PHP初心者必見! おすすめのPHP入門本7選

「phpを学習してみたいけど、どんな本を選べばいいのかわからない…」

 

今や、書店や通販でも数えきれないほど多くのプログラミング本があり、PHP初心者の方には選ぶのが難しいですよね…。

プログラミングスクールに入学するとしても、少しは知識を身に着けておきたいところ。

そこで今回は、PHP学習のポイントと、PHPを学習できるおすすめの本をメリット&デメリットを踏まえて7冊ご紹介します。

PHPを独学で学びたい方やPHPに関する本を探している方は、是非参考にしてみて下さい。

 

php学習のポイント

PHPとは、主にブラウザから利用できるサービスを作成する際によく使われるプログラミング言語です。

PHPが使用されているサービスは数多くあり、今あなたが見ているこのwebサイトやデジタル百科事典のWikipediaにも使われています。

また、PHPは他のプログラミング言語と比較して、非常に文法が完結でわかりやすいと言う特徴があります。

そして、その”PHP”の学習のポイントは、他の言語と異なる部分をしっかりと理解することです。

他の言語と異なる部分は大きく分けてこちらの3つです。

  • 変数は’$’を使って表現
  • 連想配列の概念
  • foreach()の存在

こちらの3つを頭に入れておけば問題ないです!

 

というわけでそれらを踏まえた上で早速紹介していきたいと思います。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室

PHPのことだけでなく、HTMLやCSSの勉強も合わせて学習したい方におすすめのになっております。

プログラミングが苦手な方でも分かりやすいように、つまずきやすいポイントを押さえながら解説してくれていますので、他の本で一度挫折した方も本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。

WEB画面の作成から簡単なデータベースの構築までを行うことができます。

 

メリット

・何も分からない初心者がいきなり勉強を始めるには、とっつきやすい。

・途中つまずきそうになっても、困ったらここに戻って読み返せる。

・PHPを教えているセミナー講師が著者。

デメリット

・発行日が2011年のため、プログラム開発の環境構築(XAMAPP)が上手くいかない問題がある。

 

デメリットにも記載したとおり、発行日が何年も前なので、参考にしづらい場合があります。

その時はこちらのリクテレコム社のホームページにて、追加の補足資料が配布されているので、そちらも合わせてご覧ください。

 

スラスラわかるPHP

PHPのことだけでなく、インターネットやサーバー、ウェブサイトの構造まで解説されているため、Webエンジニアを目指したい方にもおすすめの本です。

セキュリティのことなども書かれているので、PHPだけでなくWeb全般の知識を会得したいという方には特におすすめです。

 

メリット

・Webサイトの仕組み、データベース、セキュリティなど幅広く書いてある。

・イラストを交えて解説しているため、楽しく学べる。

デメリット

・各章とも最低限のことしか書かれてないため、サラッと流す程度の事しか書かれていない。

 

詳細! PHP 7+MySQL 入門ノート

サンプルが豊富にあり詳しいコードと図解により、分かりやすく解説されています。

Webページやサンプルのコードがダウンロードできるようになっていて、実践的な活用書としてもおすすめできる本となっています。

効率よく学習がしたいという方におすすめです!

 

メリット

・基礎からサンプルまでこと細かく丁寧に書かれている。

・初心者はこの一冊を読破すれば十分な知識を身に着けられる。

・経験豊富な方でも満足できる。

デメリット

・500ページ以上のボリュームがあり、自分が本来知りたい情報以外のことまで細かく記載されているため少し扱いにくい。

 

ゼロからわかるPHP超入門

こちらは、Webプログラマーの第一歩となれるよう、Webの仕組みからPHPの言語仕様を中心に重要な説明だけを厳選しています。

やさしく解説しているため、コンパクトで読みやすくなっています。

教科書も意識し、豊富なソースプログラム+例題+別冊解答で、ビギナー卒業に必要な知識を誰でも会得可能になるよう目指した書籍です。

一章ごとに例題があるので、自分にしっかりと知識がついているかも確認できます。

 

メリット

・すぐに開発環境インストールしてすぐ始められる。

・基礎しか載っていないので環境もそろっていない初心者の方におすすめ。

デメリット

・PHPに慣れてくるとこの一冊だけでは心細い。

 

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

一般的なPHP入門書とは、目次も説明の仕方も全然違います。

初心者の方だけでなく、何らかのプログラミング経験者なら、ショッピングサイトをゼロから自作する過程を通じて、プログラミングの楽しさを実感しながら、システム開発の基礎力を身に付けることができるでしょう。

サンプルのソースコードもダウンロードできるので、PHPの実際のプログラムを開発できるまでに仕上げられています。

 

メリット

・これ以上ないほどの効率で知識がどんどん身に着く。

・プログラム開発が苦手な方でも役立つ。

デメリット

・PHP、MySQLのバージョンアップにより記載されてないエラーが出る。

 

PHPライブラリ&サンプル実践活用~厳選100~


こちらは、PHPのライブラリやサンプルを「Webサービス」「UI」「ユーティリティ」「通信」「フレームワーク」に分類し、その概要から使い方までを解説しています。

共通するインストール方法などは1箇所にまとめてありますので、参照ページ番号などですばやく確認できます。

「Webサービス」、「ユーティリティ」、「通信」、「フレームワーク」等々、ライブラリの使い方を学べます。ライブラリの使い方はネット上に情報が出回っていることが極端に少ないため、このような参考書はかなり価値が高いと思われます。

 

メリット

・これからPHPを始める方はもちろん、メインであるライブラリの使い方を知りたい方におすすめ。

・電子書籍版の購入も可能。

デメリット

・電子書籍版にミスが多い。

 

PHP逆引きハンドブック

WebサイトやWebアプリの開発によく使われるPHPが網羅的に解説されています。

こちらは、自分のやりたいことからPHPの機能を探すことができる参考書です。

これからPHPを使っていく方は、持っておいた方がいい参考書にです。

 

メリット

・これからPHPを始める方だけでなく、PHPで何かを作りたい方にもおすすめ。

・メインは逆引きだが、序盤でPHP基本も学べる。

デメリット

・今の時代ではもうかなり古い。(2020年11月8日現在)

 

まとめ

今回は、PHP学習のポイントとPHP初心者の方におすすめの本を紹介してきました。

プログラミングを独学で身に着けようと思うと本選びにはこだわりたいところですが、上記の7つの本はどれを選んでもわかりやすく、PHPを始める人にとって頼りになる本です。

一人での学習は大変な部分もあるかと思いますが、今回紹介した学習のポイントと7つの本が参考になれば幸いです。