。

この記事が少しでも参考になったら嬉しいです。