未経験でもWebエンジニアになれる7つの資格

Webエンジニアになるために資格は必要か、どんな資格を取得すればよいか分からない人も多いのではないでしょうか。

未経験でWebエンジニアを目指す上で、資格を取得しておくと転職に有利になったり、将来的に独立をするうえで役立ったりします。

しかし、未経験の場合、数ある資格からどのレベルの資格を目指すべきか、わかりづらいと思います。

そんな人に向けて、今回は未経験でWebエンジニアを目指すのにおすすめの資格について、資格取得に効率的な勉強方法含めご紹介します。

Webエンジニアになる上で必須の資格はない

Webエンジニアになる上で、必須の資格はありません。しかし、Webエンジニアとして活かせる資格を取得することで、キャリアアップや転職などの様々な点において、有利になります。

また、実務経験者のスキルアップだけでなく、未経験からWebエンジニアを目指す人にも、ITリテラシーの基礎を身につけるという点で、資格の取得がおすすめです。

Webエンジニアに関連する資格があると転職に有利

転職において資格を持っていることは、大きなアドバンテージとなります。特に未経験からWebエンジニアへの転職には、ポートフォリオに加え、関連資格を取得することで一定のスキル証明になります。したがって、未経験からの転職を検討している場合、何らかの関連資格を取得することがおすすめです。

しかし、注意点として、関連資格を持っていることよりも、エンジニアにおいては実務経験が豊富な方が優遇される傾向があることが挙げられます。いくら資格を多く取得していたとしても、実務経験が長い人のほうが企業にとって即戦力になるという点を理解しておきましょう。

将来フリーランスとして独立するのに役立つ

将来的にフリーランスWebエンジニアとして、独立する際に資格を取得しておくと事業に役立ちます。

フリーランスになると、案件を取得するために営業する必要があります。そこで、資格を取得しておくことで、どれくらいの技術があるかという一定のスキルを証明するために活用できます。

また、独立間もない方やITリテラシーが低いクライアントの獲得においては、特に取得している資格がスキル証明としてわかりやすいです。

将来Webエンジニアとして独立する際にも、関連資格は役立ちます。

未経験でもWebエンジニアになれる7つの資格

未経験でWebエンジニアを目指すのにおすすめの資格は以下の通りです。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • HTML5プロフェッショナル認定試験
  • PHP技術者認定試験
  • Ruby技術者認定試験
  • Oracle Certified Java Programmer

上記それぞれの詳細について、事項からご説明します。

ITパスポート

ITパスポートは、情報処理技術者試験の中でも比較的受けやすい国家資格のひとつです。

ITパスポートを取得することで、一定のITの関する基礎知識を有していることを証明できます。参考書や無料の学習サイトを利用して、独学で試験対策を行うことが可能です。エントリー向けのレベルなので、試験勉強を行うことにより、IT業界で働く人であれば最低限知っている基礎的な知識を習得することができます。

IT業界に未経験からWebエンジニアへのキャリアチェンジを目指している人にもおすすめです。また、Webエンジニア以外のIT職種への転職や、新卒でIT企業への入社をする人などにも、向いています。

ITパスポートの試験概要は以下の通りです。

資格名 ITパスポート
試験日 Webサイトより選択
受験料 5,700 円 (税込)
合格基準 60%以上正答
受験資格 なし

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ソフトウェアやハードウェアに関する基礎的な知識や、会社運営に関わる法律など経営全般に関わる知識を問う国家資格です。

基本情報技術者試験に合格することで、ITに関する一定レベルの知識を有していることを証明できます。

試験内容としては、ITに関する基礎的な知識が問われるものから、プログラミングの問題まで出題されます。参考書やスクールなどで対策を行うことが可能で、特にプログラミング対策に関しては実際にプログラミングを行ってみるのがよいでしょう。

基本情報技術者試験は、Webエンジニアとして、キャリアをスタートさせたい人にもおすすめの資格です。

基本情報技術者試験の試験概要は以下の通りです。

資格名 基本情報技術者試験
試験日 春期:4月第3日曜日/秋期:10月第3日曜日
受験料 5,700 円 (税込)
合格基準 60%以上正答
受験資格 なし

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、IT技術から経営に関する幅広い知識と、より実務的な応用力を問う国家資格です。合格することにより、基本情報技術者試験の取得者よりも高度なIT人材であることを証明できます。

試験の難易度としては高めで、WebエンジニアをはじめとしたIT職種において十分な実務経験と豊富な知識が必要です。試験内容はより実務に近い応用問題が多く、専門分野に関する知識も問われます。

試験は午前と午後に分かれており、午後の問題は記述式の論文を書く内容となります。ITスキルに加え、制限時間内で文章を執筆する能力も求められます。したがって、専用の問題集やスクールなどで十分な対策を行うことが必須となるでしょう。

応用情報技術者試験の試験概要は以下の通りです。

資格名 応用情報技術者試験
試験日 春期:4月第3日曜日/秋期:10月第3日曜日
受験料 5,700 円 (税込)
合格基準 60%以上正答
受験資格 なし

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験は、LPI-Japan(特定非営利活動法人エルピーアイジャパン)が運営する資格です。Webサイトのフロントエンド開発に使用するHTML5や、Webコンテンツに関する知識を問う試験となります。

取得することで、Webサイト開発における一定の知識を有していることを証明できます。

試験はWebコンテンツの基礎を問う「Level1」とシステムやマルチメディア技術に関する開発、設計を問う「Level2」があります。試験内容としては、ソースコードの分析や、最新のトレンドに関する問題など、実際の現場で使用する実用的な問題が多く出題されます。Webエンジニアとして勤務している人で、よりキャリアアップしたい人や、市場価値を高めたい人におすすめの資格です。

HTML5プロフェッショナル認定試験の概要は以下の通りです。

資格名 HTML5プロフェッショナル認定試験
試験日 申し込み時選択可能
受験料 15,000 円 (税別)
合格基準 約7割程度の正答率
受験資格 なし

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、「一般社団法人 PHP技術者認定機構」が運営している民間資格です。Webサイト開発においてバックエンドのプログラミング言語「PHP」に関する知識が問われます。試験は以下の種類があり、それぞれ難易度が異なります。

  • 初級試験
  • 上級試験
  • 認定ウィザード

「初級試験」は、これからWebエンジニアを目指す人や、学生、社会人1~2年目までの受験を想定しています。「上級試験」は、PHP言語を業務で活用していて、高度なプログラミングが可能な上級者向けです。最後の「認定ウィザード」は、研究論文か実際のプログラミングコードを提出し審査を受ける内容となっており、スペシャリストレベルの人向けです。

上記資格を取得することでPHPに関する知識をそれぞれのレベルごとに、有していることを証明できます。

PHP技術者認定試験の概要は以下の通りです。

資格名 PHP技術者認定試験
試験日 申し込み時選択可能
受験料 初級:12,000円 (税別) /上級:15,000円 (税別)/認定ウィザード:不明
合格基準 初級:7割正答/上級:7割正答/認定ウィザード:有識者による評価基準
受験資格 なし

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、Webアプリ開発などに役立つ「Ruby」言語に関する知識を問う試験です。Ruby技術者認定試験は、非営利団体Ruby Associationによって運営されています。

試験は基礎的な知識が問われる「Silver」と、より深い知識やライブラリに関する問題など実践的な内容が問われる「Gold」があります。したがって、Webエンジニアを目指している人には「Silver」、既にWebエンジニアとして勤務していて、よりスキルアップしたい人には「Gole」がおすすめです。

取得することでPHPに関する知識をそれぞれのレベルごとに、有していることを証明できます。「Ruby技術者認定試験」の概要は以下の通りです。

資格名 Ruby技術者認定試験
試験日 申し込み時選択可能
受験料 一般:16,200円(税込)/学割:8,100円(税込)
合格基準 75%以上正答
受験資格 GoldはSilver取得者のみ受験可能

Oracle認定Java資格

Oracle認定Java資格(Oracle Certified Java Programmer)は、オラクル社が運営するJava言語に関する知識を問う資格試験です。試験は以下の種類があり、それぞれ難易度が異なります。

  • Bronze
  • Silever
  • Gold

「Bronze」は、難易度が低くJava言語の基礎が問われます。未経験からWebエンジニアを目指している人や、新卒エンジニアなどの受験がおすすめです。「Silver」は、Javaに関する中級程度の知識が問われます。基本文法から、APIやプログラミングのための仕様に関する知識などまで出題されます。Javaでの実務経験がある人の受験がおすすめです。最後は「Gold」です。Java資格のうち最も難易度が高く、実務経験が3年以上の人に向いている資格です。

「Silver」「Gold」については国際的な資格として認定されているので、「Bronze」を取得したら上のレベルも受験してみましょう。

「Oracle認定Java資格」の概要は以下の通りです。

資格名 Oracle認定Java資格(Oracle Certified Java Programmer)
試験日 申し込み時選択可能
受験料 Bronze:13,600円(税別)/Silver:26,600円(税別)/Gold:26,600円(税別)
合格基準 60%以上正答
受験資格 GoldはSilver取得者のみ受験可能

Webエンジニアに関する資格取得を目指すための勉強方法

Webエンジニアに関連する資格取得を目指すための勉強方法は、以下のようなものがあります。

  • Webサイトや動画など独学で勉強する
  • 専用教材を購入して試験対策を行う
  • プログラミングスクールで学ぶ

実際にWebエンジニアとして実務経験がなくても、資格取得は可能です。上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

Webサイトや動画など独学で勉強する

まずは「Webサイトや動画など独学で勉強する方法」です。

近年、無料の学習サイトや動画教材などがWeb上に増えてきました。クオリティも高く、何より場所や時間を選ばずに学習できるメリットがあります。

したがって、無料で気軽に始められる点というから、実務経験が全くない人や、これからWebエンジニア関連資格の勉強を始める人におすすめです。

専用教材を購入して試験対策を行う

「専用教材を購入して試験対策を行う」方法もあります。

Webエンジニアになる上で、取得したい資格が決まっている場合は、公式の教材を購入して勉強するのがよいでしょう。

基礎的なITリテラシーは身に付けたうえで、専用教材を活用するとより理解が深まります。また、専用教材という点で試験対策としては非常に有効なので、合格に大きく近づくでしょう。

よって、「専用教材を購入して試験対策を行う」方法は、Webエンジニアに必要な基礎知識が習得できている人や、一回の受験で確実に合格したい人におすすめの方法です。

プログラミングスクールで学ぶ

「プログラミングスクールで学ぶ」方法もあります。

プログラミングスクールには、オンライン型と通学型があり、それぞれメリットがあります。

オンライン型は比較的安価で、時間や場所を選ばずに講義を受ける事ができることがメリットです。一方デメリットは、通学型に比べて自主的に学習しなければならない点で、モチベーションの維持が難しいことが挙げられます。オンライン型は、本業を続けながらWebエンジニアを目指している人に向いています。

通学型のメリットは学習を続けていく上で、抜け目ない知識を付けることができることがメリットです。対面での講義はより理解度が深まりやすく、わからない部分があれば質問ができます。したがって、より質の高い知識を付けることが可能です。デメリットとしては、オンライン型に比べて価格が高めな点です。自分にあったスクールを選んで、Webエンジニア関連資格の取得を目指しましょう。

Webエンジニアに求められるスキル

Webエンジニアには資格だけでなく、実用的なスキルも必要となります。Webエンジニアに求められるスキルは以下の通りです。

  • プログラミングスキル
  • ITリテラシー
  • コミュニケーション能力

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

プログラミングスキル

プログラミングスキルはWebエンジニアにとって、必須のスキルです。フロントエンド開発であれば、「HTML/CSS」や「JavaScript」などが主流となります。バックエンド開発では「Java」や「Ruby」「PHP」などです。

プログラミングスキルとしては、基本的に多くの種類を使用できた方が現場で重宝されます。また、使用できる言語が多ければ多いほど、転職にも有利になるので、常に新しいスキルを身に付けていくことが重要です。

ITリテラシー

Webエンジニアには、ITリテラシーが必須です。開発現場では聞いたことのないようなIT用語が当たり前のように使用されています。未経験からWebエンジニアにある場合は、特に最初はIT用語理解するのに苦労するでしょう。

しかし、開発において、忙しい現場が多く、毎回質問を出来るような環境は少ないです。したがって、Webエンジニアを目指す上で、可能な限りITリテラシーをつけておくのがよいでしょう。

コミュニケーション能力

Webエンジニアの業務において、コミュニケーション能力は重要なスキルです。Webエンジニアは、Webデザイナーや営業、SEなど様々な職種の人々と接する機会があります。

それぞれの打ち合わせや、やり取りの中でコミュニケーションがうまくいかないと、プロジェクトの進み具合に影響が出る可能性もあります。

例えば、仕様に関して意思疎通がお互いできておらず、間違った認識のまま開発が進んでしまうことも少なくありません。この場合、それまで開発を進めていた、作業時間が無駄になってしまいます。開発の現場では常に納期を意識しながら、プロジェクトが動いているので、チーム内のみならずクライアントを含め、様々な人に迷惑をかけてしまう可能性があります。したがって、Webエンジニアにおいてコミュニケーションスキルは大切です。

本気でWebエンジニアを目指すならウェブカツ。現役のプロから学ぶ

今回は、未経験でWebエンジニアを目指すのにおすすめの資格について、資格取得に効率的な勉強方法を含めご紹介しました。

ウェブカツでは、オンラインで短い動画を利用した講座が多く、効率よくWebエンジニアを目指すことが可能です。

オンライン型でありながら、プロのエンジニアに月10回もの質問ができ、より実践的な形で学習できる点でおすすめです。

未経験でWebエンジニアを目指す人は、ぜひ受講を検討してみてください。

ウェブカツへ仮入部する