デザイナーからWebエンジニアになったウェブカツ卒業生へのインタビュー

仕事と育児の両立を目指すワーママにとって、家で働くという選択肢は一度は憧れるものです。
とはいえ、収入を下げずに在宅で仕事をするのは難しいんじゃないか・・と思っていませんか?

実は、年収を下げずにリモートワークを目指せる職業の一つがWEBエンジニアなんです。

今回は、そんなワーママの望みをウェブカツのお陰で叶えた「なすまなみ」さんにお話を伺いました。

なすまなみ さん

関西のゲームソフトメーカーでゲームのUIデザイナーやグラフィックデザイナーとして働きつつ、3歳児の子育てをしているワーママ。2020年5月ウェブカツ卒業。卒業後はWEB開発部門への異動を果たし、現在はリモートワークで働いている。

年収を下げずリモートワークで働けるように

ウェブカツを卒業後にWEB系の部署に異動になったそうですね!

事務局

なすさん

そうなんです!元々エンジニア転職活動のため退職するつもりだったのですが、ポートフォリオを見せたところWEB系の部署で働かないか?とお声がけいただきまして・・

仕事と育児を両立するために始めたプログラミング

今の会社への通勤が往復3時間かかり、体力的にも精神的にもツラかったんです。ただ、子供もまだまだ小さくこれからお金も必要になるので、年収は下げずにリモートワークできないかと考えていました。

また日々行なっている業務へのマンネリもあり、まったく新しいことに挑戦したいなぁという気持ちも湧いてきていました。

そのふたつを満たすものとして、プログラミングを学んでエンジニアとして再就職しよう!ゆくゆくはフリーランスになって働く場所や時間を自分の思い通りにできたら楽しそう!ということではじめることにしました。

ウェブカツのお陰で、好条件で異動できました!

ウェブカツ卒業後は、今の会社を退職してエンジニアとしての就職活動をしようと考えていました。なので、卒業後は卒業制作の復習やポートフォリオ作りを行なっていました。

ですが会社に退職の意思を伝えたところ、ウェブカツで制作した作品を載せたポートフォリオを見ていただいた上でWEBの部署で働いてみませんか?とお声かけいただきまして

色々考えたのですが、最終的には異動を受ける事に決めました。

今の会社は開発しているゲームが好きなこと、一緒に働いている方たちが穏やかで常識人でとても居心地がよかったこと、そしてコロナの影響もありリモートワークを導入してくれたこともあって離れるのがすごく惜しかったので、ひとまず部署異動ということでよかったなぁと思っています。

ウェブカツについて

未経験からウェブカツでプログラミングを学ばれたわけですが、カリキュラムはいかがでしたか?

事務局

なすさん

徐々に難易度が上がるため、ゲームのステージを攻略する感覚で実際に現場で使えるスキルを学べるのがいいですね!お陰で飽きたり挫折したりせずに続けられました。

SNSでの評判の良さに惹かれて入ったウェブカツ

ツイッターでは、他のスクールでは初歩の初歩くらいの技術しか教えてもらえず、現場では使い物にならないという評判を多く見かけました。

ですが、ウェブカツは技術的な悪評がまったくなく、しかも就職したウェブカツ生が現役エンジニアを凌駕する技術を持っていると驚かれるエピソードが盛りだくさんでした。

さらに、「プログラミングができる人になる」ではなく「プログラミングで稼げる人になる」という他スクールと一線を画したコンセプトに強く共感したのも入部した大きな理由です。

学ぶ順番が決められているので初心者でも迷わなくてすむ!

フロントエンド言語、サーバーサイド言語、フレームワーク、データベースやサーバーの知識。さらに、稼げる人になるための営業や起業の知識まで、ありとあらゆることが学べる上に、レッスンの順序が決められていることが素晴らしいです。

動画の説明がとても丁寧なので、レッスンにそって続けていくことで自然と技術力がアップしていきますし、決められている分集中して取り組むことができました。

他のウェブカツ生のアウトプットが励みになった

とはいえインプットだけだと技術が定着しないなと感じたので、ウェブカツでも推奨されている通り、各レッスンに取り組んだあとにアウトプットの時間を設けていました。

他のウェブカツ生の方々もたくさんアウトプット作品をツイッターに投稿しているので、励みになりましたね。学習報告ツイートには、負けていられないと奮起する場面も多かったです。

Webサービス部のアウトプットで、今までとは比較にならない圧倒的なコード量と格闘した末に、Webサービスを自分で完成させた瞬間は本当に嬉しかったですね!

素晴らしいですね!途中でつまずく事は無かったですか?

事務局

なすさん

分からない事もとにかく動画の通りに手を動かして調べまくれば分かってくるのが面白くて、学習を進めていくうちにどんどんポジティブになれましたねー!

卒業試験は自分が一番成長できた3ヶ月

ウェブカツで習ったことをすべて使い、自分ひとりで考えてイチから作り上げる経験ができた3ヶ月は、一番成長できた期間でした。ここを突破できたことでようやく「自分で作れる!」という自信が定着したと思います。

卒業試験は、ウェブカツに入ったなら挑戦すべきと断言できます。これまでウェブカツで学んだ事をしっかり身につけていれば十分突破できますよ!

ちなみにウェブカツでダイエットに成功したと伺いましたが(笑)

事務局

なすさん

そうなんですよ(笑)それだけ脳をフル回転させる濃密なレッスンが盛りだくさんだったってことですね。
プログラミングスキルも身についてダイエットまでできちゃうなんて良いことづくしですよね!

まとめ

今回はウェブカツを卒業後、プログラミングスキルのお陰で年収を下げずにリモートワークをするという望みを叶えた、ワーママのなすさんにお話を伺いました。

なすさん、お忙しい中インタビューに応じて下さりありがとうございました。これからの活躍が楽しみですね!